ここから本文です

書庫全体表示

映画はフィクションです。
リアリティを出すために時代考証が行われます。
フィクションと考証が一体になって、
主人公の現実感が増して、観客は物語に没入するのです。

ですが、映画製作の背景を問われたときには、
フィクションと史実を区別することが必要です。

どの部分が史実で、どの部分が創作か、
製作者には分かっているものです。

時代考証の部分について、嘘をついてはいけません。
考証に用いた資料の質が悪かったのかどうかが判るように、
出典を明らかにしておくべきでしょう。

映画製作者は、出来上がった映画を元にして、
史実を歪めてはいけません。


--「数多くの証言集を通じて
本当に事実だというほかない資料がある」--
--「美術的セッティングのようなものは
徹底的に考証に基づいている」--
--「だが、徴用が行われ、
地下1000メートルまで下りていって炭坑で作業をし、
人権の蹂りんを受けながら生活をするなどの内容は、
歴史的事実を基盤としている」--

嘘が混じっていますよね。


--「光と影の部分をどちらも潔く明らかにした時、
文化遺産として真の価値を持つようになるのではないかと思う」--

あなたがたの映画が「歴史的事実に基づく」
というのなら、
あなたがたの、その捏造行為が「影の部分」なのですよ。

あなたがたの捏造行為も、歴史の一部分なのですよ。


↓以下、ニュース記事から引用
----------
> 中央日報日本語版 2/9(木) 15:09配信
> リュ・スンワン監督が、日本メディアの産経新聞が
> 映画『軍艦島』を批判したことに対して口を開いた。
> リュ監督は8日に放送されたMBC(文化放送)の
> ニュース番組『イブニングニュース』に出演して
> 「(産経新聞は)少年坑夫など存在しなかったと主張しているが、
> (われわれは)取材した人々がいる」とし
> 「数多くの証言集を通じて
> 本当に事実だというほかない資料がある」と反論した。

> 同映画は軍艦島に強制徴用された朝鮮人が
> 命懸けで脱出を試みるという内容を描いた作品で、
> ことし7月に公開される予定だ。

> 産経新聞はしかし、8日、
> 「映画『軍艦島』は事実と違っていて、
> 歴史をゆがめたもの」と歴史わい曲を主張した。
> 続いてリュ監督は
> 「歴史的事実に基づき、
> 軍艦島内部を描写する美術的セッティングのようなものは
> 徹底的に考証に基づいている」と付け加えた。

> リュ監督は
> 「ただし、強制徴用された朝鮮人400人余りが
> 集団脱出するという内容はわれわれが創作したもの」
> としながら
> 「だが、徴用が行われ、
> 地下1000メートルまで下りていって炭坑で作業をし、
> 人権の蹂りんを受けながら生活をするなどの内容は、
> 歴史的事実を基盤としている」と述べた。

> リュ監督は続いて
> 「端島が世界文化遺産に登録された以上、
> 表面的な部分だけでなく、
> その島が持つ歴史について世界の人々が知るべきではないか」
> とし
> 「光と影の部分をどちらも潔く明らかにした時、
> 文化遺産として真の価値を持つようになるのではないかと思う」
> と述べた。
----------
> ↓2016年以前のニュース記事から引用
> 聯合ニュース 11/2(水) 14:20配信
> 韓国外交部の趙賢東(チョ・ヒョンドン)公共外交大使は2日、
> 外交部、文化財庁、ユネスコ韓国委員会の共催で
> ソウルのロッテホテルで開かれた
> 「世界遺産解釈国際会議」に出席し、
> 昨年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の
> 世界文化遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」について、
> 「日本政府が適切な解釈戦略をまとめ
> 国際社会に対する約束を誠実かつ速やかに履行することを期待する」
> と述べた。

> その上で、趙大使は
> 「当該遺産の歴史を世界にきちんと説明できるよう
> 効果的な解釈戦略をつくることは当事国の重要な任務だ」
> と強調した。

> 日本は、ドイツで昨年7月に開かれた世界遺産委員会で
> 世界文化遺産への登録が決まった産業革命遺産23施設のうち、
> 日本による植民地時代に朝鮮半島出身者が労働を強いられた
> 端島炭坑(軍艦島、長崎市)など7施設について、
> 強制労働を認め、
> 犠牲者を記憶するのための措置を取ることを約束した。



> 日本政府は措置に関連し、
> 2017年12月1日までに世界遺産委員会の事務局に当たる
> 世界遺産センターに経過報告書を提出する義務がある。



> 趙大使の発言は、日本に対し
> 強制労働を認めその事実を世界に知らせるための
> パンフレット作成や教育プログラムの運営など、
> 約束の履行を求めたものだ。
----------

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事