旦さまと私

るなと旦さまの歴史バラエティブログ+音楽+美味しいもの

全体表示

[ リスト ]

鳥居強右衛門居宅跡(埼玉県行田市忍2−19−1)

 
以前紹介した行田兵衛尉館跡(NTT行田ビル)と道を挟んだ清水ビルにも
何かの石碑が…
イメージ 1
 
 
鳥居強右衛門居宅跡!?
イメージ 2
 
 
強右衛門って長篠の戦いで有名なこのお方ですよね。
磔にされ亡くなったのでは…
イメージ 3
 
どういうこと?  調べてみました
 
例によって石碑裏の説明文は読めませんけどね…
イメージ 4
 
 
長篠の戦いで亡くなった鳥居強右衛門の子孫は高名になった『強右衛門』の通称
を代々受継いだのです。奥平(松平)信昌の末男・松平忠明が家康の養子として分家を興す時に強右衛門の子を貰い受けています。忠明の子孫・忠堯が桑名から忍へ移って来た時、家老であった鳥居強右衛門商近(12代目)が屋敷を構えたのがこの場所なのです。
と、いう事で鳥居強右衛門の子孫の鳥居強右衛門の屋敷跡が正解 
ややこしいけどね。
 
 

桃林寺(埼玉県行田市城西3−6−1)

この桃林寺の開基は奥平松平家の祖松平忠明で寛永年間大和郡山に創建しました。奥平松平家の移封に従い桃林寺も共に移転しています。
文政6年(1823)に奥平松平家と共に桑名から忍の地へ移転して来ました。
(他にもお寺2軒と東照宮を移転)
鳥居強右衛門家の菩提寺でもあります。
イメージ 7
 
鳥居強右衛門さん達の墓所がわからず住職さんに案内して頂きました。
その上色々なお話も聞かせて頂き感謝しております。墓地には六基の墓石が
ありますが、案内板等の標示はナシ。忍に来てからの強右衛門さん達のお墓ね。
イメージ 5
 
 
鳥居さんちの家紋って鳥居そのままなのですね。
イメージ 6
 
 
 埼玉の行田市で鳥居強右衛門の名前を発見するとは思いませんでした。
 
こういうサプライズが面白いのですよね
 
祖の鳥居強右衛門さんも子孫が代々強右衛門を名乗って主家・奥平(松平)家に
 
(正式には分家ね)仕え、家老にもなったら事を知ったら喜ぶでしょうね。
 
命を投げ出して奉公した甲斐があるってもんだぁ
 
 

閉じる コメント(22)

アバター

おおお!これは個人的にとても熱い記事です。
鳥居強右衛門の子孫にこのような歴史があったとは。知らなかった。
きちんと奥平家も忠臣報いているのですね。素晴らしい!
そして、お寺にそのまま鳥居の家紋が… (爆)ぽち☆

2011/4/29(金) 午後 0:35 しゅうちゃん

るなさん、こんにちは〜 あの鳥居強右衛門に子孫が残り、奥平松平氏の関東移封に伴って、忍の地で暮らしていたんですね。
本当に、こうしたサプライズがあると面白いですよね!

2011/4/29(金) 午後 1:40 Shane

襲名は二代おきに…とかいうルールを作ってほしいですね。
次から次に続くと誰だか分からなくなってしまいますからね。
落語家とか歌舞伎とかも前の代の人の印象が強いとその次の人は小粒に見えますから。

この家紋もあまり下の方にあると、○○厳禁!!のような感じになりますね。

2011/4/29(金) 午後 5:30 kacujoai

顔アイコン

行田市で鳥居強右衛門の名前を発見するとは思いませんでした>確かにサプライズ。紋は有名になる前からなのですかね?

2011/4/29(金) 午後 9:24 mit*mus**i

行田市で鳥居強右衛門の名前を見つけるとは、まさにサプライズですね。先祖の武勲のおかげで家老になれたんですね。初代の鳥居強右衛門も草葉の陰で喜んだことでしょう。

2011/4/29(金) 午後 11:29 [ - ]

アバター

自分も行田の鳥居強右衛門の石碑見に行きましたよ♪
でもこんな刈り込みされて無く、もっと可哀そうな状態でしたよ〜

2011/4/30(土) 午前 0:45 おしょう

忍っ子さん>はじめまして。訪問&コメありがとうございます!
忍生まれ、忍育ちですか〜最近忍城おもてなし武将隊にハマって
いるのでよく行田に出没するるなにとっては羨ましいです(*^ー゜)b
よいまちですよね。桃林寺に鳥居家の墓所があるとの事なので
お参りに行って来ました。お寺が殿さまの移封ごとに一緒に引越し
ていた事実に驚きでした。

