ここから本文です
何とかやっております(笑)

昨日のライヴ

日曜日のアローンライヴ、いい夜になりました。
来てくれた皆様、関わった全ての皆様、ありがとうございます。

このところ身体的には色々あるんだけど(苦笑)
演るコンディションはまずまずのようで
声も指もなかなか好調だった。

尤も思い通りに歌えたことや弾けたことなんか一度もないし、
多分今後もないと思うけど。
不完全要素も含め、見て聴いて感じるに価する音は出せてるんじゃないかと。

1、雀の木
2、日暮れて道遠し
3、#23ブルーズ
4、セメント
5、新しい朝
6、翡翠
7、もっと先へ

8(アンコール)、セキララ

・・・さてと、今週末は福島だ。

11月25日(土) 福島 時代屋 シーズンⅡ
「Kiterethu Night Vol.2」
18時半オープン/19時スタート
¥1500+ドリンク・フード
・・・このイベントに関しては
をご参照ください。
また、お問い合わせは
kiterethu.night@gmail.com
まで。

どんなイベントになるかな、楽しみ。

この記事に

開くトラックバック(0)

さて、まずは

来週から、ライヴ2連戦。
前回の日記と似たような記述になってしまうけれど・・

11月19日(日) 高円寺 アローン
19時オープン/19時半スタート
3組出演
¥1500+ドリンク

11月25日(土) 福島 時代屋 シーズンⅡ
「Kiterethu Night Vol.2」
18時半オープン/19時スタート
¥1500+ドリンク・フード
・・・このイベントに関しては
をご参照ください。
また、お問い合わせは
kiterethu.night@gmail.com
まで。

生きていると、ホントいろんな闘いばかり。
何でもないような顔してるけどさ(笑)
自分のことをまっすぐやるだけでも、いくらでも障害はでてくる。
心の中で血を流そうとも、笑って
何でもないような顔して、闘い抜くんだ。

ステージに立ってしまえば、もう敵なんかいない。
来て見て聴いて感じてほしい。
他に望むことは、ない。

この記事に

開くトラックバック(0)

先月のワンマンライヴから早2週間。
体のダメージはまだあちこちに残ってるのに(苦笑)。

11月、12月のライヴが決まった。
今年も、もうラストスパートだ。
色んなところで演ります。
都合の良い場所・時間があればよろしくお願いします。

11月19日(日) 高円寺 アローン
19時オープン/19時半スタート
3組出演
¥1500+ドリンク

11月25日(土) 福島 時代屋 シーズンⅡ
「Kiterethu Night Vol.2」
18時半オープン/19時スタート
¥1500+ドリンク・フード
・・・このイベントに関しては
をご参照ください。
また、お問い合わせは
kiterethu.night@gmail.com
まで。

12月3日(日) 学芸大学 アピア40
18時半オープン/19時スタート
4組出演
¥1500+ドリンク・フード

12月14日(木) 新宿 Rute
19時15分オープン/19時半スタート
¥1500(1ドリンク付)
・・・初出演!最寄駅は地下鉄丸ノ内線「新宿御苑前」または「四谷三丁目」です。
地図や詳細は上記HPをご参照ください。

12月24日(日) 高円寺 アローン
19時オープン/19時半スタート
3組出演
¥1500+ドリンク

・・・うーむ、私としてはなかなかのハードスケジュール。
持つか体力(汗)。

書くタイミングが遅くなったが、
ファッツ・ドミノと遠藤賢司が亡くなったのはショックだった。

ファッツは兄貴分スマイリー・ルイスの方がとにかく大好きなので
よく比較され、比較にならないくらいの大スターだったファッツを判官贔屓もあり
よく腐してはいたが(苦笑)
やはりデイヴ・バーソロミューが創り上げた最高のニュー・オーリンズサウンドの
最高の主役だったことに何の疑いもなく、
自分の中で重要な歌手の一人であったことは間違いない。
ハリケーン”カトリーナ”で一時行方不明になりながらも無事に生き延びて
そのイメージ通りのんびりと余生を過ごしていたのかなあと想像して
笑みがこぼれるも、彼の不在を感じるとやっぱり寂しい。

遠藤賢司は日本のミュージシャンで数少ない、好きな人だった。
多くの人が語るカレーライスや東京ワッショイ、その後の純音楽云々は正直あまり惹かれないのだが
初期の”雨上がりのビル街”、”君がほしい”、”猫と僕と君”、”嘆きのウクレレ”あたりは大好きな曲。
日本の音楽家は有名になったりカリスマに祭り上げられると全然違うものになっちゃうからなぁ・・でも確実に若い頃の私に影響を与えてくれたひとだ。

最近はファッツと、なぜかロイCばかり聴いてる(笑、ロイC頼むから死なないでくれ)。


この記事に

開くトラックバック(0)

ああ52

土曜日のアローンワンマンライヴはおかげさまで大盛況となりました。
私のアローンでの動員記録です(笑)。
商業的成功には全く無縁の、選ばれないひとである私ですが
30周年をこのような形で迎えられ、感謝の気持ちでいっぱいです。

先週は体調の異変が続き、本番前だというのにろくな準備もできず
情けないやら焦るやらで、
前日までは色々と考えを巡らせてたんだけど
そのままの自分を見せればいいやと思い直し
当日朝、心はすっかり落ち着いていた。

お客さんが予想を上回る入りだったんで、それはビックリしたけど(笑)。

 1、今はこんな季節
 2、パレード
 3、つばめ
 4、かくれる
 5、Lake Placid Blue
 6、パシージョ
 7、十のうち九は
 8、抱えたまま踊れ
 9、選ばれないひと〜ハイテンションマン
10、雨のち晴男
11、風の葉
12、オルタネイトソウル
13、青い河〜LY
14、翡翠
15、生きるために歌う
16、ゆっくり
17、誰もいない船

18(アンコール)、ここに居る〜おわりはじまり

・・・お金のためではない、じゃあ趣味なのか
そうではないというと嗤われる。
生きることは食うことか、それは確かに大切なこと。
だけどそれだけじゃない。
だから生き方で闘うしかなかった。
仲間内で盛り上がればいいって音は出してない。
聴く人が聞けばそれは解るが
解る人が解ればいいなんて言い訳もしない。
・・・こんなんじゃ勝ち目はないよね(苦笑)
でもそれで三十数年続けてきたんだ。

闘いはこれからも続くんだなぁ。
死んだらそこで負け。
多分勝つことはない。
それでもいいんだ、きっと。
音楽をやってる時は、私は確実に生きてるのだから。

こんなバカに付き合ってくれて、本当にありがとう。


この記事に

開くトラックバック(0)

一週間後に

迫ってきた。

坂井ライ ワンマンライヴ

10月21日(土) 高円寺アローン
19時半スタート
¥2000+ドリンク

・・・人それぞれ、何かしら抱えている。
だから背景も理由もどうだっていい。
ただその瞬間の生を、魂を燃やすのみ。

どうかそれを見て聴いて、感じてほしい。

イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事