ルフトキュールングの日誌

春にロス近郊でクラシックポルシェのイベントが続けてあります。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

開く コメント(0)

2018年のALPS3

 ミディ北東稜を降りたらバレブランシュ氷河へ向かいます。

イメージ 1

 広いバレブランシュ氷河ですが今年は上の方でもクレパスが大きく開いています。

 中を覗くと、落ちると恐ろしいことになりそうです。落ちないようにガイドさんとはロープで

 アンザイレインしています。

イメージ 2

 ミディ南壁を見ます。憧れのミディ南壁。若い時にチャンスがあれば登ったかなあ?まだあきらめて

 ませんが。。。

イメージ 3

 ミディ南壁を登るクライマー達。今日は少ないような?レビュファールートでしょうか?

 現代のクライマーはクライミングシューズで登っているようですが、初登した名クライマーである

 ガストン・レビュファーは登山靴で登っています。

イメージ 4

 去年登ったコスミク山稜にもクライマーが。ちょうど20mほどの懸垂下降するところにクライマーが

 いますがえらい人が少ない?

イメージ 5

 モンブラン・デュ・タキュール4248mを見ます。

イメージ 6

 ティファニー山陵の取りつきに着きます。ここからは岩登りです。

イメージ 7

 岩稜を登って行きます。

イメージ 8

イメージ 9

 登山靴なので意外と難しく感じたりします。

イメージ 10

 足元切れ落ちているところをトラバースしますが、ガイドさんが確保してますので思いっきり

 行きます。

イメージ 11

 コスミク小屋が見えてきました。

イメージ 12

 コスミク小屋のテラスに上がり、靴を脱いで小屋を通過。小屋の入口で靴を履きます。

イメージ 13

 コスミク山稜を見ます。人気ルートで去年登ったときは渋滞していましたが、見る限り人が少ない

 です。聞くには今年の8月は気温が高く氷が解けて落石が酷く、現地のガイドは登ってないそうです。

 たしかに雪の上には石が沢山落ちていました。

イメージ 14

 先ほど降りてきたルートを登り返します。天気予報どおりで天気は下降気味。この登り返しの時は

 雪がパラパラ降ってました。

イメージ 15

 ミディの駅へ登り返します。12時前には戻りました。

 ミディの駅からシャモニーへ降りてシャレーへ帰る途中、土砂降りになりました。

 天気予報通りでした。


 この後APJの神田さんとアルパインガイドのROMANさんと私達2人、4人で5時にシャレーに

 集まり今後の山行計画を練りました。


 続く

 

 
 

 
 
 
 

 
 
 

開く コメント(0)

2018年のALPS2

 フランス、シャモニー到着の翌日である8月9日はは高度順応と体を少し動かす為に、ロープウエイ

 でミディ針峰へ行きます。当初の予定では、2年前と同じようにミディ針峰よりバレブランシュ氷河

 を歩いてトラバースしイタリア、エルブロンネまで行き、ロープウエイで帰ってくる予定でしたが、

 ミディ〜エルブロンネ間のロープウエイのワイヤーが切れて運行できないので、一旦バレブランシュ

 氷河まで降りて、岩登りをして戻ってきました。

イメージ 1

 朝、ミディへ行くロープウエイの駅に行きます。ここでガイドさんと待ち合わせです。

 去年もお世話になったアルパインガイドのROMANさんに今年もお世話になります。

イメージ 2

 3人一緒にロープウエイに乗り標高2000m少しにあるプラン・デュ・レギーユでロープウエイを

 乗り換えます。私とDさんは富士山頂上で1泊し高度順応はしているので、ここからミディまで一気に

 3800mまで上がります。普通はこの駅で一息ついた方が良いです。

イメージ 3

 ここからシャモニー針峰群を見上げガイドさんに山の名前を確認したりします。

 真ん中の針峰に隠れてますがプラン針峰は登ってみたい山の一つですが、歩いては登れません。

イメージ 4

 ミディ山上駅で準備して北東稜を下ってバレブランシュへ行きます。Dさんとガイドさんです。

 Dさんとは2年前に一緒にこのルートを下ってバレブランシュ氷河をトラバースしてエルブロンネ

 まで行きました。

イメージ 5

 私先頭で駅を出発して下って行きます。

イメージ 6

 雪のナイフリッジを下って行きます。左側は3000mぐらい下にシャモニーの街が見えます。

 正面はシャモニー針峰群プラン針峰。死ぬまでに登ってみたいかな?12本爪アイゼンはいての

 雪と岩のミックスクライミングになりますけどね。下降ルートが難しいそうです。

イメージ 7

 ちょっと広い所に出て小休憩を要求。私もここは4回目で少しべテに?

 シャモニー針峰群の後ろはエギユー・デュ・ヴェルト(ヴェルト針峰4122m)。

 去年Dさんとヴェルト針峰の前峰であるプチヴェルトに登ろうとはしましたけど、ルートコンディ

 ションが良くなく岩登りして途中で撤退。

イメージ 8

 ミディ駅を見返します。この時までは天気が良いのですが昼から雷雨の予報で、急に下り坂に。

イメージ 9
 
 グランドジョラス4208m(中央左)とダン・デュ・ジュアン4013m(中央右の角)。

 グランドジョラスは登りたい山で、北壁が有名ですが無理なので、イタリア側から登るノーマル

 ルートを行きたいですね。 


イメージ 10

 Dさんに私の写真を撮ってもらいました。

イメージ 11

 さて出発します。目指すはティファニー山陵での岩登りです。

 続く。

 

 

 

  

 

 

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事