ルフトキュールングの日誌

春にロス近郊でクラシックポルシェのイベントが続けてあります。

空冷

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全220ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

年末年始のの休業時に

イメージ 1

 休みに入ったので、やっと自分の車を整備中です・

この記事に

開く コメント(2)

東京に納車へ

 クリスマス前は東京に納車へ行きました。

イメージ 1

お色直しとエンジンミッションオーバーホール等整備した911SCを、まず新門司港より2泊三日の

 東京行のフェリーに車を乗せて。

イメージ 2

 翌日、午後から福岡空港より羽田空港行の飛行機に乗り、京急で東銀座へ。

 きょうのお宿は築地です。ここでオーナーさんと合流。晩御飯に行きます。

 さすがにお魚どころなのか?お魚美味しかったです。ありがとうございます。

イメージ 3

 有明の東京フェリーふ頭、5時40分入港の新門司からのフェリーに車を降ろして受け取り、オーナー

 に色々ご説明して近所の駅に降ろしていただき、朝7時前にここでお別れ。オーナーさんは東北まで

 自走で帰られました。

イメージ 4

 飛行機の予約がお昼で、時間があったのでりんかい線に乗って天王洲アイルで降りて、

 東京駅まで3時間ほどウオーキングしました。品川から泉岳寺、新橋を通って東京駅へ。


 二十歳になる前にブルートレインの食堂車にアルバイトで乗務していたことがあり、「はやぶさ、

 あさかぜ、みずほ、富士」のローテーションで九州を出発後、車中泊して翌朝東京駅に到着。

 お客さんを降ろして回送後品川ヤードのブルトレの基地(現在、高輪ゲートウエイ駅を建設中だった)

 で列車を降りて地下鉄泉岳寺駅の真上にある「日本食堂」宿舎で1泊、翌夕方品川ヤードから乗務し

 始発の東京駅から九州に帰るアルバイトをしていました。一回の工程が3泊四日、東京には午前中に

 到着して翌夕方までフリーになれて3食宿泊施設付きの面白いアルバイトでした。

 地下鉄泉岳寺駅上にあった「日本食堂」はなくなり、30数年たち風景も一変していました。

 
イメージ 5

 東京駅まで歩き、電車で羽田空港へ向かって福岡へ帰りました。

 

この記事に

開く コメント(0)

ピレリ―CN36  

 73RSに再販されているタイヤ、ピレリ―CN36を履かせてみました。

イメージ 1

 フロントタイヤは185/70−15、リヤタイヤは215/60-15。

 フロントもリヤタイヤもN4でポルシェ認定タイヤN指定です。


イメージ 2

 パターンが昔と同じ?

イメージ 3

 天気が良いときに納車に行ってまいりました。


73RSのオーナーさん宅に当時物の新品未使用のCN36があったのですが、パターンは一緒でしたよ。 

この記事に

開く コメント(0)

台風25号

 今月10月6、7日(土日)に、ポルシェAG公認クラブであるポルシェ356クラブの2年に一度の

 全国イベント「ホリデイ」が山梨県甲府市で開催されることもあり是非参加したいと思い、お盆前に

 エントリーしていました。

イメージ 1

 北九州からフェリーに乗り大阪南港へ。後は自走で山梨県へ行き、帰りは九州まで自走の1500〜

 1600Kmぐらい走るのかな?って感じでしたので、事前に私の356もオイル交換したり色々

 点検したりで準備します。中央高速を走ると中央アルプス〜南アルプス〜八ヶ岳も見え楽しみです。


 帰りに10年ほど海外駐在して春に帰ってきたサラリーマン時代に大変お世話になった先輩の所に

 立ち寄ろうかなと思ったのですが10月6,7日は鈴鹿でのF1開催。お宿が無理なので立ち寄るのは

 辞めようかと思っていたら、10月に入りキャンセルが出たのか?1室だけビジネスホテルの空き

 が。。。速攻で予約し鈴鹿に立ち寄ることに。楽しみも増え、356ホリデイへ行くのを大変楽し

 みにしていたのですが。。

イメージ 2

 この10月6,7日に台風25号が福岡に接近すると予報が。。。しかも九州北部沿岸部に影響が出る

 玄界灘、対馬海峡あたりを通過の予報。このルートを台風が通過すると九州北部沿岸部は過去に甚大

 な被害もあり、過去の教訓もありそなえなけらばいけません。

 お店もあるし、お客様の車も現在、塗装屋さんに入庫している車両も含めて空冷ポルシェを17台ほど

 お預かりしているので、何かあるといけないので経営者としては出るに出られない状況。

 残念ですが行くことを諦めクラブにはご迷惑と思いましたがキャンセルしました。

 前回の台風24号は九州の南側を通過。このパターンではルフトには北東の風が吹くのですが、北東

 方向には高速道路があり影響なしなのですが、九州の北側方向を通過する台風は南西方向からの風

 が吹き、ルフトでは障害物がない田んぼの方向から風が吹くので影響があります。

 シャッターには足場用の鉄パイプを入れ、一部の車両は私の自宅に持ち帰り台風に備えます。

 ですが台風は予報より北側にそれ、お店には影響はありませんでした。自宅近辺では木が倒れて

 道をふさいだりはしていました。

イメージ 3

 翌、日曜日は天気も回復し来店者も多かったのですが、3連休の月曜日は「デュアル マスターズ」

 のイベントに長男が行きたがるので近所のイオンモールに朝から行くのですが、駐車場にものすごい

 人達でびっくりしました。多分何千人規模。ほとんどが小学生男子とお父さん。カードゲームの

 イベントでしたが人気の凄さが分かりました。整理券もらうのに1時間ほど並びました。

イメージ 4

 昼過ぎからは次男と北九州市にある「いのちのたび博物館」へ。次男のリクエストです。

 356ホリデイに行く予定だった、ピカピカに磨いてワックスかけて整備した356と行きました。

イメージ 5

 次男はここに来るのは3回目かな?楽しんでいます。

イメージ 6

 帰りは海沿いに夕日を浴びて。

 台風の接近でお店を離れられず残念でしたが、山梨と鈴鹿は行きたかったなあとは思いました。

 この後、日を改めての鈴鹿行の許可は嫁から貰えず、、、(涙。。。)



 


 

 

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

 5月にアメリカ西海岸よりやってきた356Cですが、今月新規登録しました。


 時間を少々いただきましたが、しっかり整備し日本の検査基準に適合できるように手直し実施、福岡の

 陸運事務所(自動車技術総合機構)に並行自動車届出書及び送付資料(車両諸元概要やシリアル番号や

 原動機等に関する資料などなど)提出。車両を持ち込んで新規検査を受け、新規登録となりました。

 国内最初の新規登録ですので3年車検が付きます。
 


 検査官の話では、大抵の4輪の並行輸入車は関東の陸運事務所で新規検査をするので、福岡では珍しい

 といわれましたけどね。博多港の税関でも博多港での輸入4輪車の水揚げは少ないと言われました。

 
 ただ今、新規検査とは関係ない整備を実施中、もう少しですが猛暑でエアコンなしの車は厳しい

 季節です。
 
 

この記事に

開く コメント(0)

全220ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事