ここから本文です
何とかやっております(笑)

夏の冷えにご用心

土曜日のアローンライヴ、ありがとうございました。
濃密な一夜になったと思います。

とはいえ、コンディション的にはかなり厳しかった。
先週くらいからどうもダルさの質が変わってきたように思ってたんだが・・
毎日冷房に手足を晒し過ぎていたようで、
末端冷え性?のような感じにライヴ前日からなってしまっていた。

1、パシージョ
2、選ばれないひと
3、Blue
4、抱えたまま踊れ
5、翡翠
6、届いたかまだか
7、生きるために歌う

8(アンコール)、誰もいない船

・・・4曲目が終わった時点でノドにも異変が起こり、
以降は嗄れた声になってしまった。
乱れはしなかったし、
そうなったらなったでベストな表現を目指して演るので
酷いものにはならなかったとは思うけど・・・
めまぐるしく走り抜けた7月をビシッと締めくくれたかは判らない(苦笑)。
まあ締めくくる必要もないのかも知れないけど。
一期一会に臨む誠意と覚悟に曇りはなかった。
来月も生きてたらやるだけだ。

みんなありがとう。

この記事に

開くトラックバック(0)

渦が小さい

福島に行ってきた。
11月にKiterethu Night Vol.2を開催するための下見だったが
ただの下見に終わるワケはなく色々あった(笑)。

楽しく、有意義であったことは間違いないのだが
私の中での反省や問題点が沸々と湧いてきた。

まず一番の反省は酒を呑み過ぎたことだが(苦笑)
それはともかく

渦が小さ過ぎる。

人と人のつながりで
心の受け止め方によっては
果てしなく大きなうねりになる可能性もあるけど
小さな渦は小さなままでいつの間にか静まってしまうような
そんな危険性も同時にあり、
やり方を間違うと・・・というかほとんどの場合
後者になってしまうように思う。

会場でゲリラ的に歌い演奏もしたのだが(そういう店だからゲリラ的でも何でもないんだけど)
ちょっとした驚き
ちょっとした感動
ちょっとした嫉妬
ちょっとした違和感
ちょっとした反発
・・・こちらのやったことはちょっとしたことじゃないことも多々あったんだけど
それがちょっとしたことに取られてしまったんじゃないかなという危惧もしている。

私としては音楽で答を出すしかない。
答なんか出ないのかも知れないけど。

とまれ福島〜飯坂の方々には大変お世話になり、
温かく接していただき心から感謝しています。

このところやることなすこと思いとは遠いところに自分が居るようで
やや自己嫌悪気味。

今度のライヴは大きな渦に。

数名しか来ないようなライヴのどこが大きな渦かと思うだろうけど
数でも広さでもないんだ。
ひとりひとりの心の深いところで感じ合えれば
それはあらゆるものを超えてものすごいうねりとなる。
そんなことをいつも、
いつでもやってる。

今週土曜日です。
7月22日(土) 高円寺アローン
19時半スタート  3組出演
¥1500+ドリンク

心の奥深いところに届けられれば、いいな。

この記事に

開くトラックバック(0)

鈴ん小屋ライヴ、ありがとうございました。
今回も素敵なブッキングで素晴らしい夜となりました。

ただ、私の出番(ラスト)前に、かなりのお客さんが帰ってしまったのは残念。
帰るのも残るのももちろんお客さんの自由だが、
最後まで聴いていこうと期待を持たせられなかった自分の力不足が悔しい。

しかし、最後まで残ってくれた人たちに
最高のものを聴かせられるか、という勝負は残っている。
命の限りの音を、今出さなくてどこで出すというのだ。

1、選ばれないひと
2、抱えたまま踊れ
3、一年後
4、雨のち晴男
5、翡翠
6、セキララ

・・・こういうやり方を選んだんだから、
当然困難もつきまとう。
続けることは困難の連続。
悔しい思いも毎度のこと。
それでも自分の放った音が自分の音として表現できて
それが客席の誰かの感情と触れたのを感じとれた時
そんなことはどうでもよくなる。

そしてまた、次へと続くのだ。

この記事に

開くトラックバック(0)

