旦さまと私

るなと旦さまの歴史バラエティブログ+音楽+美味しいもの

全体表示

[ リスト ]

 永禄四年に武田信玄が安中城松井田城の間を分断するため築いた陣城。当時松井田城主安中忠政、安中城主安中忠成親子は、箕輪城主長野氏に属し、武田信玄と戦いを交えていた。(八幡平首塚案内板より抜粋)

 
八幡平陣城の東にある梁瀬二子塚古墳が目に入ります。高さ的に物見に利用
された?
イメージ 1
 
 
最初見た時はハゲ山に無数の何かが刺さっている??もしやニョロニョロが
いっぱいいる??と驚いたら竹でした
昔は竹藪だったようですが伐採。しかし恐ろしい生命力、再び生えてきたのですね。
イメージ 2
 
 
↑古墳の西隣は梁瀬八幡平の首塚 
元は円墳で昭和6年ここの石室外側で戦国時代の下顎のない頭蓋骨が150体分発見されました
イメージ 8
 
 
梁瀬八幡平首塚とは… 
調査の結果、古墳の石室の外側に約150個分に相当する頭骨が山と積まれ、その上を天明3年(1178)の火山灰がおおっている事が解った。不思議な事には頭骨には下顎がなく、四肢骨も発見されないところから多分どこか別の場所に埋葬されていたものをここに仮葬したものと推定される。これらの頭骨を人類学的に研究した所、今の日本人に比べて長頭・短顔・広鼻で鼻の付根が低く、中世の日本人の特徴を示している。これらの人骨には刺創もあるところから考えて恐らく戦国時代に近くの城が陥落する際の犠牲者と考えられるが、当時遺体をまとめて埋葬したものを江戸時代中期又はそれ以前に村民によって偶然発見されここに改葬されたものと思われる。この首塚がいつ誰によって造られたかを示す史料は残されていないが、永禄4年(1561)武田信玄がこ付近一帯に八幡平陣城を築き、安中城と松井田城の間を分断した。当時松井田城主安中忠政、安中城主安中忠成親子は、箕輪城主長野氏に属し、武田信玄と戦いを交えていた。この首塚は安中市の中世を物語る移籍であり、首塚で出土した人骨は貴重な人類学上の資料である。
(案内板より) 
 
 
このお堂の中に今も150余りの頭蓋骨が埋葬されている…? 信玄公が落とした
お城の犠牲者と思わす感じ。
イメージ 3
 
 
案内板によると発見者はお墓参りに来た小学生。まさかの頭蓋骨発見にメチャ
クチャ驚いたでしょうね。でも発見って地上に頭蓋骨の一部が出てたのかなぁ?
もしるなが発見者なら一生うなされそう…怖い、怖い
イメージ 9
 
 
首塚から古墳を見る。
イメージ 4
 
 
 
さてさて肝心の八幡平陣城の現状を首塚から見てみましょう
群馬の古城』によると陣城は南面が崖で残り三方を堀に囲まれた縄張。
イメージ 5
 
 
しかし現在は好評分譲中
イメージ 6
 
 
この辺りが陣城跡の曲輪の中心部にあたるのかと…
イメージ 7
 
 
 

総評  ★★☆☆☆  (旦さま私見 ★2つ)

安中市には中世城郭が沢山あるのでチョイスに迷ったのですが、ミーハーのうちら
 
武田信玄公陣城は外せないでしょうと 信玄公の知名度を優先(^-^ゞ
 
東から「古墳 首塚 陣城」と並んでいるのですが異様なハゲ山に何かが刺さってい
 
る!?と思った不気味な姿の梁瀬二子塚古墳落城で犠牲になった150体の頭
 
蓋骨が埋葬されていた梁瀬八幡平首塚と、共にインパクトあり過ぎの史跡並びの
 
八幡平陣城宅地開発で消滅のようす。宅地のため私有地が多く細かくは散策
 
不可能 現在も分譲中ですが購入者さん達はすぐ目の前の首塚の事は気に
 
ならないのかなぁ? でもそんな事言っていたらめる場所が限られる??ってか。
 
まぁ大きなお世話なのですが、気になったので。

この記事に

閉じる コメント(16)

顔アイコン

こんばんは るな さん
マニアックな所をチョイスしましたね〜
というか・・・
マジっすか!竹藪が無くなってはるやないですか!

