Four Seasons Railway Photographs

四季を駆け抜ける鉄道風景を撮ってます。お友達、ファン(お気に入り)登録される前にプロフィールを熟読して下さい。

相鉄

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

【相鉄】赤-赤-黄-赤

桜ネタはこれからだけど、昨日、所用で横浜に行くときにかしわ台駅で偶然にもモヤがやってきたのでカメラを取り出し撮影。
イメージ 1
撮影後に気付いたのだけど、奥から7000形、8000形のオリジナル塗装、モヤ、9000形のオリジナル塗装という並びに。

車両のほとんどが新コーポレートカラーの「青+オレンジ」になり、従来の赤帯車両が数えるほどしかないだけに、貴重なワンシーンとなったのではないかと思います。


今後の活動の糧にしていきたいと思いますので、よかったら下の文字をそれぞれクリックして頂けると幸いです。


茜雪に映える相鉄

2/14(金)の大雪で雪掻きを早めに終えたら沿線へ・・・なんて考えてたけど、土曜はほぼ終日、日曜も午後2時くらいまでかかってしまったので、腹ごなしをして散歩がてら相鉄撮りに。
 
散歩とはいえ、雲ひとつないヌケの良い空だけに西日と一緒に狙えるかも・・・と考え。
 
ここは墓地の脇で畑の土色が目立つところだけに普段ならあまりいい画にならないところだけど、白一面になったことで夕陽が雪を茜色に染めると同時に11000形のメタリックボディを輝かせてしてくれました。
イメージ 1
 
10分後の10000形は柵と前照灯の位置が重なってしまい…。
イメージ 2
 
さらに10分後の11000形は陽が陰る直前(既に築堤は陰ってる)だったけど、輝く色合いはとても美しく。
イメージ 3
 
陽が見えなくなった10分後の8000形は暮れなずむ空を反射して。
イメージ 4
 
その10分後は7000形オリジナル塗装で。
イメージ 5
 
これ以上は茜色が反射しないと判断し、ここで撮影終了。
 
延べ2時間ちょっとの散歩でしたが、いい画を収めることができたので良かったです。
 
 
今後の活動の糧にしていきたいと思いますので、よかったら下の文字をそれぞれクリックして頂けると幸いです。
 
 

夜吹雪を往く相鉄

 
構内跨線橋からかしわ台駅に進入してくるところを流し撮り。
イメージ 1
オリジナル塗装の9000形の車内から漏れた灯りがいい具合に雪のレフ版効果を高めてくれました。
 
この4分前には11000形だったけど、LEDの車内照明から漏れる光は蛍光灯に比べ少ないよう。
イメージ 2
 
9000形の後は20分近く間隔が開いて・・・来たのは7000形オリジナル塗装でした。
イメージ 3
 
せっかくなのでホームでも。
イメージ 4
もう車掌の立ち位置も雪で埋もれてしまいました。
 
海老名で折り返してきた9000形を再撮影。
イメージ 5
 
これにて撮影終了。
 
ふだんなら、ここから徒歩25分くらいで帰れるのだけど、膝丈まで積もった雪で倍近くかかりました。
 
 
今後の活動の糧にしていきたいと思いますので、よかったら下の文字をそれぞれクリックして頂けると幸いです。
 
 

吹雪く相鉄かしわ台駅

江ノ電撮影から帰途に就き、藤沢→大和経由で相鉄に乗ると、想像してた以上の雪が積もってるので、徒歩で帰宅可能な範囲のかしわ台で下車して再撮影。
 
まずはホームに入ってくるところを流し撮り。
イメージ 1
 
もう雪掻きするのは諦めてしまったのか、上下線ともホームは雪で真っ白。
イメージ 2
 
車掌の場所だけかろうじて?雪を避けてあるようだけど、画のようにずっと地吹雪状態。
イメージ 3
 
構内跨線橋から。
イメージ 4
2番線は雪で埋もれてしまって。。。ふだんはこんな感じ。
 
上りホーム側
イメージ 5
 
乗車できる列車ができても乗客は誰もいませんでした。
イメージ 6

今後の活動の糧にしていきたいと思いますので、よかったら下の文字をそれぞれクリックして頂けると幸いです。
 
 

雪晴れの相鉄線

昨日は朝から雪掻き。日なたで30cm強、日陰は40cm以上、吹き溜まりは腰高くらいまであったので子供と一緒にしても昼過ぎまでかかり、最後は長袖一枚になるほど汗をかいてました。
 
午後はフリーになったので小田急の西側沿線に・・・と考えたものの、西の空の雲が大きくなりはじめていたので徒歩で行ける相鉄沿線へ。
 
目久尻川にかかる橋の脇から7000形と8000形のオリジナル塗装を。
イメージ 1
 
イメージ 2
 
右へつながる道端から9000形オリジナル塗装。
イメージ 3
 
川の遊歩道から7000形と9000形。
イメージ 4
 
イメージ 5
新塗装もいろいろ撮ったけど、雪景色にはあまり映えないみたい。。。
 
9000形撮影後に陽が雲に入ってしまったので、反対側でバリアングルを活かしローアングルで。
イメージ 6
これで撤収し帰宅。しかし、途中でレンズキャップを落としたようで探しに。
 
きっと近くにあるだろうと安易な思いだったけど、結果、ローアングルを写したところのそば(徒歩で約30分)の雪の上にあり。。。(普段なら落としたら音がして気付くのだけど、雪の上に落ちたので全く聞こえなかった。)
 
レンズキャップを見つけたときに9000形のオリジナル塗装が下っていったので、10分待って上りを農道から。(往復で1時間ちょっとかかってたので、タイミングた良かったみたい。)
イメージ 7
 
なんだかんだで撮影場所と2往復+αで3時間近く歩いたことになってました。
 
 
今後の活動の糧にしていきたいと思いますので、よかったら下の文字をそれぞれクリックして頂けると幸いです。
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事