Aeolian Consort

ホームページの新譜更新に連動したブログです

全体表示

[ リスト ]

 第5曲はリコーダー2本のオブリガート、オーボエ・ダ・カッチャの低音部を持つアルトのアリアです。通奏低音がない、いわゆるバセットヒェンという形式です。AABBなら原調のまま使えますが、バセットヒェンらしくならないので第1曲と同じようにリコーダーをソプラノに任せて、低音をテナーにすることにしました。
 第6曲のコラールは異色で、リコーダー2本のオブリガートが付いています。これまた同じようにリコーダーをソプラノに当てたのでコラール本体はATTBになりました。元々音が高めだったのでうまく収まりました。第2テナーが低すぎると感じるならば、バスに代えてください。

http://www.geocities.jp/lyrischesuite/jsbach.htm#BWV46

この記事に


.


みんなの更新記事