自由時間

庭に黄色い蝶が飛びはじめました。もうすぐ春ですね♪

全体表示

[ リスト ]

本【江戸庶民の娯楽】

イメージ 1

【江戸庶民の娯楽〜図説江戸〈5〉】
 監 修:竹内 誠
 出版社: 学習研究社 / 2003年 / 127頁
  江戸で人気のあった歌舞伎役者、両国・浅草が盛り場だった理由、春夏秋冬の行楽など、
    娯楽・趣味・遊びを、数多くの図版で紹介する江戸庶民の娯楽百科。
   「江戸を歩く」両国編も収録。 

芸能(歌舞伎、芝居小屋、芝居見物、相撲、寄席、見世物、吉原、お座敷遊び、習い事)
行楽(旅行ブーム、旅行の手続き、旅と旅行道具、開帳、富士講、春・夏・秋・冬の行楽)
遊び(祭、女性の遊び、子供の遊び、園芸、富くじ、室内ゲーム、ペット、武道)
出版(出版の歴史、江戸の本屋、俳諧・川柳・狂歌)

4章にわけて、江戸庶民の娯楽が描かれている。
といっても、堅苦しい本ではなくて、頁のほとんどは写真。
当時の絵・文・道具など今も残っている史料が大きな写真で載っている。
解説も程よく詳しく面白い。

時代劇が好きなので、へぇ〜これはこういうことやったんか〜(・o・)!
とつぶやきながら読みました。読むというより見るという感じですね。
見応えのある本でした♪。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

面白そうな本ですね!!!江戸時代は出女は厳しくチェックされていたから女の旅は夢のまた夢かな・・・

2007/8/1(水) 午後 5:46 tiy*ko_*_*62000 返信する

osigebaaさん♪。すごく面白かったです!。
女性は江戸から出ずに遊ぶしかなかったんですね…。
徒歩の旅ってところで、私には夢のまた夢です(笑)。

2007/8/1(水) 午後 8:37 m_a**mimiga*e 返信する

顔アイコン

江戸時代に庶民の娯楽は結構ありますね。再認識しました。
旅行は自分の足で歩いて行くので大変だったでしょうね。当時は、一生に一度のお伊勢参りが念願だったようですね。

2007/8/2(木) 午後 10:12 [ いけごん ] 返信する

いけごんさん♪。私もこの本を見て、こんなに遊びがあったのか(・o・)と驚きました。しかもどれも面白そうです!。
それにしても江戸からお伊勢さんまでって、途方もなく遠いですね…。でも当時の人は楽しく旅をしてそうです♪♪

2007/8/2(木) 午後 10:36 m_a**mimiga*e 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事