2013/6/2(日) 午前 1:31 [ 足軽 新之助 ] 返信する

新之助さん>あれれマニアックな場所でしたか…f(^^;)
信玄公関連史跡なので結構メジャー所と思っていましたよ。
ハゲ山古墳のイメージしかないので以前の竹薮古墳の画像
を見ると違和感が。

2013/6/2(日) 午前 6:35 るな 返信する

竹藪は伐採しても地下茎を処理しないと、また生えてきますよねー。芝でも植えればいいのにねー。

2013/6/2(日) 午前 7:30 kacujoai 返信する

私が3年ほど前に訪れた時には二子塚古墳はまだ木々に覆われていましたね。他の城館を散策している時は良い天気だったのに、ここに来た時だけ天気が曇ってきて不気味な感じがしました。城跡の方はちょうど重機が入って土地を均し始めた時でした。やはり宅地化されてしまっていたんですね。遺構の堀跡は、写真に写っている鉄塔の背後の方なので、写真を見る限り、まだ残されているかもしれませんね。私ならここの土地は買う気がおきませんね。るなさんの記事を見て、この城館跡を記事にしていないのを思い出しました。

2013/6/2(日) 午前 10:51 [ - ] 返信する

おはようございます。 古墳に刺さっている風景は

異様ですね。それに武田信玄公の陣城と聞くと興奮しますね♪

ナイス☆です。

2013/6/2(日) 午前 11:08 [筆頭・伊達政宗] 返信する

顔アイコン

懐かしいなぁ。
私はこの界隈、気乃事にしましたよ。不審人物に見られたんです。 削除

2013/6/2(日) 午前 11:11 [ ジャン ] 返信する

るなさん、こんばんは〜
古墳に突き刺さったような竹の切り株も不気味ですが、150もの頭蓋骨が出土したというのは、もっと気味が悪いですよね(^^;
発見した小学生は、本当に肝をつぶしたでしょうねぇ。。
戦国時代、改めて血なまぐさい時代と思います(^^;
ナイス、いきますね!

2013/6/4(火) 午前 11:24 Shane 返信する

この古城は不気味というか怖いというか…。

ただ、戦士、信玄公が陣城をここに築くということは、絶好の場所だったん
でしょうね。
古墳や分譲の写真を見ると、見晴らしはいいような気もするし…。

2013/6/4(火) 午後 5:36 ひろ 返信する

kacujoaiさん>まさに竹の子ニョッキ!!ですねf(^^;)
立ち入り禁止になっていたし、もしかして史跡公園として
整備されるかもです。

2013/6/6(木) 午後 11:07 るな 返信する

はまっ子さん>えぇ〜鉄塔の背後に堀跡があったのですか!
これまた残念。そうしたら思ったより大きな規模ですね。
霊感は無いと思いますが古墳の異様な姿には少々ビビリました。
そうですよね自宅前が首塚だと寝付きが悪くなりそうだし。
陣城の記事アップ期待しています。

2013/6/6(木) 午後 11:12 るな 返信する

伊達政宗さん>ナイス!ありがとうございます。
信玄公の名前に惹かれて行きましたが首塚に不気味な古墳…
なんだかなぁf(^^;)

2013/6/6(木) 午後 11:15 るな 返信する

ジャンさん>思い出の地にお邪魔させて頂きました^^
うちらが訪れた時には誰もいませんでしたよ。
祠の中を覗くのをためらいましたが、結局覗いてしまいました。

2013/6/6(木) 午後 11:19 るな 返信する

shaneさん>発見した少年の感想を聞きたかったですね。
たぶん学校で「ガイコツいっぱいあったぜ〜」みたいな
話を友達にしたのでしょうね。ご存命ならぜひ回想記を
お願いしたいです。150体の頭蓋骨〜本やドラマの世界
に感じていた戦国時代をリアルに感じる話です。

2013/6/6(木) 午後 11:24 るな 返信する

ひろさん>立地的には河岸段丘上にあるので見通しの効く
場所だったと思われます。今は南は木々が多く…残念な感じ。
色々と調べると心霊スポットとしても有名みたいです。

2013/6/6(木) 午後 11:29 るな 返信する

なんだこのハゲ山はΣ(・ω・ノ)ノ!!・・・と思ったら
ふむふむ・・・はまはま・・・なるへそ〜...ψ(。。)メモメモ
リアルな戦国時代の一旦を感じることが出来ますねぇ(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウン
でも恐いなぁ・・・150体の頭蓋骨(´・ω・`)ショボーン
もはや心霊スポットにもなってそうな( ´∀`)ヶラヶラ
まぁ〜それでこそ戦国のロマンと言われればそれはそれでそうですが( *´艸`)ムププッ

2013/6/12(水) 午後 10:02 ブラック 返信する

BLACKさん>実際戦で犠牲になった人々がいた事を物語る
首塚はリアルセンゴク遺跡。歴史に興味があればそうか〜
と頷けますが、興味が無い人からしたらただの心霊スポット。
価値観ですね。見つけた子供の感想が聞きたい〜^^

2013/6/12(水) 午後 10:41 るな 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事