アルペンスキー研究所

新しい技術を先取りし、他人を出し抜き、世界を狙おうとするblog

全体表示

[ リスト ]

山形から帰ってきた黒所長だ。


日本スキー学会第26回大会(山形市・蔵王温泉スキー場)が閉幕した。
今回のメインテーマは

スキーの sustainability(持続可能性)ー次世代へつなぐスノースポーツー


今回は、例年以上に盛り上がったし面白かった。
ひとえに、ゲスト講師の皆さんのおかげ。しかも非常に豪華なメンバーだった。

基調講演、シンポジウム、ワークショップに講師として参加してくれたのは
まず

伊東秀人 氏

山形市蔵王温泉出身の全日本ナショナルデモンストレータで
フランススキー留学をされて、国家スキー検定教師を取得されている。
男前で、声もイイし、非常に勉強熱心。サービス精神旺盛。
近いうちに政界進出するんじゃないか?(笑)

そしてシンポジウム、ワークショップに講師として参加

庄司克史 氏

仙台市出身の元(今も!?)プロモーグル選手。
1990年にワールドプロモーグルツアーに日本人として初参戦したのがこの方だという。
三浦雄一郎氏に弟子入り(三浦雄一郎&スノードルフィンSS)し
カザフスタン天山山脈 5,000mからの世界初滑走
シベリアパジャール山脈 世界初滑走など
オフピステ大好き人間だ。
とにかく明るいし、話も上手いし、コミュニケーション能力抜群で
今回の学会は完全に庄司氏の雰囲気に飲まれて(!?)大いに盛り上がった。

さらにシンポジウム、ワークショップに講師として参加は

木村公宣 氏

弘前市出身の元全日本ナショナルチーム所属のアルペンスキーヤー
1998年のワールドカップ3位をはじめ、上位入賞多々
皆さんご存じ、日本スキー界の超スーパースターだ。
実は日本スキー学会への参加は、湯沢大会以来の2回目。
彼も明るいし、勉強熱心だし、サービス精神旺盛。
とにかく真面目そうな印象。スキーもめちゃくちゃ上手い(笑)


講演をはじめシンポジウムの内容も、もちろん素晴らしかったのだが
何と言っても凄かったのは
彼らが、懇親会(夕食時)やフレンドシップサロン(夜、飲みながらの雑談会)にも
参加してくれたこと。
…で、講師3人で固まって他を寄せ付けない雰囲気を出すのではなく
色々な参加者の話に耳を傾ける姿勢でいてくれたこと、とにかく素晴らしかった。
オレも木村氏にスラッププレートの話
http://blogs.yahoo.co.jp/lxn42214/63832312.html
を聞いてもらったし(残念ながら、翌日のワークショップで実際に試乗して頂くには時間が足りなかったが…)
他の参加者も思い思いに話しかけていた。


フレンドシップサロンが散会となったのは、11時少し前。
何と、講師の面々は最後まで会場に残っていてくれた。
(最後に会場を出たのは、木村氏と学会関係者1名、そしてオレの3人だった)

こうやって、スキー界を引っ張る人達、現場を持つ人達、とにかく楽しみたい一般的な人達、そしてスノースポーツに関係する研究者が一緒になって
スノースポーツの世界を盛り上げていければイイよな。

詳しい内容については次回から少しずつ…

( https://snow.blogmura.com/ski/ ランキングが上がって、見てくれる人が増えれば
少しでも状況が変わるだろうか・・・。効果は不明だが。良かったら、クリックしておいてくれ。 )

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事