全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全137ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

到着しましたよ〜ん!

これ、待ってました。
イメージ 1
ICMよ、私のB17を見ていたのか!
てなわけで、タイムリーなフィギュアーがリリースされました。
ICMでは1/32の飛行機は出していないのに実にグッドタイミングでした。 うれぴ〜♪
で、M32微速前進です。
イメージ 2
黒い砲身部分がアルミパイプです。
イメージ 3
固定してないので取り外し自由です。
実写でも、作業の邪魔になるのか外してるのを見かけます。
細かいパーツも多く、面倒なキットです。
イメージ 4
以前にも書きましたが、→部分はキットのままでは間口が狭くてつり上げフックが通らないので厚めのエッチングの余りで加工しています。
実車もこちらのイメージです。
手すりも細すぎてすぐ折れるので、全て真鍮線に変えています。
続く・・・。

開く コメント(10)[NEW]

開く トラックバック(0)

M32 80%

ちょうど1年前から作り始めましたが、1/32B17に半年以上費やしてしまいようやくここまで来ました。
イメージ 1
こんなに面倒だったかと、パワーがなくなってきたのを実感させられます。
イメージ 2
煙幕弾を発射させる迫撃砲は、ちょっとチープなのでアルミパイプを使ってリニューアルしてます。
イメージ 3
ワイヤーにはプラ爺が常用する帆船模型用のロープを使います。
細いのから太いのまで、それぞれ黒、茶色をストックしています。
着色なしでそのまま使えて便利ですよ。
イメージ 4
ミニストップの「コーヒーかき混ぜ棒」・・・いつも2〜3本頂いてきます。
当然、塗料のかき混ぜに使わせていただいています。

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

久しぶりの更新です。
我が家のつつじをどうぞ。
イメージ 1
今年はガッツリ咲きました。
イメージ 2
B17に半年以上手こずっていましたので、しばらく放置してました。
M32タンクリカバリーです。
ここまで進みました。
イメージ 3
操縦室周りはアカデミーから。
イメージ 4
先に作ったのはこれ。
イメージ 5
2013年12月30日に完成しました。
今回との違いは・・・。
イメージ 6
クレーンワイヤーの出口部分、旧作は幅の狭いタイプで、今回は・・・・。
イメージ 7
出口の広いタイプです。(まだ未完成です)
このキットは陸自タイプとしてキット化されてますが、WW2時の米軍でもこの2タイプが配備されていました。
続く・・・・ですが、5月9日にブログ移行の準備がヤフーから出るはずなので早速移行したいと思います。

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

ソニーα6000
イメージ 1
最近α6400というアップグレードバージョンが発売されましたので旧モデルですが、外観は全く同じで画素数も共に2400万画素です。
メーカーの説明によると中味は格段に進歩してますとのことですが、お散歩カメラで使うには充分過ぎる内容です。
共に標準ズーム付きのヨドバシ価格でα6400は12万円強・α6000は6万円強です。
ヨドバシポイントが3万円ちょっとありましたので実質3万円ちょいで買いました。
皆さんならどちらにしますか?

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

B17、完成しました。

翼端灯の塗装が残ってますが、一応完成とします。
イメージ 1
まず全体です。
イメージ 2
我ながら、よくこんなものが完成出来たなと思います。
イメージ 3
銀ギラは触ると銀が剥がれるので大変です。
イメージ 4
機首周り、もうムラムラですがOKとします。
イメージ 5
完成まで7カ月もかかってしまいました。
ふ〜っ・・・疲れました。
イメージ 6
機首のあごとテールガンはバレルの先端にマズルブレーキのようなものが付くので少し長めです。
イメージ 7
あごの連装機銃はリモートで、左右の機銃はそれぞれガンナーが操作します。
イメージ 8
左右の機銃は前後にオフセットされています。
バブル状の天測ドームが素敵です。 
夜間飛行の場合、星を見て進行方向が分かります。
イメージ 9
テールガンの窓が大きいのがG型の特徴です。
ここに貼っていたアルミテープが剥がれてしまい、引っ張り出して隙間にエポパテをすり込み、硬化後にドリルしてバレルを取り付けました。
イメージ 10
胴体下のボールガン・・先に組んでしまってプラ製バレルが抜けず、ここだけはプラ製のままです。
イメージ 11
ターレットガン、プラ製バレルはエナメルシンナーを付けながらなんとか抜けて金属バレルに替えてます。
ボールガンのバレル以外は全て金属製に替えました。
イメージ 12
胴体中央部左右の機銃も前後にオフセットになっており(G後期の特徴)ガンナーが干渉しません。
イメージ 13
この角度なら向こうの窓が見通せます。
こちら側は折れたプラバレルの残りを慎重にドリルしてうまく金属バレルが付きましたが、反対側はドリルしたとたん機銃本体が内部に落ちてしまい、ガラスを何とか外してリカバリーしました。
イメージ 14
内側エンジンの排気管は脚収納部を避けてサイドから出し、翼付け根部分で中に入り中央下部から排気してます。 (外側は初めから中央下部にまっすぐ伸びています)
イメージ 15
爆弾倉扉は外せます。
イメージ 16
まだ無人ですが予告編です。
イメージ 18
イメージ 17

開く コメント(20)

開く トラックバック(0)

全137ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事