イケチャンの今日こそ爆釣だー!?

三重、福井方面の船釣り、海上釣堀、釣行記などhttp://www.ric.hi-ho.ne.jp/bakutyou/

使えねー奴

大阪の地震で、我が家の備えをチェックしてみした。
イメージ 1
非常食は、すべて期限切れでございます。(^^ゞ
手回し充電たまごも、ラジオやライトとしては使えるものの、アダプターが昔の携帯電話用で、スマホや今のガラケーの充電には使いものなりません。

どっかで災害が起こらないと、その気にならない、いつも他人事。
残りの人生それで済んでいけば、こんな幸せなことはないのですが、
そんな上手く行くかなぁ…。

この記事に

開く コメント(6)[NEW]

個体差

1年ぶりに、自分で釣ったイサキを食べました。(笑)
イメージ 1
手前の2皿のお刺身は、両方とも釣った翌日の別々のイサキです。
型も38cmとほぼ同じで、外観からは違いがわかりませんでした。
さらに双方とも、同じように立派な卵が入ってました。
でも、皮を引くと全くの別物!!

右側だけをご覧ください。
イメージ 2
真っ白な脂が、ビッシリです。
最近、高額なイサキを買いましたが、それに匹敵するぐらいです。
いや、自分で釣った贔屓目をいれると、それ以上かも。(笑)

それにしても、随分個体差があるんですね。
見た目ではわからない「かくれメタボ」イサキちゃんでした。

ふと、自分のお腹を眺めながら、『怖ろしいことだなぁ・・』と。
私のは、「かくれ」ではなく、正真正銘のメタボですが・・・。(爆)

この記事に

開く コメント(14)

晴れ男復活!?

6月9日(土)  海栄丸   天気・・雨のち晴れ  中潮   5時出船11時沖上がり

イメージ 1
今回は、先週の「寝坊ドタキャン」の穴埋め釣行です。(笑)
あの日は、ピーカン&超速潮という悪条件だったようで、、私が行っていたら危なかったかもしれません。 きっと、自己防衛本能が働いたのでしょう。(爆)

かつては、自分は「晴れ男」と自認していたのですが、ここ数回はカッパを着る機会も多く、「雨男」になりつつあるかもと思ってました。ただ、イサキに関して言えば、それは好都合で、梅雨入りしたことでもあるし、「雨男」を充分堪能する予定でした。

今回は目覚まし2個で、寝坊を回避し(笑)、小雨の中、予定通り出発。
途中、土砂降りの雨になってちょっとビビるも、船付場は理想的な小雨でした。

船が接岸して釣り座のくじ引きを始めると、10人乗船とわかる。(@_@;)
片舷5人で私は右舷の真ん中。 ここなら潮の流れがどちらにきても、他人様の撒き餌の恩恵をうけるわけで、ベストポジションかも。 さらに、ミヨシ側2人、艫側2人はそれぞれ友人同士らしく、くっついて竿を出しているので、私の釣り座は、ほとんど窮屈感はない。(笑) 皆さんのコマセで釣らせてちょーだい。(^_^)v

1時間ぐらい走って、ポイント到着。この頃には雨があがって、雲の切れ間から陽が差してきた。
「水深50m、下から7〜10mを探って」と若船長のアナウンスでスタート。

先ずは、45mぐらいからコマセを撒きながら40mで待つも、アタリなし。
次に、下からゆっくりと電動巻き上げして、アタリ棚を探すも、アタリなし。
イサキが寄るまで撒き餌をしなきゃしょうがないと、手返しを早くするもアタリなし。
はい、私の「引き出し」はこれだけですので、ここでギブアップ。

まっ、右舷を見渡すかぎり、どなたも釣ってないので、安心なんですが・・・(爆)

回収時に、ゴマサバが食ってきたのが、開始1時間後ぐらいだったでしょうか。
引き上げるときに、走ったゴマサバのせいで2.5号ハリスが指に食いこんで痛っ。 ムカついたけど、唯一の釣果になるかもしれないので、大切にクーラーにしまいました。(笑)

天気は雲一つない、見事なピーカンになってます。 
船長曰く、「イサキ釣りには、最悪の天気」(爆)
う〜む、晴れ男が復活したか? よりにもよってイサキ釣りの日に・・・・。
さらに私は、久しぶりの細ハリスに悪戦苦闘です。(^^ゞ

若船長は、頻繁にポイントを変えてくれてます。
そんな時、ようやくイサキのアタリです。1年ぶりのご対面ですね。
35cmぐらいの立派なイサキちゃんでした。この型なら充分です。
さらに、同じ棚でもう1枚。 このとき、私だけでなく、右舷の皆さん全員にイサキが食ったようでした。いよいよチャンスタイムか?と思いましたが、それっきり続きません。 またまたヒマヒマタイムに、突入です。
ミヨシのお客さんが、釣れない時間が多いことを、「なんかアカムツ釣りみたい・・」と表現されてましたが、私も全くの同感。(笑)
船長が、私に向かって「アカムツ釣りで、釣り運なくなったかもなぁ・・・」って。(爆)
実は、今年になってからの一番の数釣りが、アカムツの5匹。(^^ゞ
確かにあの5匹は超出来過ぎだったけど、イサキ釣りでも超えられないか??

残りは時間も少なくなって、水深が65mと深くなりました。
60mぐらいからコマセを振ってると、58.5mで、久しぶりにイサキとご対面。
さらに、同じ棚でもう1匹追加。 
30cm棚が上にずれると食ってこず、ピッタリ58.5mでまた追加。
若船長に「イサキって、こんなに棚がシビアなの?」と聞くと、「30cmぐらいなら、食いついてきますんで、偶然です。」(大笑)
なるほど、喰わなくなったわい・・・(^^ゞ

この後1匹追加して、さらに良型がかかった感じで、ゆっくり巻き上げてくるとサバかソーダが食ってお祭り撃沈。
今日イチの良い引きだったになぁ・・・・。

ということで、イサキは6匹。かろうじて今年の数釣りの記録更新です。
イメージ 2
35〜38cmの4匹を捌きましたが、いずれも女の子でした。
先日買った柳橋のイサキに負けないくらい、皮を引くと真っ白でしたよ〜。

船長、若船長、お世話になり、ありがとうございました。
なんとか、脂ノリノリ腹パンイサキに間に合いました。(^_^)v

右舷を皆さんを見る限り、あまり釣れてなかったので、今日は皆さんもダメだったのかな?と思っていたら、竿頭は25匹だって。すげーなぁ・・・(@_@;)

船を降りてから、以前、師匠に教えて貰った鳥羽の酒屋さんに向かいました。
店に入りると、何故か中から手を振る方が・・・。なんと師匠でした。
まさか、こんなところで・・・。(笑) 
折角ですんで、師匠おすすめの「写楽」を1本買って帰りました。 
今度は釣り場で、ご一緒しましょうね〜。


この記事に

開く コメント(14)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事