旦さまと私

るなと旦さまの歴史バラエティブログ+音楽+美味しいもの

全体表示

[ リスト ]

天正10年(1582)3月3日、武田討伐のため高遠城を落とした織田信忠
 
諏訪に入り、武田家の守護神である諏訪大社上社本宮を焼き討ちしました
 
田野での武田勝頼自刃の報告を聞いた織田信長信忠が進んで来た道々で
 
首実検をしながら19日、焼き討ちされた諏訪大社に隣接した法華寺着陣。
 
以後13日間滞在しました。
法華寺(長野県諏訪市中洲宮寺856)
ここが織田信長が本陣とした法華寺です。
諏訪大社上社本宮焼き討ちの時は、すぐ隣なのに無事だったのですが、平成11年7月放火!
より本堂をはじめ建物が失われてしまいました。残ったのはこの山門だけです。
しかしひどい事するなぁ〜 
イメージ 1
 
 
信長の滞在中、徳川家康をはじめ武田討伐に加わった多くの武将が謁見に
 
訪れました。また論功行賞もここで行っています。
 
戦勝祝いの席で信玄以来、長年の強敵であった武田家を滅ぼした安堵からか、
 
「これで私も骨を折った甲斐があった」と明智光秀
 
この言葉を聞いた信長滅ぼしたのは自分(光秀)一人の力」と解釈し、激怒!
 
 「お前ごときが何をしたというのだ!」 
 
光秀は、居並ぶ諸将の前で、殴られ、蹴られ、投げ飛ばされ、欄干に頭を押し付け
 
られると云う辱めを受けました。 
 
この時の恨みが本能寺の変の原因の一つになったとも云われています。
 
現場に居合わせた諸将は「またはじまったぁ〜」「明日はわが身かも…」とドキドキだったのでしょうか?
それにしても格闘家並の攻撃を繰り出す信長、現代なら総合格闘技チャンピオンも夢じゃない!
 
 
最近再建されたと思われるピカピカ☆の本堂 でも欄干は無いんだぁ…
イメージ 2
 
 
当時もここに庭園があったのかなぁ。
イメージ 3
 
 
このエピソードは案内板にも記されています。
イメージ 4
 
 
本堂の裏には赤穂浪士で有名な吉良上野介義央の養嗣子・義周のお墓があります。
元禄15年12月14日義周は赤穂浪士討ち入りに遭遇し、手傷を負ってしまいます。翌年幕府の評定所に呼び出され、仕方不届(しっかり防戦していたのに、その働きが武士らしくなかった)として幕府より咎めを受けして領地を召し上げられ、諏訪高島藩にお預けの身となりました。高島城南の丸に幽閉され3年後の宝永3年(1706)病気のため死去。 諏訪家の義周に対する処遇は丁重かつ儀礼を尽くしたものと伝わるのが、せめてもの救いでしょうか。
赤穂浪士の名声の影に泣く、被害者の悲哀…
イメージ 5
 
 
諏訪のシンボル・諏訪大社上社本宮です。
伊勢神宮にも通じるとても厳かなところですね。
さすがの信長もここには火をつけなかっただろう?と、思ったら大間違いでした…
イメージ 6
 
 
4月2日、信長法華寺を発ち甲府へ向いますが、僅か2ヶ月後に命を落します。
 
本能寺の変この法華寺で折檻した明智光秀によって…                                                           

この記事に

閉じる コメント(26)

顔アイコン

この春に私もいってきました〜。
山門は立派ですが、あとは全く新しいお寺です。境内の逸れた所に
墨縄神社という建築と関係ありそうな神社がありました。
TBさせて頂きますので宜しくお願いしま〜す。

2010/9/24(金) 午後 2:41 中居屋重兵衛 返信する

ふ〜ん、そうだったんだね〜、勉強になります!(笑)
ここは当時からある建物ってあるんですか??

2010/9/24(金) 午後 4:59 ひろ 返信する

武田勝頼の時代の武田家は、あまり大河ドラマなどで話が
でてきません。すごく残念な気がします。けして凡才ではなかったが
それなりの武将にも関わらず、父が偉大すぎて凡才に見えてしまう
点がありますよね。
正室の子供ではなかったために、家臣の分裂を招き名家武田家滅亡の悲劇を引き起こす結果となったのが、残念と思います。
信玄対信長だったら勝負の行方は分らなかったでしょうね。

