さかなとしょくぶつとはちゅうるいと

いまの日本の現状にうんざりして、人間と会話することを放棄しました

水槽の水換えについて

日々外出することの多いわたしたちですが、水槽の管理は簡単なようでなかなか難しいです。

自分ではきちんと管理しているつもりでも、ちょっとした油断でお魚をころしてしまったりします。

お仕事から帰ってきて、水槽を見たら、お魚が1匹しんでる、とか。

朝、えさをあげようとおもったら、1匹・・・とか。

結局、水槽の中でお魚が死んでしまうことの原因のほとんどは「水質の悪化」です。

そのほとんどが「えさのあげすぎ」によるものです。

現代では水槽の水質を維持するために、フィルターは常備していると思います。

しかし、フィルターはあくまで水槽のお水を循環して細かいごみをこしとる程度の働きしかしていない、ということです。

えさのたべのこし、お魚のうんちやおしっこで、水槽の中の水は日々よごれていきます。

それを中和する作用というのは、実はあまりフィルターに期待できない、ということです。

では、どうすればよいのか?

水槽に砂、もしくはソイルがしいてある場合、うんこやえさのたべのこしは、そのすきまに堆積していきます。

それが時間とともに変質して腐敗してゆきます。

フィルターが正常に機能しているのに、お魚の調子がよくないのは、こういうことによる水質の悪化が第一の原因と考えられます。

なので、この砂やソイルに堆積した腐敗物をとりのぞくことが、一番の水質維持につながる、という結論に達しました。

この腐敗物を取り除く方法はたったひとつ。

ポンプですいとることです。

ペットショップで売っている「プロホース」をつかうのもよいですし、ふつうの灯油用ポンプでもよいです。

すこしこつはいりますが、慣れれば腐敗物がよくとれるようになります。

ポンプの吸い込み口の先端をかるく砂、ソイルにさしこんで、1回「パフッ」と水を吸い込みます。

そのときに砂やソイルを吸い出す感覚ではなく、途中まで水をすいあげてとめる、という感覚です。

途中で止めると、砂やソイルがおちてゆきます。

それを何回かくりかえすと、砂やソイルのなかの腐敗物がとれます。

もちろん、1回ではとりきれないので、日にちをおいてそれを繰り返します。

一見、きれいに見える水槽の水も、実はそうやって堆積物をすいだしてみると、意外と激しく汚れているのがわかります。

「フィルター」はあくまで「空気清浄機」的な役割なのだということを認識すべきです。

毎日、堆積物をすいだすのが理想ですが、実現はむつかしいので体力や時間があるときに実行したいと思います。

砂やソイルを敷いていない水槽、いわゆる「ベアタンク」の場合は、やはり日々腐敗物が発生しているので、気がついたらそのごみをすいとる感覚で、おそうじをします。

特に、大型魚や金魚の場合は、よごれが激しいので、日々水槽をのぞいて汚れを確認します。

たいてい、お魚が底面や草などにからだをこすりつけているときは、かなりお水のよごれがすすんでいると考えます。

お水の独特の「におい」も、この腐敗物の堆積によるものだと考えます。

フィルターだけに頼らず、日々水槽の管理をおこたらないようにしたいものです。

お魚たちの命は、飼い主にゆだねられています

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

あたらしいおさかな

おうちの水槽の中は、チェリーバルブ1ぴきと、カージナルテトラ2ひき、それにオトシンクルス2ひきとその他南沼絵部多数。

とてもさみしくなり、今後なにをお迎えしようか、数日もんもんとしていました。

水槽の容量から、そんなに大型のおさかなはお迎えできないので、ひきつづき小型のものを検討しました。

いつもいくホームセンターにいっても、その場で逡巡してしまうありさまで。

つづけて2日、ホームセンターにいきました。

そして、あらたに、ロージーテトラとカージナルテトラを追加いたしました。

流線型のおさかなばかりだった中に、はじめてひしがたにちかい体型のおさかなをいれました。

当初のイメージは、デリケートな印象をもっていましたが、おむかえしてみると、意外と丈夫な印象です。

しかも、ものおじしないようで、えさをあげるときも、水換えのときも、興味津々でよってきます。

つられて、カージナルテトラも、えさやりのときには、よってくりょうになりました。

1匹のこったチェリーバルブは、なんとなく所在無さげで、ひかえめにしています。

ロージーテトラがまだ稚魚で、からだの色が出ていないので、しばらくしたらペアをおむかえしようかとかんがえております

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

・・・というわけで

ヒーターをいれました。

残念ながら、チェリーバルブのメスはおなくなりになってしまいました。

また、わたしの不注意で、おさかなを1ぴき、ころしてしまった

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

気温の急変

ここ数日の気温の低下で、チェリーバルブが体調を崩したようです。

水温計を見ると、26度前後ですが、このようすでは、夜間に23〜24度くらいであったとおもわれます。

今朝、えさやりのときにチェリーバルブたちが体をななめ下にかたむけて、ゆらゆらしていたのです。

急遽、水槽のふたをし、照明をつけて水温をあげました。

もちろん、病気もかんがえて、水もかえました。

ほとんど毎日、1リットル程度みずかえをしているのですけれど、それでも、このような事態になる可能性があるということ。

気温の変化には、敏感であるべきだと、再認識しました。

ほかの、オトシンクルスやカージナルス、えびは特に変化はみられないようですが、若干カージナルスがおとなしいような感じでした。

オトシンクルスは、水温低め(24〜25度)くらいがよいのかもしれません。

ひときわ、元気よく泳いでおりました。

現在、えび天国になりつつあります。

抱卵しているものもいますし、水温がさがったことで、みんな喜々としています。

水草が、ミクロソリウミ系以外、まったくそだたない水槽なので、太陽光線が弱くなった来たこともあり、しばらく昼間の4時間ほど、点灯することにします

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ハチにさされました

生まれて初めて、ハチに刺されました。

欧州ミツバチのはたらきばちでした。

彼女には気の毒なことをしました。

たまたま、おうちにはいってきてしまって、わたしの不注意ではりをつかわなくてはならなくなってしまった。

最初、なにか鋭利なもので切ったかな、と思ったのです。

でも、ふりかえってそこにミツバチがいたのに気がつきました。

いたみは3分ほどでおさまりました。

今後、わたしの身辺になにか異変はおこるのか。

わたしじしんの体に、異常はでるのか。

しばらく、静観しようとおもいます

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事