全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
_サイクリングして居る人は サイクリング・コンピュータ(→サイコン)を使って居るケースも多いかな と思います。
 
スピード・メーター ストップ・ウオッチ 距離計 時計 カロリー計など 普通の腕時計より安くて高機能!!!
 それは兎も角 有ると便利で 更に高機能を求めてしまいます 心拍計 ペダル(本来はクランク)回転計 判り易く車で云うと エンジン回転計 シャフトの回転計 中には ナビ機能を搭載したものも...
 こんな機能を実現する幾つものセンサーやサイコンには 電池 それも 一円玉の様なコイン形リチウム電池を使う事が多いのです。
 電池ですから 消耗するので リミットを下回ったら 交換か 充電式で有れば 充電しなければ成りません。
 
サイコンやセンサーは雨でも使われるし 中には 体に密着させるので汗まみれ状態が常用と云うハードなモノも有ります。
 それが
 
心拍センサーと云うモノで 防水です、なので 電池交換には苦労します。
 僕の場合 サイコンはパイオニアですが 
心拍センサーはガーミンと云うアメリカのメーカーのモノです、勿論 日本向け仕様が有るので 英語が堪能な必要は皆無です。
 さて 
ガーミンの心拍センサー この前の電池交換が '13.03.15. 何と 1,798 日経過 毎日は使って居ないけど 記録に落ちが有るかも知れない でも 記録が無いし 自信は無いけど 交換した記憶も無い。
 この
心拍センサー 肌に付ける感じも非常に良くて Po社や CT社などとは天地の差 でも 価格はリーズナブル なので 消費電力も超優秀かも...
 尚 電池交換が気に成る方に御知らせしますが この
センサーの使用ネジには添付の写真の様に専用道具が必要でした。

イメージ 1

競技用マシン


_下町ボブスレーネットワークプロジェクトが 色々と話題に上がって居る様です

 でも 真実は一つ → 勝てるマシンで有れば 勝ちたいチームが向こうから来る

 オリンピックやワールドカップで勝てるマシンを創って下さい、かつての F1エンジンやロータリーエンジンの様に!!!

 <此処は ウインタースポーツやモータースポーツの場では無いけど 日の丸・競技用マシンと聞いて トップに成って欲しいので...>

埼玉県内では

_この4月から埼玉県内では自転車保険の加入が義務付けられると小耳に挿みました。
 中でも 県内居住者だけでなく 県内を自転車で通行する人間にも全て適用されるとの事で 罰則は無いらしいけど もし 事故を起こした場合 警察の対応が不明なのが チョットですね。
 相手側に かなりの責任が有る事故でも 重傷とか死亡事故だと こちらが保険未加入と云う事実を警察が知ったら どう出るか?
 ブタ箱に留置され一晩...なんて 自転車事故で埼玉県まで弁護士が来てくれるかな?

Rapha 500 2017 ワッペン

_今夕 ポストにシックでクールな郵便物が有った
 昨年の末にチャレンジした Rapha 500 2017 のワッペンが到着したらしい

イメージ 1


 写真の右下が 2017 のワッペンで その上のマットブラックが郵送に使われたアウタージャケット その他は 2015 のワッペン他
 
Rapha のグッズは センスの良いデザインで好きだけど 高価なので 年金生活者には手が届かない
 ロードバイクのウエアとしては あまた有るトンデモないモノ(出鱈目にシールがベタベタ貼られた
冷蔵庫モドキ)から何歩も抜きんでて居るけど 残念ながら 大人し過ぎるのが 寂しい
 2015と2017しか参加して居ないけど 郵送に関わるマテリアルのデザインは 尖っているけどシックなデザインで 非常に
Excellent !!!
 こんな感じのウエアだったら 無理して大枚を費やすのだけど その内 出現しないものか
 
