Aeolian Consort

ホームページの新譜更新に連動したブログです

全体表示

[ リスト ]

 彼のインタヴォラトゥーラ集第1巻に含まれる4つのレチェルカールの一つです。見た目は独特で楽しめますが、弾くのは大変そうです。上段6線、下段7線は目がチカチカします。一応4声になっていますが、声部の分け方は不親切だし、交錯が随所に発生するのでまともに声部進行を信じると失敗します。何とかSATBに収めましたが、不自然な部分もできてしまいました。やむなしですね。第1番も試みましたが、収拾が付かなくなってしまい、棚上げにしてあります。
 曲は定型である主題交代型です。移り変わりを意識していれば問題ありません。

http://www.geocities.jp/lyrischesuite/gakufu_main.htm#Recercar_2_Cavazzoni

この記事に


.


みんなの更新記事