全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

これは、スイミングコーチの森隆弘さんのスピードアップ法のプログラムです。

このプログラムを試してみたいと思います。

まずは、ここから







この記事に

過酷なトレーニングの必要もありません。ほんの少し、普段の練習メニューの一部を、私の「水泳スピードアップ・プログラム」と差し替えて頂くだけで良いのです。そうすれば、たった1ヶ月で、あなたは今よりも速く泳げるようになり、泳ぎこんでも壊れない強い身体を手に入れることができます。

『水泳スピードアップ!プログラム』には、スイマーとして『マスターズ水泳の選手から競泳選手まで』まで、4泳法共通の【コツ】はもちろん、それぞれの泳法の記録が伸びるポイントを映像と解説で分かりやすく紹介します

誰が実践しても、総合的に、そして飛躍的に結果が出るトレーニング方法を詰め込んでいます。そして『短期間でスピードアップする』だけではなく『スイマーとしての理想的な体』も手に入れることができます。

自由形で速く泳ぐためのポイントは、ストローク、ローリングと呼吸のタイミングにあります。正しい動きとタイミングを身につけて、タイムを縮めてください。そのコツをお教えします。

バタフライで力をうまく伝え、前へ進むには1ストロークごとに生じるうねりをできるだけ抑えながら、加速時のスピードを落とさずにどれだけ進めるかが重要になります。指の使い方から、太ももの使い方まで、お話します。コツを学んで練習し、自分の泳ぎにつなげてください

効率の良い腕や脚の使い方、呼吸の仕方をお教えします。そのコツを学んで、自分の泳ぎに活かしてください。これで、タイムに伸び悩むことは無くなります。

泳ぎは、10人いたら10通りの泳ぎがあります。泳ぎが伸び悩んでいるときやもっと記録を出したい、 という方に、自分にあった泳ぎ方をマスターする方法をお教えします。自分にしか出来ない泳ぎを手に入れましょう。

肩が痛くならないで泳ぐための、泳ぎ方をお教えします。痛みがあっては思うように トレーニングできませんので、是非この方法で解消してください。

「あのコーチと、こっちのコーチは教え方が違う」「あの雑誌にはこう書いてあったのに・・・」こういった、あれこれ習いすぎてしまったことによる混乱している方も非常に多いです。このDVDでは、全ての混乱がクリアになるように解説しています。

自然な流れの中で段階をつけてトレーニングしていきますので、決して頭がパニックになることはありません。各トレーニングには段階があり、その1つ1つがしっかりと結果が出るものなので、どれをとっても大きな効果を実感できると思います。


>> 水泳スピードアッププログラムのデメリットもチェック







この記事に

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事