Aeolian Consort

ホームページの新譜更新に連動したブログです

全体表示

[ リスト ]

 市販の楽譜まである曲集なので新味がないとつまりません。そこでこんな方針を立てました。
1.全曲出す。
2.調性はそのままでは無理なものもあるので適当に按配する。その際、必要なら複数の版を用意する。
3.編成はSAT或いはSABの良さそうな方を取る。
4.パート譜は作らない。3声でかつ短いのでスコアで問題ない。

という訳で今日は1番から4番までです。

第1番 冒頭の動機を反行形も交えて18回繰り返すだけで出来た曲です。21小節しかないのにこの数字は驚異的です。動機の途中で音域を変えると流れがはっきりしなくなるのでやりたくないのですが、そうも行かないところが何箇所かありました。うーん、残念。4本にすれば実現しますが、それでは意味ないですからね。音階練習のつもりでなるだけ速く突っ走りましょう。

第2番 バスは高い音域が多いのでテノールにしました。1番よりフーガに近い形式ですが、冒頭の主題提示に属調の応答がないし、3声目の提示がないのでフーガではありません。運指がかなり面倒なので練習材料にしましょう。

第3番 これはれっきとしたフーガです。ニ長調なら原調のままでも出来ますが、少し易しくなるようにハ長調版も作りました。多少音域の調整をしています。なるべく快調に飛ばしたいですが、1番のようには行かないでしょう。

第4番 低音をテノールに任せる版もあるようですが、バスの方がしっくりきます。ところにより音が高いのが難ですが。そこで全音下げたハ短調版も用意しました。音域は楽になりましたが、変化音が増えたのでどっちもどっちでしょうか。この曲の後半部の斬新な転調と半音階の連発には驚かされます。コラールならともかくこれは世俗曲ですよ、バッハさん。その辺りの微妙な和声進行を味わってください。

http://www.geocities.jp/lyrischesuite/jsbach.htm#Sinfonien_a3_Bach

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事