ステッチ カフェ

職業、草取りといった感じの日々です。
イメージ 1

旅行気分が抜けません。スウェーデンは思った通り良いところでした。
そろそろ、次の計画を立てましょうか。

ところで、Yahoo blog も既に終了が決まりました。
このまま消えてしまうのは忍びないので、ひっそりどこかに移すつもり。
11年半の懐かしい思い出がいっぱいです。
ブログは続けるにしても、簡単な記録にとどめるつもりです。
そういうことで、こちらは間もなく閉じてしまいます。

今まで見てくださった方、本当にありがとうございました。

スウェーデンで買ってきた、レクサンド社のクネッキ。
包装が可愛くて、お土産にもいいと。
イメージ 1

北欧でパンとしても登場し、これとハムやキューリで朝ごはんになりそう。
日本と違って、シンプル料理で楽そうです。
いろいろな種類、形がありますが、これはオーツ麦が主原料で、
食物繊維、タンパク質が豊富です。見るからにヘルシー。

イメージ 2

忘れられないフィッシュスープ。帰ってから何度も作りました。
白身魚を水から煮てくずし、玉ねぎ、トマト、セロリ炒め煮をミキサーにかけたスープと合わせます。
トマトペーストも入れました。やはり魚のだしが足りなくて、味は再現できません。海老や蟹も入るのか?
マヨネーズとニンニクのアイオリソースでちょっとその気になれる。
そして、このクラッカーパンは、どちらかと言うと不味いです。

イメージ 3

最後はこうして食べました。チーズと合います。

イメージ 4

リトル・ダンサー

リトル・ダンサー」 BILLY ELLIOT  2000年 英
10年に1度くらいなら、見る度に感動すると思います。
最初はビリーしか見ていませんでしたが、2度目はお父さんの気持ちや、
サッチャー政権での労働者の苦しさを感じました。
3度目は、アダム・クーパーの背中と跳躍にしびれました。

アリー/ スター誕生」 A STAR BORN  2018年 米
レディ・ガガのイメージが変わりました。歌唱力が抜群なんだ・・・。
ブラッドリー・クーパーの影が薄い。でも歌手にもなれそう。
バーブラ・ストライサンドの映画とそっくりと思ったら、同じ原作でした。
たくさんのロウソクの炎が揺れる中でお風呂に入るシーンが忘れられない。

マチルダ・禁断の恋」 MATHILDE  2017年 露
ロシア皇帝最後となったニコライ二世の若き日、バレリーナへの恋を描いています。
脚色はあるけれど、実話です。ちょっと頼りない人。一家滅亡になってしまったのもわかるような。
宮殿といい、衣装といい、豪華そのもの。ソフィア・コッポラのマリーアントワネットとメイクも似ている。

彼が愛したケーキ職人」 THE CAKEMAKER  2017年 イスラエル、独
なかなか共感が難しいストーリー。手作りクッキーやケーキが美味しそう。
なかでも、ドイツの”黒い森のケーキ”が食べてみたくなります。

哀しみに、こんにちは」 SUMMER1993 2017年 スペイン
母を亡くした子が、親戚に育てられる・・・でも、それほど暗いストーリーではない。
ややイライラしながらも、真剣に母になろうとする叔父の妻がいいし、子役は可愛い。
何よりスペインの田舎の、輝く緑と水の環境が羨ましい。

セカンド・アクト」 SECOND ACT  2018年 米
ジェニファー・ロペスに似ているけれど、スタイル悪いし、ひどい服、と思ったら、
危ないながらも出世し、本来の美しい人に変身しました。こういうのは楽しい映画。

ダンガル きっと、つよくなる」 DANGAL 2016年 インド
実話です。娘を強い女子レスリング選手に育て上げたお父さん。
冷静に見れば賛否があると思うけれど、ラストは盛り上がる。

万引き家族」 2018年 日本
とうとう、飛行機で観てしまいました。
俳優は皆魅力的だけれど、映画であまり暗いものは見たくない。
室内とか会話とか。幼稚なんでしょうかね。

蜜蜂と遠雷

イメージ 1

「蜜蜂と遠雷」 2016年 恩田陸
名称は変えてありますが、浜松国際ピアノコンクールを題材に、4人の出場者に的を絞って書かれたもの。
手に汗握るとはこのこと。ピアニストの気持ちには入り込めませんが、
会場の聴衆者になりきって、息もつけない気持ち。

曲名だけでは朧気なので、動画で確認しながら、演奏シーンの描写を楽しみました。
これは友人からの入れ知恵。

ちょうど映画になって10月に公開されるんですね。
松坂桃李はマサルの役かと思ったら、明石でした。

小説の映画化は見たくないけれど、今光っているという4人のピアニストの演奏はぜひ聴きたい。
イメージ 1

また今日はBunkamuraに通い、マシュー・ボーンの「白鳥の湖」を観てきました。
映画「リトルダンサー」を3回目にまた観て、ラストシーンは繰り返して観て、気持を盛り上げていきました。

