全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

乗鞍_140906

_第29回全日本マウンテンサイクリングin乗鞍のカテゴリーGに参加したレポをアップします。

_「9月始めのイベント・レポが11月始めに...?」と不思議に思われるでしょうが 遅れた理由は後ほど... <(^^)_

_さて 参加に至った経緯ですが サイクル・ショップのサイクリングで常連の方に誘われ 3月の下旬にエントリーした処 ラッキーにもパスしました。

_経験者が同行されるので 委細は御任せし 中央高速の談合坂SAで合流の上 前日の午後には 金山ヒュッテにチェックインし その足で歩いて直ぐの受付へ赴き キットと記念品を受け取りました。

_その金山ヒュッテの夕飯は 盛り沢山のメニューで ガッツリ食べ かつ 大いに呑みました。

_翌朝 目を覚ました時に「少し呑みすぎたかなー」と感じたほど呑んで仕舞いました。

_決して 呑みがタイムに影響したとは云いたくないのですが 同行された内の御一人は ヒルクライムでは いつも 僕を置き去りにして居るのですが 今回は僕を下回るほど低調でした。

_ところで 当日の朝ですが 前夜は強い風を伴った雨も小降りに成り 金山ヒュッテからスタートラインへ向かう頃には止み 霧に包まれる状況と成りました。

_只 ゴール付近の気象状況が悪く 安全を確保する為に 少し下のポイントへゴールが移動し 標高と距離が下記の様に変更されました。  

__スタート地点  標高 1,460m
__変更ゴール地点 標高 2,640m 標高差 1,180m 減 80m
__当初ゴール地点 標高 2,720m 標高差 1,260m

__距離   19.1km 減 1.4km
__当初距離 20.5km

_スタート地点から10km辺りまではビッショリ濡れて居た路面でしたが 時折の薄日に依って徐々に乾き 渦巻く霧(雲)を抜け出た頃には 強烈な日光が射して来ました。

_前半 雲に蔽われ ほど良いクーリング状態で有った為か 体力のロスも最小限だったので 強烈な日光や暑さに苦しむ事も無く 底抜けの青空と雪渓さらには遥か遠くの山々から成る絶景を楽しむ事が出来ました。

_急変する天候で 主催する関係者の方々にとっては 非常に大変な作業の連続で有ったとは思いますが 当初のゴールポイントでも良かったのかな との思いも有りました。

_尚 肝心のタイムですが 1時間38分28秒377でした。

_CPで止まって飲んだドリンクとかロー(28T)で回す時間を掛け過ぎたと云う反省は有りますが 初体験の乗鞍ですから 良しとします。

_それと 後日 発表されたリザルトを見ると LEGONの方々は多くの方々が速いですね。

_それに引き換え WCC・OBは チョットと云う状況で DCC・OBと比べても見劣りする残念な結果でした。

_それに引き換え ワンダーサイクリングOBは記録も人数も立派で 特にNo.137氏やNo.4245さんはリスペクトものですね。

_やはり 当クラブは 半世紀前の改革が実行されて居れば 旧態依然の思想から脱却し 大いなる発展も有ったのでしょうが 今と成っては 如何ともし難い処です。

_かく成る上は 若い世代のOBに期待したいと思います、少なくとも No.4245さんに負けないタイムで登って貰いたいものです。

_ところで 乗鞍ですが 富士スバルラインより標高は高い様ですが 走り易いと云うか人にとって優しいと思いました。

_スバルラインは 車の為に切り開いた つまり 車を念頭に置いた設計と思いますが 乗鞍は 登山道から車道に成った 言い換えれば 生物が登る道をルーツとして居ると思われるのです。

_今回 初めてヒルクライムを体験しましたが 多額の出費を伴って山を登るのは釈然としないので 次回は カテゴリーHに成ったら 参加します。

_何せ 参加料が8千円も掛かり 宿泊費や高速料金も併せると 平日の富士スバルラインで有れば 何回も登れるのです。

_尚 富士スバルラインは お金を払って登った事が有りません。 

_と云う訳で カテゴリーHへエントリーできるまでは 練習を重ね 1時間35分の力を付けたいと思います。

_最後に レポのアップが遅れた理由ですが このブログへ掲載する「画像」に有りました。

_今回のイベントでは 公式フォトサービスとして 株式会社サイクリックが撮影し頒布して居ます。

_しかしながら 2L判サイズが2千円 送料・他が5百円は 「高ーい!!!」としか云えません。

_例えば このブログで 先に掲載した「川崎マリンエンデューロ_140629」の場合だと 株式会社フォトクリエイトは 2L判サイズが1千6百円少々 送料が4百円少々です。