2011/5/1(日) 午前 6:36 るな

桃さん>☆&TBありがとうございます!
のぼうの城の延期は残念ですが、この時期に水攻めはマズイですよね。
楽しみは後回し…という事に。
強右衛門は忠義のために命を落としたので、まさか子孫が出世
するなんて思いもしなかったでしょうね。

2011/5/1(日) 午前 6:41 るな

しゅうちゃんさん>☆ありがとうございます!
強右衛門の活躍が奥平家、いや徳川家の未来に繋がったと
言っても過言ではないかも。本人はフンドシ姿で後世に残る
とは思っていなかったでしょうが。
家紋が鳥居!?ダジャレかいなと(笑)

2011/5/1(日) 午前 6:45 るな

shaneさん>戦国有名人の子孫がこんなとこに!です(*^ー゜)b
しかも同じ名前なのでビックリ。
サプライズがあるから史跡巡りは止められません。

2011/5/1(日) 午前 6:48 るな

kacujoaiさん>そんなんですよみ〜んな強右衛門さんなので
ややこしい〜(笑)襲名と知った時に浮かんだのは海老蔵ネ。
元祖・強右衛門さんの活躍と磔姿はインパクト強すぎです。
子孫さん達にとっては越える事の出来ない存在だったでしょうね。
○○厳禁はマズイですよ(^-^ゞ

2011/5/1(日) 午前 6:55 るな

薫少将さん>同じ名前なのでよけいに驚きでした。これで違う
名前だったら案外スルーだったかも(^-^ゞ
家紋が鳥居なのは出自が紀伊国熊野神社の神職だった事による
そうです。なので元々鳥居が家紋だったのでしょうね。

2011/5/1(日) 午前 7:02 るな

はまっ子さん>埼玉に愛知の有名武将がなぜ!?いやぁ〜驚き
でした(笑)元々は奥平家の陪臣ですからね。それを考えると
家老とは大出世ですよね。強右衛門さんも大喜びでしょう^^

2011/5/1(日) 午前 7:06 るな

おしょうさん>行田の鳥居強右衛門さんの存在を知っていた
のですね。さすがぁ〜(*^ー゜)b
これでも石碑の状態は良くなったのですね。どうせなら裏の
説明文を読めるようにしてもらいたいです。

2011/5/1(日) 午前 7:08 るな

顔アイコン

るなさま、こんにちは。
図書館に「忍城史跡碑 写真と案内」という本がありましたので、石碑裏に書かれているものをメモってきました。
**
天正三年(一五七五年)七月十六日三河長篠城救援の軍使として大任を果し磔死した鳥居強右衛門の十二代商近は松平藩家老五百石としてここを忍の居宅とした
十三代商次が維新の官軍との交渉に家名をあげた
城西桃林寺に六基の墓石あり
**
行田の石碑でお困りの際は図書館へどうぞ。
市街からちょっと離れているんですけどねぇ。

2011/5/2(月) 午後 3:21 [ TAMA ]

TAMAさん>わざわざメモって頂きありがとうございます。
こう記されていたのですね。
「維新の官軍との交渉〜」気になる箇所です〜調べなきゃ。
今度行田に行ったら図書館にも寄ってみますね(^・ω・^)b

2011/5/2(月) 午後 10:05 るな

行田兵衛尉館跡の反対側にこのような所があったとは…
大発見ですね!

2011/5/6(金) 午後 8:28 月の輪殿

月の輪さん>☆ありがとうございます!
亡くなったのは長篠ですから、もしや行田生まれ?かと(^-^ゞ
そしたら御子孫さまでした。

2011/5/8(日) 午後 4:37 るな

顔アイコン

中津の奥平家には鳥居強右衛門さんの子孫はいないのですか 知って居る方 おしえてください

2012/4/9(月) 午前 8:04 [ akb*56 ]

akb*56さん>訪問&コメありがとうございます。
ごめんなさい中津・奥平家の方は分かりませんでした(_ _*)_ _*)
もし分かったら教えて下さい。

2012/4/14(土) 午前 8:43 るな

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事