席に着いて待っているとき、斜め前のほうの人が似ているなと思ったら、マシュー・ボーンその人でした。
今日は初日だったので、席で観たのでしょうか。そのうち、プログラムを持ってサインを求める人が続きました。
ちょっと覗いたら、名前の前にハートを描いて、恰好いいサインでした。

舞台は思った以上の迫力でした。ダンサーの筋肉に圧倒されます。ピカピカの汗にさえ。
男性ばかりの白鳥達。こんなバレエを考えつくなんて、そして成功させるなんて・・・。
私もプログラムを買って、サインをもらえばよかったかも。

今日は女性客が95%位。残り5%のうちの1人が夫です。ご苦労様でした。
イメージ 1

6月29日にBunkamuraで小山実稚恵さんのピアノを聴いて来ました。
大変な実力者なのに、何の奢りもなく、丁寧に音を大事にする弾き方に酔いました。
今年から3年計画で、ベートーベンのピアノソナタをシリーズで弾かれるそうです。
組み合わせて入れられた、シューベルトがまた可憐でいいんです。

自分でも音を出したい気持ちが強まったのに、10日間、まだ触れていない。
2019年6月25日(火)、26日(水) 9日目、10日目

旅行計画を滞りなく終えて、とうとう帰国の途へ。
イメージ 1

                 9:30 Visby空港   →10:20Arlanda国際空港
                13:30 Arlanda空港→14:40Copenhagen空港
                15:45 Copenhagen  →翌9:35成田

Arlandaからの出発が1時間遅れで、コペンハーゲンで走った走った。
こちらはそうなるとも知らず、アーランダ空港で優雅に最後のフィーカしていました。
カルダモンロールとともに、チョコボールが美味しかったです。
イメージ 2

飛行機からの写真で暗いですが、森と湖のストックホルム郊外。イメージ 3

イメージ 4

福祉が充実し、個を大事にするスウェーデンを知りたいと、勇んで行ったものの、
いつも通り観光とレストランで精いっぱいの旅でした。感じたことは、

①長らく戦争をしていないので、古い美しい町がそのまま残っている。
イメージ 5

②人々の表情が穏やか。家族、同僚、友人としょっちゅうお茶飲みながらお喋りするから?
  自然があふれたこんな環境でゆっくり話せたら、シナモンロールが無くてもいい。
イメージ 6

③日本でも始まっているけれど、袋は有料、ペットボトル飲料はデポジット料金が足される。
 木をなるべく使うようで、電車の窓枠や折り畳みテーブルも木でした。
 テーブルセッティングのカラーも緑が素敵で気に入りました。
イメージ 7

④支払いは基本的にクレジットカードです。バス料金も現金を扱っていない。
 トイレが有料と聞いて、10SEKコインは持ち歩きましたが、120円くらいのそれすら、カード支払いできると。
イメージ 8

⑤そのトイレ、男女区別無しが多かったです。LGBTへの配慮が行き渡ってきているんですね。
イメージ 9


ブログのアップに長くかかってしまいました。
日常が始まっています。非日常の旅行があるから、日常が新鮮になる。
スウェーデンで海老でお腹がいっぱいになっていましたが、家に帰ればトマトでお腹がいっぱいに。
さぞや、お腹もビックリしているでしょう。
イメージ 10
2019年6月24日(月) フォーロへ

こういう写真を撮るのは恥ずかしい。誰もいなかったので、急いで。
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 11


イメージ 8昨日でヴィスヴィの大体を見終わったので、迷っていたフォーロに行くことにしました。
左の黄色いゴットランド島の地図、北西の先がフォーロです。昨日のビールのラベルには、そこの奇岩の絵がありました。

ただ、簡単には行けないんです。バスで1時間、そこから無料のフェリーに7分乗って対岸に。レンタ・サイクルを借りて10kmを進めばやっと到着。

イメージ 9
















イメージ 10


















レンタ・サイクルのおじさんは、とても親切でした。
一番低い自転車2台のサドルをさらに低く調整し、確かに乗れるまで付き合ってくれました。
日本の自転車と違い、ペダルが少しでも逆回転すると急ブレーキがかかるのに慣れなかった。

そして10kmの道は車が多いので、こちらがお薦めと田舎道を教えてくれました。
ただし15分くらい余分にかかると・・・。安全を選びました。

こんな道。スウェーデンの田舎そのもの。羊もいます。
イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 16

