ここから本文です
洋楽ロックと映画について私が知っている二、三の事柄
引越ししました → http://letsbegin1961.blog.fc2.com/

書庫全体表示

イメージ 1
イメージ 2

ブラック・スワン
BLACK SWAN
アメリカ  2010
監督: ダーレン・アロノフスキー

イメージ 3【解説】ナタリー・ポートマン、ミラ・クニス共演の心理スリラー。ニューヨークのバレエ団に所属するニナ(ポートマン)は、元バレリーナの母とともに、その人生のすべてをダンスに注ぎ込むように生きていた。そんなニナに「白鳥の湖」のプリマを演じるチャンスが巡ってくるが、新人ダンサーのリリー(クニス)が現れ、ニナのライバルとなる。役を争いながらも友情を育む2人だったが、やがてニナは自らの心の闇にのみ込まれていく。監督は「レスラー」のダーレン・アロノフスキー。主演のポートマンが第83回米アカデミー賞で主演女優賞を獲得した。(eiga.com)               上映時間:1時間48分
【出演】ナタリー・ポートマン、バンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー
http://www.youtube-nocookie.com/v/pxchkvE2NFU?fs=1&hl=ja_JP



ナタリー・ポートマンの痩せ方が尋常じゃなく痛々しく悲壮さ怖さが倍増。
ステージママによるプレッシャーや妖艶なライバルの登場でナタリー・ポートマンが現実と幻想の淵で彷徨う。
優等生から狂気のプリマドンナに変貌していく姿は圧巻だ。



*ネタバレ注意

ラストの解釈、見事踊りきったナタリー・ポートマンはぶっ倒れて血まみれに。
これはハッピーエンドなのかバッドケースだったのか?
現実なのか幻想なのか?

それは彼女の表情が物語っていたと思う。

ホラー度も高く最後までピリピリとした緊張感漂う幻想的な作品でかなり疲れたが見応え十分。
ナタリー・ポートマンがアカデミー賞主演女優賞を受賞したのも納得出来る作品でしたね。



(5/13 シネリーブル神戸にて鑑賞)
勝手にしやがれ的評価 8.0(10点満点)

  • 観終えたあとは疲労感でした。
    胃の方は、大丈夫ですか?
    トラバお返しさせて下さいね^^

    くるみ

    2011/5/22(日) 午後 8:47

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。これ見に行く予定です。
    ダンサーは極めてくると 白鳥よりもブラックスワンのほうを 踊りたがるようです。
    目千両ですね、ナタリー・ポートマン!

    [ SYD ]

    2011/5/22(日) 午後 10:19

    返信する
  • ナタリー良かったです〜
    ラストは色んな意味でとれますね

    TBします(●´∀`)ノ

    [ 翔syow ]

    2011/5/23(月) 午前 8:28

    返信する
  • ひかりさん
    ラストもちょっと思わせぶりな終わり方でしたけど彼女にとってはハッピーエンドだったんじゃないかなと思います。
    全体的には重苦しい感じでしたけど最後の落としどころは良かったですね。
    TBありがとうございました♪

    marr

    2011/5/25(水) 午後 10:08

    返信する
  • カルさん
    途中でも至るとこに伏線引きまくりで幻想と現実が判らなくなりましたけどラストは上手くまとめたなって感じでした。
    天才といえども追われる恐怖心に打ち勝たないといけない運命は過酷ですね。
    TBありがとうございました♪

    marr

    2011/5/25(水) 午後 10:13

    返信する
  • くるみさん
    これは見応えがあったというか重くグロい映像でしたけど逆に美しくもありましたね。
    そこは監督の狙い通りだったんじゃないかと思っています。
    胃の方はビール飲んだら全快しましたよ(笑)
    TBありがとうございました♪

    marr

    2011/5/25(水) 午後 10:31

    返信する
  • SYDさん
    こんばんは。
    そうなんですか、じっくり堪能して下さい。
    私も悪役の方にいつも興味が行くんですが演じる方も悪役が凄く魅力的に見えるのかもしれませんね。
    まさに目力が印象的でした♪

