ここから本文です
ひろの蝶撮影日誌
ブログ始めました!

書庫全体表示

 
 2013年の投稿を終え、2019年の投を開始します。今年もよろしくお願い致します。

2019年4月6日(土) 晴 石川県
(ギフチョウ、スジボソヤマキチョウ、アカタテハ、ルリタテハなど)

 今年初めての撮影行は、4年連続の北陸。サクラ+ギフチョウ狙いで先ず石川県能美市に出かけた。4時半に家を出て舞鶴若狭道、北陸道を通り9時前にポイント着。サクラは満開で狙い通りだったが、ギフチョウは数がやや少なく、♂はスレ個体が多かった。また、花にはほとんど止まらず、止まっても短時間であまりいい写真は撮れなかった(写真1〜5)。仕方なく地面に止まったものも撮影(写真6〜8)。午後になって高い所を飛ぶようになり、桜の花も訪れるようになってきた。13時から15時過ぎまで、2ヵ所のサクラでかなりの数撮影することができたが、きれいなピンクの品種には来てくれなかった(写真9〜16)。他には越冬のスジボソヤマキチョウ、ルリタテハ、アカタテハ、テングチョウなど(写真17〜22)。 
 翌7日は福井県に寄ってみたが、予報通り曇り・低温でチョウの飛ぶ気配はなかった。唯一見たキチョウも固く翅を閉じたままだった(写真23)。好転の気配はなく12時で帰宅の途についた。

イメージ 7
  写真1.ようやくリュウキンカの黄色の花で吸蜜してくれた

イメージ 8
  写真2.ショウジョウバカマの花には一瞬止まっただけだった

イメージ 5
  写真3.スミレの周りで飛び回っていたがようやく止まった

イメージ 4
  写真4.そして吸蜜

イメージ 6
  写真5.でもすぐに飛び去ってしまった、飛び立つ瞬間だ

イメージ 1
  写真6.これは新鮮、♀のようだ

イメージ 2
  写真7.こちらは♂かな、比較的新鮮だ

イメージ 3
  写真8.珍しくもみ殻の上に止まったので1枚

イメージ 11
  写真9.午後になってようやくサクラの花に飛来してくれた

イメージ 9
  写真10.いい感じで翅を広げてくれた

イメージ 10
  写真11.ゆっくりとは吸蜜してくれないのでせわしない

イメージ 12
  写真12.花の中に頭を突っ込んで吸蜜、口吻が見えるとよかったが、、

イメージ 13
  写真13.少し角度を変えてくれ、頭や口吻が見えた

イメージ 14
  写真14.なかなかいい角度で撮影させてくれない

イメージ 15
  写真15.花から花へ飛ぶ姿を、、

イメージ 16
  写真16.別の木に移っていくところを1枚

イメージ 17
  写真17.長い冬を越したスジボソヤマキチョウが陽だまりに止まっていた

イメージ 18
  写真18.そしてスミレの花で吸蜜を始めた

イメージ 19
  写真19.さらに隣の白い花に移って吸蜜を続けた

イメージ 20
  写真20.サクラの花ではアカタテハも一度見かけた

イメージ 21
  写真21.ルリタテハは何度か見かけた

イメージ 22
 写真22.テングチョウは比較的多かったがいずれも色あせてぃたのは仕方ない

イメージ 23
   写真23.翌7日の福井は曇天・低温で見かけたのは固まったキチョウだけ


  • 顔アイコン

    こちらのヒメギフの吸蜜植物は、カタクリ、スミレ、フキノトウ、タンポポ類で、以前も桜にギフを見ましたが不思議な感じです。下しか見てない事と、訪花の写真は8時半から9時頃までと決めてたので気がつかない部分もあったかもと思います。この時期は悪天候で低温では、どうしようもないですよね。

    [ mar***** ]

    2019/4/13(土) 午前 10:10

    返信する
  • 顔アイコン

    > mar*****さん
    信州のヒメギフの吸蜜植物もそちらと似ています。ただ、カタクリ、スミレが圧倒的に多いですが。ギフがタンポポで吸蜜する姿は、関西でも北陸でも、信州でも見たことがありません。ギフはタンポポが嫌いなのかも。

    [ HIRO ]

    2019/4/13(土) 午後 6:24

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事