Aeolian Consort

ホームページの新譜更新に連動したブログです

全体表示

[ リスト ]

この楽章は第2声部の音域がとても広いのでアルトやテノールでも対応させられそうですが、楽章毎に楽器を代えても意味ないのでフルートのままにしました。モダン・フルートなら高音のFもOKですがトラベルソでは厳しいのでオクターヴ下げたところもあります。テンポはLargoを忠実に守ってゆっくりゆっくりやって問題ありません。むしろ通奏低音の間合いが難しそうです。レアリはいつも通り素っ気無いものですが、第4声部導入に挑戦するのも面白そうですね。

http://www.geocities.jp/lyrischesuite/jsbach.htm#BWV526

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事