ここから本文です

書庫全体表示



ブリュセル研修レポート

イメージ 1

今回、ブリュッセルの研修旅行に皆さんと参加させていただく機会を与えていただき、
ありがとうございます。

ブリュッセルは、一昨年の冬のヴァカンスで、数時間だけ滞在したことがあるのですが、
あっという間だったのと、クリスマスマ後でお店も出店数が少なかったので、
もう一度訪れることができて、とても嬉しく思いました。

ー1日目ー
〜ブリュッセル・クリスマスマーケット観光とグランプラスの音と光のショー

到着して、すぐに向かったのはレストラン。
木村先生おすすめの、ムールフリットが美味しいお店です。

しかし、事前のリサーチが足りず他のものを注文してしまったのですが、
少しムール貝を分けていただきました。

ムールフリットはスープを飲むとびっくりするくらい、しょっぱいお店もあるのですが、
こちらのお店の味は、まろやかで最後まで美味しく頂くことができると思います。

イメージ 2

ここで、ブリュッセルに来たら、外せないおすすめ食べ物と料理をご紹介!

*ムールフリット*

まずは、前述に記載したムールフリット(ムール貝とフライドポテト)

北海に面していることから、新鮮なムール貝を堪能できます。
日本に比べると値段もかなりお手頃なので、滞在中に1度は食べておきたい料理です。

*フライドポテト*

イメージ 3

フライドポテトは、ベルギーのソウルフード。
街中で、フライドポテトを片手に歩いている方をよく見かけます。
美味しさの秘訣は、フライドポテト専用のジャガイモと2度揚げされたことにより、
外はサクサ、中なホクホク。

ソースも様々な種類がありますが、個人的にはサムライソースが、オススメです。

*ワッフル*

イメージ 4

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、実は、ワッフルには2種類あり、
ブリュッセルタイプとリエージュタイプがあります。

イメージ 5

ブリュッセルタイプは、フワフワとした食感でとても軽いです。
生地がシンプルな味付けなので、そのまま食べても美味しいのですが、
フルーツやアイスクリームなどのトッピングを加えて豪華にすると食べ応えがあります。

一方のリエージュタイプは、生地の中に粒状のパールシュガーが入っているのが特徴。
食感はしっとりとしていて、生地がしっかりしているので、食べ歩きには最適です。

私は、ブリュッセルタイプの方が好みでした。

*カルボナード*

イメージ 6

牛肉を黒ビールで煮込んだベルギーの郷土料理です。
ビールで煮込まれた牛肉は柔らかくてホロホロ。
お店によって味付けが違いますが、昼食で頂いたお店の味付けは、
スパイスが効いていて、美味しかったです。

*小エビのコロッケ*

イメージ 7

クリームコロッケが、大好きなので、旅行前から食べたいと思っていた一品です。
一口噛むと、口の中に小エビの旨味が充満します。

そして、食べ物ではないのですが。。

*ビール*

イメージ 8

ベルギーといえば、何と言ってもビール。
様々な種類があるので、ビールが好きな人も、苦手な人でも大丈夫です。
私は、お酒はあまり強くないのですが、飲みやすいフルーツビール(まるでジュース)があり、
美味しくいただきました。

食べ物の紹介が長くなりましたので、元に戻ります。

イメージ 9

お昼ご飯を終えて、グランプラスのイルミネーションと夕食の時間まで、
今回の研修の目的である、
クリスマスマーケットに向かいます。

【サンカトリーヌ教会周辺のクリスマスマーケット】

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

クリスマスマーケットでは、ベルギービールやサボワ地方の郷土料理、
キュベルトンなどの郷土菓子、マッシュルームの炒め物など、
様々な屋台(シャレー)が出ていて、とても楽しかったです。

クリスマスマーケットを楽しんだ後は、グランプラス周辺のチョコレートショップを物色し、
光と音の祭典の時間まで、待機します。

ここで、ベルギーの有名ショコラトリーをご紹介

*ゴディバ
*ピエール・マルコリーニ
*ヴィタメール

上記3店舗は、日本に店舗もありご存知の方が多いと思います。

*ガレー(Galler)

イメージ 14

ちょうど、クリスマス用に可愛いパケージになっていました。
元は板チョコメーカーで、スーパでも商品を見かけました。
1995年には、王室御用達になったそうです。

*ノイハウス (Neuhaus)

イメージ 15

クリームやナッツをチョコレートに包んだ一口サイズのチョコレートと、
チョコレート専用箱(ロタン)を開発しと言われている、
チョコレートのパイオニア的存在。日本に支店がないので、購入必須のお店。

そして、しばらくすると音と光の祭典が始まりました。

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

グランプラスは、ヴィクトルユーゴが"世界で最も美しい広場”と称えたそうです。
1998年にユネスコの世界遺産に登録されています。

ヴィクトルユーゴのおかげで、モンサンミッシェルも監獄の任を解かれたので、
ヴィクトルユーゴが評価するものは、本当に美しいものなのだと感じました。

イメージ 19

クリスマス期間限定のツリーは、
ワロン地方で育った本物のベルギー育ちのクリスマスツリーが使用されているそうです。
そして少し離れた場所に、クリスマスで定番のクレッシュも飾られていました。

イメージ 20

何色もの華やかな光は、息をのむほどの美しさで、
見ている方は、色が変わる瞬間を逃さないようにシャッターを切るのに必死でした。

綺麗なショーを見終わった後は、お待ちかねの夕食です。

イメージ 21

イメージ 22

老舗のレストランで、お店の方オススメの牛ほほ肉(写真上)と、鹿の煮込み(写真下)を注文。
どちらも、味付けは、もちろん美味しく、
ナイフいらずのお肉の柔らかさで大満足の夕食でした。

2日目に続く。











この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事