Aeolian Consort

ホームページの新譜更新に連動したブログです

全体表示

[ リスト ]

 今回は通奏低音が主題を奏する2箇所をどうするかが課題でした。元の進行は多分ペダルを考慮したため主題の骨格だけに止まっていますが編曲となれば上声と同じ形でやることも可能になります。但し、この場合、上声との絡み具合に多少嫌なところがあるので改変形を決定版にするのは不安が残ります。そこで双方を組み込むために、初めての試みですが通奏低音のパート譜にOssiaを付けました。総譜に付けるのは段組が相当面倒な作業になりそうなのであきらめました。なにせ初挑戦なのでなんとも不体裁な格好になってしまいましたが勘弁してください。MP3・MIDIは改変形を使いました。
 原譜には細かくスタッカートやスラーが書いてありますがちょっと不統一なので適当に整えてあります。校訂譜ではなく実践譜ですので細かい注記はしませんでした。

http://www.geocities.jp/lyrischesuite/jsbach.htm#BWV530

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事