ここから本文です
ティートのミュージック・アワワ、ワ〜(汗)・・・
ヴィバ!クラシック!果たして破産する前に手持ちのCD紹介完遂できるか?!

書庫ムジカ(私的偏見有り)メモ

すべて表示

初めに・・・クラシック音楽試聴感想や趣味のバイオリンをメインに身勝手に書いてます。
ほとんど身勝手なCDレビューですので、当たり外れや正しいことも間違いもあるかも知れませんが、
大目に見て下さいね。

トラックバックはご自由に。
けど、ブログ的に相応しくない内容のモノは削除いたします。

たまに貼り付けているリンクにて、期限切れになってるのもあります。
NAXOSの15分無料試聴体験以外のNAXOSの提供している有料コーナー類は自己責任の基でお願いします。

内容に関しても、ウイキさん系やらライナーノートを参照にしていたりします。
 
イメージ 1
 
終わりに・・・
個人的に一口メモ録
<お気に入り指揮者&オケコンビ>
フルトヴェングラー&ベルリンフィル・・・これはもうクラシック歴史上動かせないコンビでしょう。
カラヤン&ベルリンフィル・・・これはもうクラシック商業歴史上動かせないコンビでしょう。
オーマンディ&フィラデルフィア管弦楽団・・・金管のそこはかとなく綺麗な存在感。
ワルター&コロンビア交響楽団・・・人柄が出てる温かな表情。
セル&クリーブランド管弦楽団・・・人柄が出てるクールな闘魂。
ムラヴィンスキー&レニングラードフィル・・・進撃の切れ味。
<お気に入り指揮者>
プリッチャード・・・襟ずまいただす節目の活かした演奏。
サージェント・・・紳士的ながらマタギ料理のようなゴリゴリ感がたまらない。
ケーゲル・・・侮るなかれ!馬孫にも衣装クラス その1
ヘルビヒ・・・なんかさっぱり初々しく都会的
ルドルフ・アルベルト・・・知名度少ないけど澄み切った青空のような開放感
セーゲルスタム・・・侮るなかれ!馬孫にも衣装クラス その2
ファレッタ・・・ガラス質なのにダイナミックな演奏。ナクソスにしては勿体無い
ヴィト・・・土のような育みで基本を外さない演奏。ナクソスにしては良識ある
デルヴォー・・・フランスの血脈を感じさせる。
アンチェル・・・角のない音もするけど苦渋・屈折が時たま顔を出すところが好き。
 
<お気に入り弦楽器奏者>
スターン・・・バイオリン。硬質な帝王
ハイフェッツ・・・バイオリン。一糸乱れぬ達人芸
コ−ガン・・・バイオリン。動じない素晴らしさ
ヌヴー・・・バイオリン。ドイツの女性の夭折した極巧みな人
カーラ・・・バイオリン。知り合いいわく、ヌヴーにやや類型のような演奏(男だけど)。ナクソスでお目見え
M・ルートヴィヒ・・・バイオリン。ナクソスで初めて聞いたけど、好み〜。
サレルノ=ソーネンバーグ・・・バイオリン。異端Gだっていいじゃないか!なんか音楽業界に潰された感じで残念
ハーン・・・バイオリン。取り上げる曲がなかなかないセンス。ちょっと演奏のイメージが大人しくなったかなあ。
デュプレ・・・チェロ。引き潮のような吸引力がすごい。耳がぐぐっと引き込まれます。
ミュラー=ショット・・・チェロ。こちらは穏やかな波のうねりが肌を癒すように耳に心地よい。
ナヴァラ・・・チェロ。好々爺のような落ち着きを感じます。
イッサーリス・・・チェロ。確かガット弦。オールマイティーなタフな存在
 
<お気に入り四重奏団>
カルミナ四重奏団・・・いい飲みっぷりだねえ〜と惚れ惚れするような艶やかさ
ドロルツ四重奏団・・・酔いを覚ますような居住まいを正す演奏
<お気に入りピアノ奏者>
ホロヴィッツ・・・セクシーな感じ(男だけど)
ワイセンベルク・・・ケバい感じ(男だけど)
メジューエワ・・・自然体でメランコリック
ソコロフ・・・メジューエワの師匠様だけど、こちらは学識肌調で整った顔つき。
デュシャブル・・・使用していたピアノ自体にポリシー感じます(でも粗末にしちゃいけません。よい子は真似しない様に)
メルタネン・・・ALBAレーベル(知ってる?)から出てます。コラールとデュシャブルを足して2で割った感じ

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • Rシュトラウスの交響詩「英雄の生涯」。。 車のBGMで英雄の戦場のシーンを流したら、ヘアピンカーブしてアクセル踏み見込みたくなりますわ。 けど、奥方様に対する当てつけも暗に曲に込められてるとかもあり、当時 ...すべて表示すべて表示

  • スメタナといえば、我が祖国の「モルダウ」。 当然有名曲なので本来のオーケストラ音楽をアレンジしてバイオリンとピアノの曲も存在してます。 まあそんな名曲だけにこちらは「我が祖国」全曲ピアノ連弾バージョン。 4 ...すべて表示すべて表示

  • 何気に売り場を歩いていたらワゴンセールだったので手にした作品。 妖精たちの森。。 うーーーん、タイトルとマルキド・サドばりのジャケ絵とのギャップに男心がざわつきましたよ、、さすがワゴンって感じで。。。 し ...すべて表示すべて表示

ブログリンクブログリンク

更新

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事