ここから本文です
何とかやっております(笑)
先月末、カーラ・ボノフを観に行った。
ビルボードのニュースメールで、数ヶ月前から来るのは知ってたが
実はライヴ前日くらいまで行くかどうか迷っていたのだ。

それまでもたびたびビルボードに来ていたけど、
ああ、まだ元気で歌っているんだなぁと嬉しい気持ちになりながらも
行こうという気にはなれなかった。
それが今回はなぜかとても気にかかって仕方がなかった。

30年ぶりにスタジオ新作を完成させ、
それをビルボードで先行発売するという追加情報が
会場に足を運ばせる決め手となったんだが
結果的に行って良かった、本当に良かった。

カーラの歌を初めて聴いたのは中学2年か3年だったかな。
彼女のセカンドアルバムが日本でもヒットして、
ラジオで聴き一発で気に入った"涙に染めて(Trouble Again)"のシングル盤を買って
そのあとLPも買った。
自分の小遣いでレコードを買うというのは大変なことだったので
考えに考え抜いて、選んだレコードは宝物で
一枚一枚本当に大切に聴いていた。
カーラ・ボノフのファーストとセカンドはまさにそんなレコードだった。
いまだにこの2枚は大好き。

高校生になって、ようやく彼女の3枚目が出た。
発売日に早速買い針を落としたが、私の思っていた彼女ではなかった。
そんなはずはない、と何度も何度も聴いたけど
過去の2枚のように好きにはなれなかった。
それでもまあ、こういう時もあるだろうと
次に期待だ、と気を取り直したが
それから彼女は6年も沈黙してしまった。

この6年は長かった。
カーラや、彼女が居た音楽世界よりもっと魅力的に思える音楽を
次から次へと聴いて吸収して、
いつの間にか私にとっては過去の人になってしまっていた。

そしてその6年ぶりの4枚目もさらに失望を深めるだけだった。
良い曲だなぁと思える曲は前作より多くあったが
サウンドが酷すぎた。
この時代、私の好きだった人達が出した作品のほとんどが
特にサウンド面で最悪なのばっかりだったから
決してカーラのせいとかじゃないんだけど、
これ以降、ほとんど興味を失ってしまった。

なのでビルボードに数年おきに来るようになったこと以外は
全く情報が更新されない状態でライヴに臨んだのだが
驚くほど彼女の歌声も印象も私が好きだった頃のカーラのままだった。

変わって行く時代の中で、変わらないことの凄さを
か細く柔らかい印象の彼女が
表面的にはあくまでもさり気ないが、しかし強靭な意志の下、証明してみせた。
私の心は激しく揺さぶられた。

新作も素晴らしかった。
それまでの作品の吹き込み直しがほとんどで、3曲が初録音。
うち2曲はジャクソン・ブラウンとケニー・エドワーズのカヴァーだから
自作の新曲は1曲のみだが、後ろ向きな感じは全くしない。
前述の4枚目から4曲選ばれているが、見違えるような出来で
あらためて曲の良さに舌を巻いた。

歌声も素晴らしい。
元々技術や声量で勝負するタイプではないし
キャリアを重ねたからといって崩して歌うようなことはせず、
長く厳しい時代を通り抜けてきたにもかかわらず
擦れっからした様子は皆無で、
瑞々しさは保ちつつ、今だからこその表現もしっかりある。
いやあ、40年ぶりに惚れ直してしまったわ(苦笑)。

この1ヶ月ほど、失われた30年を取り戻すべく
カーラのレコードを聴き直し、また知らなかった作品も入手したが
高校の時失望した3枚目は今聴くとそんなに悪くないな(笑)。
あの時は全然合ってないと思ったソウルへの接近(AOR的なアプローチ)も
彼女なりの工夫なり苦悩なりが
ソウル聴きまくって何周か回った耳には良く聞こえてきた。
そうそう、あのアルバムでポール・ケリーの名前を覚えたんだった(笑)。

4枚目はやっぱり今聴いてもサウンドはダメだな。
"All My Life"はリンダ・ロンシュタット&アーロン・ネヴィルの方がずっと好きだったけど、新作聴いたらやっぱりカーラが最高(笑)。

ブリンドルの再結成、2枚のアルバムなんかは完全に聴き逃してたけど
これは勿体なかった。どちらもいい。

ケニー・エドワーズが生きてる間に一回ライヴも行きたかったな。

ともあれ、カーラはずっと変わらず歌い続けている。
それが何より嬉しい。

イメージ 1




この記事に

開くトラックバック(0)

ライヴがいつの間にか翌週に迫ってた(汗)。

9月24日(月/振休) 高円寺 アローン
19時開場 / 19時半開演 2〜3組出演予定
¥1500+ドリンク

・・・ここ数週間は体調がイマイチだったからか
外に発するエネルギーが不足してたかな。
内的には決してダウンしてたわけじゃないんだけど。

本番に向け集中していこう。


んで、来月が年に一回のワンマンライヴ。

10月21日(日) 高円寺 アローン
19時開場 / 19時半開演
¥2000+ドリンク

イメージ 1

よろしく!

この記事に

開くトラックバック(0)

腰痛は何とか

昨日のアローンライヴ、ありがとうございました。
先週のアピアライヴとはまた違った緊張感と心持ちで
良い夜になったと思います。

1、日没
2、一年後
3、雨のち晴男
4、セメント
5、届いたか まだか
6、一夢

7(アンコール)、おわり はじまり

・・・腰の具合は七割方治ってきた。
声は何とか持ったが、結構ヒヤヒヤものだったかも。
それでも、心をしっかりと込められたから。

朝帰りにならずに帰ってこれたけど、
今日はちょっと疲労が取れなくて外には出られず。
まあ、何とか今回も生きて戻ってこられた(笑)。

また頑張ろう。

この記事に

開くトラックバック(0)

開くトラックバック(0)

昨日のアピアライヴ、ありがとうございました。
とても良い夜になりました。
 

朝起きたら、腰が痛くて起きられず
二度寝(失神?)を経て2時間ほどかけてようやく起き上がり
ライヴ当日にこんなことにならなくても・・・と
我が身の不運を嘆きながら(苦笑)
幸いどうしようもない痛みではなかったので
気合いを入れ直し、ライヴに臨んだ。

1、パシージョ
2、かなしいひと
3、抱えたまま踊れ
4、翡翠
5、悪夢が去った日
6、一夢
7、Funky Funky

・・・初めて会えた人も居た。
会う前に帰ってしまった人も居た。
私は精一杯のパフォーマンスで、色んな感情を放った。
受け取ってもらえたなら嬉しい。


次は今度の日曜日、
8月19日(日) 高円寺 アローン
19時半開演 3組出演
¥1500+ドリンク

腰を少しでも治して臨みたい。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事