_更に ダウンロードデータセット購入オプションは8百円少々ですが 株式会社サイクリックのデータは1枚4千円もします。

_確かに 乗鞍と川崎では 経費も大幅に違うとは思いますが 株式会社サイクリックの提供する画像は品質が低すぎます。

_これでは 誰もフォトサービスを利用しないと思いますし 特に若い人には非常に手を出し難い状況と思われます。

_因みに 境川や多摩川でカワセミを撮るシニア・アマチュア・カメラマンの方が もっと速くて高画素のカメラを使い 素晴らしいショットを生み出して居ます。

_尚 今回の公式フォトサービスに満足できなかったので テレビのNHK・BS1やフジテレビONEを録画したのですが 残念ながら 特定の人に偏った取材で 残念な結果でした。

_そこで 今回の主催者で有るJCAには 競争原理を導入して より良いフォトサービス提供を実現する様 努力して欲しい処です。

_更には 沖縄から北海道まで4千人超が参加するイベントの実施者として 全ての面において 相応しい水準を考えて戴きたいものです、では♪


イメージ 1

_3時間・ロード・チームのカテゴリーに サイクル・ショップのサイクリングで常連の方とペアで参加しました。

_天気が心配だったものの 受付や試走の時間帯には厚い雲に覆われて居た空が 後半には強い日差しと成りました。

_なので 濡れた路面に依る落車は発生せず とは云うものの その他の要因に依る落車は有りましたが 無事に完走できました。

_ヘルメットの装着が全く出鱈目な輩や 左側走行の出来ない人 コーナーでアウト・イン・アウトを実行できない人やイン側のペダルを上げない処かクランクを回し続ける人 更には Uターン・コーナーでボトルを補給すると云う失格行為を行う顰蹙なグループなどが居たので 安全を第一に走りました。

_結果 3時間チーム・カテゴリーでは真中 総合でも真中より前 平均速度は33km/h超で 僕らよりも早いベストラップのチームが後に4チームも居たので 安定した走行が出来たのでは と思って居ます。

_エンデューロとしては短い3時間ですが 狭いエリアでのショートでタイトな周回コースなので マアマアでしょう。

_ラップチャートが未だ届かないので 詳しく分析できませんが 周回エンデューロで不安定なラップを刻む走行は拙い戦術だと思います。

_それは さて置き 信号や徐行に依るストップやスローダウンに また サイクリストを敵視するドライバーにも煩わされず クローズドされたサーキットでノビノビとペダルを回す事が出来て ストレスを発散する事が出来ました。

_費用が掛かるものの 近場で 宿泊の手間も掛からず 快適なサイクリングを楽しめました。

_出来れば 写真が もう少し安いと フォームの分析に 何枚も買えるのですが...では♪

      
イメージ 1
                                                  イメージ 2














  イメージ 3
























イメージ 4


_昨日 久し振りに Cサイクル・サイクリング熟年メンバーとのサイ
クリングを楽しみました。

_向かったのは 神奈川・西部・山間部で 小田原厚木道路沿いを小田
原方面へ走り 平塚東IC入口で西へ右折し 東海大湘南キャンパスを
右に見ながら62号線を走り 708号線を経由して 篠窪入口交差点
から77号線で東名高速に沿って坂を登り 矢頭橋交差点で右折し 東
名をオーバーしたら 左折すると 「いこいの村あしがら」へのアプロ
ーチ路です。

_「いこいの村あしがら」の直ぐ西に絶景ポイントが有ります。

イメージ 1
_言葉で説明しても とても 実際の印象を表現できないので 現地へ
行かれる事を御奨めします。

_絶景を堪能してから 平塚で美味しいタンメンを食し 境川CRを経
由して帰宅しました。

_尚 このタンメン 麺も美味しいのですが 僕的に『一番』は スー

プです。
_連休の昼時と云う稼ぎ時に長居をしては 御店に悪いので どの様な
薬味を使って居るのか 聞きそびれましたが 柚子などを効かしたと思
われる酸味のスープがロングでアップダウンを経て来た身には凄く沁み
ました、では♪

