ステッチ カフェ

職業、草取りといった感じの日々です。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全191ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

旅行気分が抜けません。スウェーデンは思った通り良いところでした。
そろそろ、次の計画を立てましょうか。

ところで、Yahoo blog も既に終了が決まりました。
このまま消えてしまうのは忍びないので、ひっそりどこかに移すつもり。
11年半の懐かしい思い出がいっぱいです。
ブログは続けるにしても、簡単な記録にとどめるつもりです。
そういうことで、こちらは間もなく閉じてしまいます。

今まで見てくださった方、本当にありがとうございました。

スウェーデンで買ってきた、レクサンド社のクネッキ。
包装が可愛くて、お土産にもいいと。
イメージ 1

北欧でパンとしても登場し、これとハムやキューリで朝ごはんになりそう。
日本と違って、シンプル料理で楽そうです。
いろいろな種類、形がありますが、これはオーツ麦が主原料で、
食物繊維、タンパク質が豊富です。見るからにヘルシー。

イメージ 2

忘れられないフィッシュスープ。帰ってから何度も作りました。
白身魚を水から煮てくずし、玉ねぎ、トマト、セロリ炒め煮をミキサーにかけたスープと合わせます。
トマトペーストも入れました。やはり魚のだしが足りなくて、味は再現できません。海老や蟹も入るのか?
マヨネーズとニンニクのアイオリソースでちょっとその気になれる。
そして、このクラッカーパンは、どちらかと言うと不味いです。

イメージ 3

最後はこうして食べました。チーズと合います。

イメージ 4

リトル・ダンサー

リトル・ダンサー」 BILLY ELLIOT  2000年 英
10年に1度くらいなら、見る度に感動すると思います。
最初はビリーしか見ていませんでしたが、2度目はお父さんの気持ちや、
サッチャー政権での労働者の苦しさを感じました。
3度目は、アダム・クーパーの背中と跳躍にしびれました。

アリー/ スター誕生」 A STAR BORN  2018年 米
レディ・ガガのイメージが変わりました。歌唱力が抜群なんだ・・・。
ブラッドリー・クーパーの影が薄い。でも歌手にもなれそう。
バーブラ・ストライサンドの映画とそっくりと思ったら、同じ原作でした。
たくさんのロウソクの炎が揺れる中でお風呂に入るシーンが忘れられない。

マチルダ・禁断の恋」 MATHILDE  2017年 露
ロシア皇帝最後となったニコライ二世の若き日、バレリーナへの恋を描いています。
脚色はあるけれど、実話です。ちょっと頼りない人。一家滅亡になってしまったのもわかるような。
宮殿といい、衣装といい、豪華そのもの。ソフィア・コッポラのマリーアントワネットとメイクも似ている。

彼が愛したケーキ職人」 THE CAKEMAKER  2017年 イスラエル、独
なかなか共感が難しいストーリー。手作りクッキーやケーキが美味しそう。
なかでも、ドイツの”黒い森のケーキ”が食べてみたくなります。

哀しみに、こんにちは」 SUMMER1993 2017年 スペイン
母を亡くした子が、親戚に育てられる・・・でも、それほど暗いストーリーではない。
ややイライラしながらも、真剣に母になろうとする叔父の妻がいいし、子役は可愛い。
何よりスペインの田舎の、輝く緑と水の環境が羨ましい。

セカンド・アクト」 SECOND ACT  2018年 米
ジェニファー・ロペスに似ているけれど、スタイル悪いし、ひどい服、と思ったら、
危ないながらも出世し、本来の美しい人に変身しました。こういうのは楽しい映画。

ダンガル きっと、つよくなる」 DANGAL 2016年 インド
実話です。娘を強い女子レスリング選手に育て上げたお父さん。
冷静に見れば賛否があると思うけれど、ラストは盛り上がる。

万引き家族」 2018年 日本
とうとう、飛行機で観てしまいました。
俳優は皆魅力的だけれど、映画であまり暗いものは見たくない。
室内とか会話とか。幼稚なんでしょうかね。

蜜蜂と遠雷

イメージ 1

「蜜蜂と遠雷」 2016年 恩田陸
名称は変えてありますが、浜松国際ピアノコンクールを題材に、4人の出場者に的を絞って書かれたもの。
手に汗握るとはこのこと。ピアニストの気持ちには入り込めませんが、
会場の聴衆者になりきって、息もつけない気持ち。

曲名だけでは朧気なので、動画で確認しながら、演奏シーンの描写を楽しみました。
これは友人からの入れ知恵。

ちょうど映画になって10月に公開されるんですね。
松坂桃李はマサルの役かと思ったら、明石でした。

小説の映画化は見たくないけれど、今光っているという4人のピアニストの演奏はぜひ聴きたい。
イメージ 1

また今日はBunkamuraに通い、マシュー・ボーンの「白鳥の湖」を観てきました。
映画「リトルダンサー」を3回目にまた観て、ラストシーンは繰り返して観て、気持を盛り上げていきました。

席に着いて待っているとき、斜め前のほうの人が似ているなと思ったら、マシュー・ボーンその人でした。
今日は初日だったので、席で観たのでしょうか。そのうち、プログラムを持ってサインを求める人が続きました。
ちょっと覗いたら、名前の前にハートを描いて、恰好いいサインでした。

舞台は思った以上の迫力でした。ダンサーの筋肉に圧倒されます。ピカピカの汗にさえ。
男性ばかりの白鳥達。こんなバレエを考えつくなんて、そして成功させるなんて・・・。
私もプログラムを買って、サインをもらえばよかったかも。

今日は女性客が95%位。残り5%のうちの1人が夫です。ご苦労様でした。

全191ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事