先週土曜日、Soul Brothers Three Vol.16、
来てくださった皆様、ありがとうございます。

DJ同士の打ち合わせ無し、それで今まで選曲被り無しの奇跡も、
今回はヒヤヒヤものだったが、被り無し。

私の危なっかしいスタイルが常に存続の危機を招いているが(苦笑)、
もう16回を数えた。
今年中に次も開催できる・・・と思う。

私の掛けた曲は以下の通り。
 1, Lee Rogers / Sweet baby talk (Premium Stuff 4) ‘67
 2, Don Bryant / Is that asking too much (Hi 2131) ‘67
 3, Tony Borders / Get yourself another man (Hall 1921) ’64 
 4, Grover Mitchell / There’s only one way (Decca 32015) ‘66
 5, The Chellows / I want to be a part of you (Poncello 713) ‘61
 6, Mitty Collier / I dedicate my life to you (Chess 1814) ’61
 7, Carl Hall / Mean it baby (Loma 2086) ‘67
 8, Ricky Lewis / Welcome home (Enjoy 5001) ’68/72 ?
 9, Garnet Mimms / The truth hurts (Veep 1252) ’66 (rec. ’63)
10, Ben E. King / Don’t take your sweet love away (Atco 6527) ’67
11, Bill Brandon / Self preservation (South Camp 7006) ’67
12, Randolph Walker / I love her more (Shout 240) ’68
13, Paul Kelly / If this old house could talk (Philips 40480) ‘67
14, Oscar Toney Jr. / Without love (Bell 699) ’68
15, The Masqueraders / I don’t want nobody to lead me on (Wand 1168) ‘68
16, Lee Jones & The Sounds of Soul / On the other side (Amy 11008) ‘68
17, Roscoe Robinson / Let me know (Sound Stage 7 2603) ‘68
18, J. P. Robinson / I’ve got a long way to go (Alston 4570) ‘68
19, Jimmy Lewis / Two Women (Tangerine 987) ‘68
20, Sir Wales Wallace / People sure act funny (when they get a little money) 
   (Now Sound 101) ’76  ※参考:Arthur Conley / People sure act funny
21, Johnny Sayles / Never let me go (Chi-Town 003) ’65
22, The Rotations / Don’t ever hurt me girl (Law-Ton 1550) ‘71
23, Frederick Knight / Have a little mercy (on me)  (1-2-3 1724) ‘71
24, James Govan / You get a lot to like (Fame 1473) ’70
25, Charles Smith / Why can’t I cry (77 121) ’73

・・・お馴染みさんが何人か居なかったけど、
とても楽しい一日だった。
ハードな酒を飲みすぎたせいで帰ったら即ダウン、
翌日は使い物にならなかった(苦笑)。

しかし明日(日付はもう今日だ)はライヴなのだ。
ヘタってはいられない。
日曜日は使い物にならないなりにしっかり弦は張り替え
ヘロヘロでも一応声出しはできた。
もうあとはやるしかないのだ。
お客さんが来てくれるかは判らないが(涙)
その場に居てもらえれば、きっと最高のライヴを見せられる♪

7月11日(火) 池袋 鈴ん小屋
19時スタート 5組出演
¥2000(前売) / ¥2500(当日)・・いずれも+ドリンク
お問い合わせ・ご予約は
Email(ringoya@ringoya.org)とお電話(03−6382−7273)にて。

よろしくお願いします!



この記事に

開くトラックバック(0)

7月は忙しい(汗)

ああ、もう今年も半分以上過ぎてしまったのか。
先月はライヴ1回しか入れてなかったはずなんだが・・・のんびりできた気がしない(苦笑)。
この疲労感はもう逃れられないものなのか。

7月は結構やることいっぱいある。
こちらでは告知し忘れてたものも含め、今一度お知らせしておきます。

7月8日(土) 武蔵小山サザンウインズ
「Soul Brothers Three Vol.16」
14時スタート 飲食代のみ
・・・ソウルのシングルレコードを中心に掛ける
ソウルで繋がったソウル3兄弟によるソウルフルなDJイベント。
私は14時、初っ端からディープ度全開でやります(笑)。
お問い合わせはサザンウインズ03-6426-4359(通常水〜日曜19時〜1時営業)まで。


7月11日(火) 池袋 鈴ん小屋
19時スタート 5組出演
¥2000(前売) / ¥2500(当日)・・いずれも+ドリンク
お問い合わせ・ご予約は
Email(ringoya@ringoya.org)とお電話(03−6382−7273)にて。
件名に、「7/11・火曜予約」とご記入の上、本文にお名前とご希望の出演者名、希望枚数を添えてお送りください。折り返し確認のご連絡を差し上げます


・・・そしてこの間にも色々あって(笑)、最後は

7月22日(土) 高円寺アローン
19時半スタート  3組出演
¥1500+ドリンク
 

よっしゃ、気合い入れねば。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事