イメージ 15

塀のように見えるのは、麦。この高さで延々と広がっています。
イメージ 17

奇岩のある海岸は、教会が目印。途中で自転車を置いて歩きます。
イメージ 18

これが有名なフォーロの奇岩ラウクです。
イメージ 19

イメージ 20

思ったほど大きくなく、西伊豆の遊覧船に乗った身としては、それほど感動しませんでした。
このために長距離サイクリングしたのか・・・。まあ、犬の形は見事。

フォーロに来たかったのには、もう一つ理由が。
スウェーデンの映画監督、イングマール・ベイルマンの博物館があります。
ゴットランド島を舞台に映画を撮り、ここフォーロの自宅で亡くなりました。
針葉樹の森と湖を望む美しい場所にあります。

イメージ 1

イメージ 2

ミュージアム・カフェでお昼を。ベリー・パイの食べ納め。
イメージ 26

イメージ 3


来たコースを戻ります。フェリーにはバスも乗っていた。
イメージ 4


イメージ 21  
無事ホテルに戻って地図で測ってみると、 往復32kmもサイクリングして
いました。起伏がほとんど無く、気持よかったです。
フィーカのコーナーで、再びお茶。

           ヴィスヴィーの人気店、Bakfickanで乾杯。
           手作りベリー・ジュースと樽のビールです。
イメージ 22













イメージ 23
フィッシュ・スープ
イメージ 24














ニシンの揚げ焼きオープンサンド
イメージ 25
2019年6月23日(日)その2 ゴットランド島

ゴットランド島の雰囲気を捕えているようで、この写真が好きです。我ながら。
セント・ニコライ教会の廃墟です。
イメージ 1

イメージ 2


イメージ 3
公園にはところどころ城壁の模型があります。
夏至祭のポールが残っていました。

イメージ 4















イメージ 5

花に見とれながら歩いていると、Cafe Gula発見。
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8


ゴットランド島ではサフランケーキが有名。イメージ 9
食べ始めて、びっくり。
粒々の中身はサフラン味のリゾットでした。
ベリーソースの甘味で食べます。
美味しいというか、珍しいサフランパンケーキ。

家族でやっている店で、常連らしい地元の人と長らくお喋りしていました。
外のテラスにひっきりなしに客が訪れ、ケーキが売り切れていました。



城壁の外、海に沿って歩いてみます。皆、太陽を浴びています。
イメージ 11

イメージ 10

イメージ 12

イメージ 13

ゴットランドとは神の島、ではなく、羊飼いの島です。
イメージ 14

イメージ 21


夕食はサンタ・カタリーナ教会の脇Rosengardenで。
イメージ 22
                                 ↑                             
イメージ 23


イメージ 15
  頼んだ地元ビールのラベル。この絵に注目。
  やはり、ここに行ってみたい。会話が盛り上がります。

イメージ 16












マヨネーズに埋まっていますが、むきエビ→

日本風ビーフタルタル。生の牛肉が醤油、わさび、ネギと叩いてあり、ネギトロと全く同じ。
付け合わせは椎茸で、春巻きの皮を揚げて
イメージ 17
被せています!! 日本でも流行の陶板に
盛り付けてある→


犬用の飲み水。あちこち置いてありました。
イメージ 20
















イメージ 18

イメージ 19
2019年6月23日(日)7日目 ゴットランド島へ

ホテルをチェックアウトし、再びアーランダ・エクスプレスに乗って空港に向かいます。
たまたまカウンター席があったので、大急ぎで作ってきたサンドイッチを食べられました。
イメージ 5 イメージ 6












スウェーデンで一番大きい島、ゴットランド島に向かいます。プロペラ機。
イメージ 1


昔ハンザ同盟の要所として栄えましたが、今は北欧で一番人気の保養地となっています。
特に城壁に囲まれた中心地ヴィスヴィは、ユネスコの世界遺産に登録されています。
イメージ 2


ホテルはSlottsbacken。バス停からも、フェリー到着地からも近い。
 イメージ 3 イメージ 4


ホテルを出て、すぐに廃墟が見えます。サン・ピエール教会。
イメージ 7

向かいはガーデンレストラン。いい雰囲気です。結局後にここでお昼を食べました。
イメージ 8

町のあちこちに、アーチがある。「魔女の宅急便」でも通り抜けて飛んでいました。
イメージ 10

一番大きいサンタ・カタリーナ教会。何しろ屋根が崩れているので、明るいことこの上ない。
イメージ 9

唯一現役の教会。サンタマリア大聖堂。1225年創建だそうです。
イメージ 11

      イメージ 12  イメージ 13

教会脇の長い階段を登ると、海を背景に赤い屋根や廃墟のすばらしい眺めです。
イメージ 25

イメージ 14

北門
イメージ 15

Fiskagrand 漁師小路は、家々にバラが植えられた撮影ポイントです。
まさに時期がぴたり合いました。
イメージ 18 

イメージ 16

イメージ 17

                   イメージ 23     イメージ 24

レストランVinagerに戻って、お昼を。
     イメージ 20 イメージ 21

イメージ 19

アボカドサンドとイベリコ豚トーストサンド。バターがたっぷりで美味しかった。
イメージ 22

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事