Rapha に関わって居るデザイナーの皆さん 御願いします 
_凍えたり濡れたり車にタックルされる事なくトレーニングが出来る上
に 良く出来たグラフィックで ペダリングしながら解析が出来るスポ
ットへ 一昨日 行って来ました。
_仕事や用事の帰り ジャージ・パンツ・シューズだけ携えて居れば 
バイクがフリー提供なので バイク通勤が×な為 休日しかライドでき
ない人には ストレスを思う存分に発散できるスポットでした。
_何しろ バイクもトレーニング設備も全て用意されて居るので 地域
は限定され 東京は 概ね山手線の廻り位に勤務とか そのスポットま
で楽に往復できる方にしか 参考に成りません _(uu)_
_さて 此処へ行くキッカケは この冬の寒さです、毎年 秋が終わる
頃に成ると グローブ・シューズ・ウエアの冬支度に掛かりますが い
つも これで良いのかな?と悩みます。
_冬が 予報より暖かければ 特段 問題は生じないのですが 今年の
様に寒いと 悩みは尽きません。
_12月の最終週には恒例の Rapha 500 が有ったので 何とか寒さ
を堪えて走りましたが 新年を迎えオーバーホールに出してからは降雪
・積雪・残雪も有り 月間 97.3km と云う最低な新記録を出しまし
た。
_超軽量・超長時間・回生ブレーキシステム内蔵のバッテリーとソック
スやグローブに織り込まれた超コンパクト・超軽量で耐久性の有るヒー
ターが有ると良いのですが 10年以上は掛かるでしょう。
_10年経ったら もうライドから引退 或いは この世から引退して
るかも知れないので 時間が有りません。
_車のメーカーが eカーの開発にもっと力を入れ高性能なバッテリー他
を開発できれば良いのですが T社やAu社・Po社・MB社には能力不
足かも知れません。
_当てに出来ない事を考えても時間の浪費なので 別の方策を考えまし
た。
_寒さや積雪・路面凍結を考えると その様な条件下で走らない事が最
も重要です。
_と云って 海外のプロ・チームの様に温暖地へ移動する事は 時間だ
けはタップリ有るものの その他(特に資金)は皆無なので 不可能で
す。
_なので 室内で走行と同じ様な状況を作り出すしか有りません、と云
う訳で ローラー台でのトレーニングと成るのですが 生憎 住まいが
築後30数年のマンション最上階です。
_URの分譲マンションでは有りますが 何せ年数が年数なので 設計
・資材・諸々が低性能で ローラー台を回して 我が家内は勿論 階下
の住民の方々からの抗議の嵐を惹起せずに済ませる事は不可能です。
_そんな訳で ローラー台トレーニングを実行できる施設を探しました
が 競輪場を根拠地とする有志の会に入れて貰う方法が有るものの 基
本は競輪選手の発掘・養成がメインなので オーバー70の老体がノコ
ノコ出掛けても追い返されるのが落ちみたいです。
_施設と云えば 地方公共団体の体育施設や民間のスポーツクラブには
サイクルマシンが概ね有りますが サイクルとは云ってもペダルが有る
からサイクルと呼べる様な代物で ランニングなどのマシンを利用する
前のウォーミングアップのツールでしか有りません。
_何故か サイコンのメーカー製マシンも有りますが 発注者がサイク
リストでは無くママチャリに蟹股でユラユラ乗る体育会上がりばかりで
すから どうしてもジオメトリー他はママチャリと成ります。
_メーカーにしても 使用者よりも購入対象に成る事が大事なので 要
は売れなければ 始まりません。
_行き詰まって 筋トレのジムでもさがそうかと ネットを彷徨って居
る内に 或るスポットに出会いました。
_簡単に云うと マラソンランナーがスポーツ・ジムでランニング・マ
シンを利用する様に ロードバイク乗りが或るスポットでローラー台を
利用すると云う仕組みです。
_なので スポーツ・ジムでインストラクターの説明や指導に従わなけ
れば成らない様に このスポットでもローラー台にセットされたバイク
を勝手に使う事は出来ません。
_と云うか バイクにセットされたセンサーを起動して 正面のモニタ
にパワーやペダリング要素を表示させないと 使いこなせないパワーメ
ーターを装備したバイク乗りと同じ有様に成ります。
_でも 少し不自由は有るものの ここのシステムは優れものと自分に
は感じられました。
_特に ペダリング効率の表現で 数値は当たり前ですが グラフィッ
クが秀逸です。
_実際の走行では無いので バイクの前に設置されたモニタに好きなだ
け注目できるし P社のパワーメーターのペダリング効率の表現とは異
なったロジックと表現設計なので ペダルを回して居て面白くて役に
立つシステムです。
_そして 付きっ切りではないものの 店長さん(?)が各個人のトレ
ーニングの流れを把握して呉れるので 無駄の無いトレーニングが出来
ます。
_場所が 現在 工事真っ最中の国立競技場の近くで 日時が月火水木
(金曜休み)の14:00〜23:00 と土日祝の11:00〜20:00なので近く
に勤務して居たり立ち寄った人が帰宅途中にトレーニングするには最適
では と思いました。
_少し お金は掛かるけれど 呑み会を少しセーブしたり 節約しまし
ょう、でも 若い人はデート代を切り詰めてはイケマセン!
_ともあれ パワーメーターで実走行中にデータ・チェックするのは凄
く難しいし 寒くて足や手の指先が凍傷もどきに成る事も無く お馬鹿
やおボケの車に跳ねられる危険も全く無いのが 何よりです、死んでは
元も子も有りませんから...
_尚 質問の有る方は 此処にはQ&Aの場所が無いので 「オサウム
」で検索の上 コメントを入れて下さい、では♪

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事