2010/9/24(金) 午後 10:34 城モデラー 返信する

あの有名なシーンはこのお寺でのことだったんですね。知りませんでした。しかも、吉良義周の墓まであるとは。ぜひ行ってみたいです。

2010/9/24(金) 午後 10:50 [ - ] 返信する

月の輪さん>ポチありがとうございます!
高島城天守内にこのエピソードの事があって、これは行かなきゃ!と偶然の発見です(^-^ゞ

2010/9/26(日) 午前 0:06 るな 返信する

kacujoaiさん>そうなのですか。
確かに本堂に登る階段ありませんね。勉強になりました(*^ー゜)b

2010/9/26(日) 午前 0:08 るな 返信する

shaneさん>遠征先の諏訪で折檻された光秀は非常に気の毒です
よね。この後の行軍時も悔しさでいっぱいだったのでは?
諏訪大社上社本宮の隣なのによく焼失を免れたなぁ〜と。
吉良さんのお墓があるのは行ってから知りましたよ。
機会がありましたら、是非(*^ー゜)b

2010/9/26(日) 午前 0:13 るな 返信する

tenkaiさん>この諏訪で折檻されたというのが?ですが、信長は
場所を構わず折檻しそうです。

2010/9/26(日) 午前 0:16 るな 返信する

ゴアさん>はい、こそっと御邪魔しました(*^ー゜)b
諏訪大社上社本宮に火をつけたと知ったのは家に帰ってから
だったのですが、あの厳かなとこにも火をつけたんだ!と、
驚きました。って言うか信長を甘くみていた…(^-^ゞ

2010/9/26(日) 午前 0:20 るな 返信する

おしょうさん>明智さんのファンなのですね。
明智さんは側室を持たなかったし、奥さん想いの優しい旦那さん
だったのでは(*^ー゜)b
折檻はどう考えても信長が悪い気がします(^-^ゞ

2010/9/26(日) 午前 0:23 るな 返信する

中居屋さん>TBありがとうございます!
放火で伽藍を失ったのは大きな損失ですよね…(ノ_<。)
墨縄神社には行きませんでした…(^-^ゞ
法華寺に着いたのはもう夕方で日が暮れる頃でしたし。
後ほど中居屋さんのブログで墨縄神社を拝見させて頂きますね。

2010/9/26(日) 午前 0:28 るな 返信する

ひろさん>本能寺に繋がるエピソードのお寺は信長ファンなので
とても魅力的でした(*^ー゜)b
当時の建物は山門のみなのでかね。往時は伽藍の立ち並ぶ大きな
お寺だったようですよ。

2010/9/26(日) 午前 0:30 るな 返信する

城モデラーさん>るなも勝頼は凡才だったとは思いません。
実際信玄時代よりも領土も増やしているし。
ただ信長の思考能力が凄すぎたのでは?
勝頼を主人公にした大河ドラマを放送して、今の凡才イメージを
覆して欲しいです。

2010/9/26(日) 午前 0:36 るな 返信する

はまっ子さん>折檻は安土城での家康接待の時かと思いました。
でも一度や二度ではないでしょうから…
吉良さんの息子さんのお墓がここにあったのも意外でした。

2010/9/26(日) 午前 0:39 るな 返信する

明智折檻の逸話は本当なんですかね〜。
まぁ、どちらにせよ明智光秀を追い詰めたのは
間違いないんでしょうが。
武田びいきの私ですが、最近読んだ織田信長の本で、信長の偉大さを
あらためて感じた次第です。^^

2010/9/28(火) 午後 10:03 マッツゥ 返信する

マッツウさん>後世の創り話とも言われますが、信じた方が
楽しめるかなぁ〜って(*^-^)b
諏訪で折檻された光秀はその後も進軍しなきゃならないし、その
悔しさは計り知れませんね。
信長のメチャクチャぶりに憧れますね。絶対真似出来ません〜^^

2010/9/30(木) 午前 6:01 るな 返信する

光秀の欄干の舞台がここだったんですか、知らなかった。

2010/10/7(木) 午後 5:57 [ katuuya2013 ] 返信する

甲冑屋さん>まさか諏訪で折檻されたなんて…
イメージは安土城内なのですが(^-^ゞ

2010/10/9(土) 午前 0:26 るな 返信する

真田丸で法華寺の事を取り上げていましたね。
ここは諏訪神社の上社本宮のすぐ近くなのですね。
ここで摂関したとは知りませんでした。
何かの機会に立ち寄ってみたいです!

ナイス、いきますね!

2016/2/6(土) 午後 4:38 Shane 返信する

> Shaneさん
大河でやってましたね。思わずここ行ったよぉっと。
吉良さんの息子さんのお墓もあるし魅力的なスポット
です(^○^)

2016/2/11(木) 午後 9:00 るな 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事