    marr

    2011/5/25(水) 午後 10:35

    返信する
  • syowさん
    まぁこれはアカデミー獲っても当然で渾身の演技でしたね。
    ラストについてはいろんな見方が出来ると思うけどそれもまた楽しい事だと思います。
    TBありがとうございます♪

    marr

    2011/5/25(水) 午後 10:40

    返信する
  • 凄かったですね!
    映画観てる時はとにかく圧倒され、圧倒され過ぎたのか観終わった後なんかぐったりしてました。
    で、後々どこまで現実で幻想か・・・等色々と考えちゃって、それもまた面白いんですよね。
    ナタリー・ポートマンの演技も含めて、本当に見応え十分の作品でした。
    TBさせてください。

    daisygips

    2011/5/26(木) 午前 0:38

    返信する
  • デイジーさん
    まさに鬼気迫る迫力といたとこでしょうか。
    最後まで観るにはかなり疲れますが観終わった後は疲労感と満足感が同居して快感でした(笑)
    途中でなにが現実でなにが幻想か判らなくなるけどそのまとめ方も上手かったですね。
    ナタポーは凄かったです。
    TBありがとうございました♪

    marr

    2011/5/28(土) 午後 0:17

    返信する
  • ホラー度が高いのは・・・でも観てみたい映画です。ナタリー・ポートマン綺麗ですから、観たいんですよ。

    SGT

    2011/5/29(日) 午後 4:39

    返信する
  • あそこまで自己実現を果せたという意味ではハッピーエンドかもしれないけど、その代償は大きかったのだと思いました。
    『白鳥の湖』同様のラストを辿るのが旨いところでした。
    遅くなってすみません。TBさせてくださいね。

    pu-ko

    2011/5/31(火) 午後 1:35

    返信する
  • 夢か幻想か・・・ハッピーエンドか、アンハッピーか・・・観る人によって違ってきますね。私は踊りきったということで、ニナにとってはハッピーであったと思いたいです^^; 伏線も多く、本当に面白かったですね。TBさせてくださいね〜。

    [ - ]

    2011/5/31(火) 午後 11:51

    返信する
  • SGTさん
    ご心配するほどじゃないと思いますが観る価値はあると思いますよ。
    ナタポーはもう貫禄の演技でしたね♪

    marr

    2011/6/2(木) 午後 9:01

    返信する
  • pu-koさん
    天才には天才の悩みがあってそこまでしなくてもと思うことが彼女にとっては大きなプレッシャーとなったことが不運でしたね。
    あの幻想的な映像は怖くもうならせるものがありました。
    TBありがとうございました♪

    marr

    2011/6/2(木) 午後 9:05

    返信する
  • SHIMAさん
    何が善で何が悪か境目が判らなくなってきて観てる側もとても不安になりました。
    その見せ方が上手くまったく飽きなかったですね。
    ラストは圧巻でした。
    TBありがとうございました♪

    marr

    2011/6/2(木) 午後 9:09

    返信する
  • ラストはいろんな解釈があるみたいですね。
    ああいうラストになるとは思わなかったので驚きでした。
    ナタリー・ポートマンの演技すごかったですね。
    人間ってあんなに追い詰められてしまうんだなと怖かったです。
    TBお願いします♪

    レミ

    2011/6/24(金) 午前 1:58

    返信する
  • レミさん
    あのラストには驚きましたね。
    個人的にはハッピーエンドだと思っております。
    今回の彼女の演技はこれぞアカデミーといった名演でしたね。
    映画の世界より現実の方がもっと怖いかも(笑)
    TBありがとうございました♪

    marr

    2011/7/20(水) 午前 1:16

    返信する
  • アカデミー賞の価値が少し持ち直しましたよね♪
    本当に素晴らしい演技だと思いました!

    TBお返しさせてください^^

    ちゃーりー・わかめ

    2012/3/25(日) 午前 2:19

    返信する
  • 昨今アカデミーには興味を持てないんですがこの作品のナタリーは鬼気迫るものがあってオスカーも納得ですね。
    TBありがとうございました♪

    marr

    2012/3/25(日) 午後 4:10

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(9)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事