Aeolian Consort

ホームページの新譜更新に連動したブログです

全体表示

[ リスト ]

 ゆっくり始まるので安心しているとあとで慌てる。徐々に音価が細かくなる曲はテンポ取りに苦労します。音形的に難しくはないのでやたらと遅くする必要もないですね。
 ロウズの曲は和声的に解決しないまま先に行ってしまう傾向があって、緊張→解決の繰り返しに慣れた耳にはかなり衝撃がきます。ファンタジア組曲でも同様なのでまさにロウズ節。同時代のジェンキンズとは対照的な作風ですね。一度しっかりと取り組んでみたい作曲家です。

http://www.geocities.jp/lyrischesuite/gakufu_main.htm#Fantazy_1_a5_Lawes

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事