Aeolian Consort

ホームページの新譜更新に連動したブログです

全体表示

[ リスト ]

 原曲はバス・ソロとオーボエ2本、タイユ、通奏低音です。オーボエパートは4度上げてそのままアルトに出来るのでヘ長調にしました。ソロはバスのままだと潜ってしまうのでソプラノに任せます。一応テノールでもやれるのでどちらがいいか試してみるとよいでしょう。当時の慣例に従って拍子は12/8と解釈してください。途中でかなり度外れた調まで行ってしまうのでしんどい箇所もあると思います。
 この曲は狩のカンタータBWV208の第7曲のパロディです。中間くらいまではほとんど同じですが後半は大改作されていてすっかり別物になっています。内容も濃くなっているので選ぶならやはりBWV68のほうでしょう。

http://www.geocities.jp/lyrischesuite/gakufu_main.htm#BWV68_4

この記事に


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事