豊橋から

鉄道趣味・その他のりもの・地域・アート など 面白がっていただければありがたいです

全体表示

[ リスト ]

奈良井の酒井

イメージ 1
 
 
 吉川英治氏の代表作、宮本武蔵。そのなかの登場人物の一人に奈良井の大蔵と呼ばれる薬商人がいました。奈良井は中山道・奈良井宿の奈良井で、現在でも古くからの胃腸薬・百草丸を扱う日野製薬の支店があり、もしかすると吉川氏はこのお店をモチーフにして奈良井の大蔵を小説に登場させたのかもしれませんね。
 
イメージ 2 奈良井宿は妻籠・馬篭に匹敵する中山道の観光宿場で、道路こそアスファルト舗装ですが電線は地中に埋設してあり、勾配の緩い屋根による深いの出など特徴のある町屋の作りを楽しめる山の中の宿場です。
 飛騨路・木曽路ではところどころで往年の木曽森林鉄道の車両が残され、保存・展示されています。通りすがりに発見したり、事情が許せば予め調べて寄り道をしたりして見せていただいています。
 
 
 
イメージ 3 奈良井宿にはこの35年来、何度も訪れていますが今回やっとこの機関車の存在に気がつきました。木曽森林鉄道(王滝本線)95(昭和26/1951年酒井工作所製5t)機です。自身より2年ほど先輩になりますか。以前はJR線の線路沿いに放置状態であったという事ですが日ごろJR中央西線を利用することはめったになく、目にすることはありませんでした。近年になって観光客用の駐車場の脇に必要な分だけの簡単な路盤を作り、レールの上に機関車・B型客車・運材車2両を展示したようです。
 屋根の無い展示で、残念ながら機関車の外観は錆が進み薄青のペイントが半分しか残っていないくらいです。これでは、なるべく早いうちのメンテが必要だと思います。しかし本当にやばいのは、塗料の劣化が始まったと思われる木造のB型客車でしょう。
 
日野製薬奈良井店
木曽森林95号 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事