境川CR現況_140308

1.東俣野エリア路肩(一部)整備

_少し古い情報ですが 飯田牧場の東エリアなので西俣野に成ると思わ
れるエリアで施された路肩の整備に付いて報告します。

_403号線をアンダーパスして南下すると俣野小学校の東を通る名前
を知らない川が境川と合流するポイントが有ります。

_この合流ポイント辺りから 南に有る青い橋の辺りまでの路肩が整備
されました。

_草が生い茂ると 道幅が非常に狭く成り 危険でしたが 東側だけで
は有りますが 幾らかは 解消されると思われます。

_今年の梅雨から夏場に成れば 本当の効果が確認できるでしょう。

イメージ 1
イメージ 2

2.飯田牧場アプローチ道路路面整備

_2月3日に走った時には確か そして 1月20日に走った時には確
実に行われて居なかった路面の整備が施されて居たので 報告します。

_場所は 境川CRそのものでは無く CRと一般道路を結ぶ道路です
が 境川CRと云えば「飯田牧場」でしょうから 広い意味での境川C
Rでしょう。

_飯田牧場は 御存知の様に 403号線をアンダーパスするCRの手
前か先で 分岐路に入り 403号線を西へ行きますね。

_その分岐路の路面が整備されたので 非常に走りやすく 歩行者の人
にとっても歩きやすく成りました。

_一つだけ懸念が有るとすれば 分岐路からCRへ入るバイクやランナ
ー そして 歩行者の一時停止励行です。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

3.通行止

_大雪の前には確か無かった通行止です。

_町田近辺では 鶴間橋から南の東側が以前から大規模な護岸工事の為
に通行止が実施されて居ますね。

_今回 報告する通行止は 小規模なので 今月末までです。

_場所は 木曽中学校から北へ行った根岸1−1付近から 町田街道の
根岸と57号線淵野辺本町二丁目を結ぶ道路とクロスする橋の袂までの
東側です。

_迂回路は 直ぐ東側の住宅街の中を通る一般路で 抜けると CRに
直ぐ繋がるので 迷う事は無いと思います、では♪

イメージ 6
_今日は雪...それも 何年か振りの大雪

_見越して 昨日は 走って来ました。

_アルファでは無く マドンで...です。

_アルファは 今 いつもの工房(モストロコルサ)で治療中です。
_実は 今週始め頃 水温計の針が 突然 120℃に上がったと思う
と 次の瞬間には平常(90℃)に戻ると云う現象が起きました。
_丁寧なアクセルワークで水温計を視界の片隅に置きながら走ると 加
速時に針が上がり アクセルオフで針が下がり 更には アイドリング
で不安定な瞬間が有ります。
_昨年6月に車検を済ませてから クーラントとエンジンオイルには余
り注意を払って居ませんでした。
_チェックすると リザーバ・タンクが空で オイルゲージは Mini ラ
インを下回って居ます。
_そこで いつもの工房へ点検依頼のメールを送り この水曜(5日)
に出掛けました。
_工房へ着き 早速のリフトアップでラジエータ廻りを見て貰うと 左
右の下部にクーラントが滲んで居ました。
_この処の寒さでプラパーツがアウトに成ったのでは...と云う診断
で 即入院と成りました。
_もう 113,000km 超 満11年を経過して居るので 経年劣化も致し
方ない と云った処でしょうか。

_アルファは そんな状況で こんな天候の為 日がなネットサーフィ
ン(旧い!)して居たら 思い掛けない場面に遭遇しました。

_以下のサイトでの事です。
__http://www.nhk.or.jp/charida/award/charider_cup_4.html
__
_このブログを御覧の方には御存知の画像ですが まさかアップされる
とは思わず 気軽に投稿したので ビックリして居ます。

_このサイトでは募集されて居ませんが 昨年のTDFで新城くんや
Contador を応援する自分が写って居た J SPORTS の録画画像を いつ
か どこかへ 投稿したいなー と密かに企んで居ます、では♪

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事