Aeolian Consort

ホームページの新譜更新に連動したブログです

全体表示

[ リスト ]

 ようやく最後の曲に到達しました。一番笛に向かないので先送りしていましたがここまで来たらやらない訳には参りません。 この第1楽章はカンタータ第76番が原曲のままとすれば、調性はそのままでオーボエ・ダモーレとガンバ用です。リコーダーは無事納まってもフルートに無理が来るのはやむなしですね。何となくパーミュテーション気味で幾分発展性に欠ける印象があるのは原曲の目的によるのかもしれません。
 序奏はアダージォ指示なので勿体を付けてやりたいところです。ただ本体があまり長くないのでここに時間をかけすぎると釣り合いが取れないので適当に按配したほうが良い気がします。フルートの4小節目のダブル・モルデントはgis fisでやります。本体はスラーの書き込みがあちこちにありますが結構不統一なのでフレージングの参考程度に考えておいて差し支えなさそうです。

http://www.geocities.jp/lyrischesuite/jsbach.htm#BWV528

 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事