僕と猫と時計と・・・徒然なるままに・・・

◆vintage watches of days gone by!◆ チープシックな庶民派のヴィテージ時計趣味。

全体表示

[ リスト ]


                                                                                         TOPpageへ戻る
 
  Technos Duroflex 17jewels 1950年代後半〜60年代前半?

 
  ごきげんいかがですか?金なし暇なしの猫仙人の友達です! 

随分とご無沙汰してしまいました。 理由は、上記の通りです。

さて、今回は、頑張って、時間をつくり気力も上げヴィンテージ時計をOHしました。(嘘です…)

では、早速完成写真から!


↓ これぞヴィンテージ!アンティークって感じのテクノス。

イメージ 1


物は、1950年代後半から60年代前半と思しきTECHNOS DUROFLEX 17石 手巻きです。

ケースは、真鍮にメッキ、風防は、プラスチックです。

ダイアルは、ギョウシェ風にゴールドのアップライトのローマン及びバーインデックスと

50年代の雰囲気プンプンです。

実は、前回のオリエントスターの後、オリエントタッチトロンとWeinger等機械式以外をイジってました。

あと、普段使用のセイコーダイバーが壊れたりして直したりしてました・・・。

こちらは、機会がありましたらアップしようと思います。

話がそれてしまいました・・・

では、早速復活の過程を紹介していきます。


↓ 入手時の状態 風防は、割れていますので使えません。

イメージ 2


↓ 入手時の状態 リューズがありません!

イメージ 3


↓ 入手時の状態 裏蓋を開けてみました。 天真折れは無いようです!

イメージ 4


↓ 入手時の状態 大まかにバラしました。

イメージ 5


↓ 入手時の状態 巻き真が途中で折れて中に入っていました。 補修部品を使って再利用します。

   旋盤を持っていないので削り出して作ることはできませんので・・・

イメージ 6


↓ 補修用の巻き真を切り(削って)長さを合わせます。

イメージ 7


↓ 試しに装着です。 長さはバッチリでした!

イメージ 8


↓ リューズは、適当なそれっぽいのを使いました。

イメージ 9


↓ さて再度ケースからムーブメントを取り出し分解作業に入って行きます。

イメージ 10


↓ ダイアルと針を外してムーブメントをホルダーに載せます。

イメージ 11


↓ テンプアッセンと丸、角穴車を外しました。 コハゼとコハゼバネのアップです。変わったコハゼです。

  ※コハゼとは、角穴車が逆回転しないようにするストッパー、ラチェット、ワンウェイ・・

  写真の上の方のナメクジのような部品。 普通は、もっと簡素な円盤にポッチの付いた部品。


イメージ 14


↓ 車受けを外しました。 2、3番、ガンギ車が見えます。

イメージ 12


↓ アンクル、アンクル受け 各種車を外しました。

イメージ 13


↓ 裏返してこちら側もバラします。

イメージ 15


↓ カンヌキ、オシドリ、キチ車、ツヅミ車のアップ。

イメージ 16


↓ ほぼ地板状態になりました。

イメージ 17


↓ 香箱(ゼンマイの入った1番車)を開けてみました。 乾いてます・・・流石70年程の歳月・・・。

イメージ 18



↓ 手巻き3針とシンプル機構なので部品点数は少な目です。

イメージ 19


↓ ETA2390の刻印。

イメージ 20



この後、刷毛洗浄、超音波洗浄と乾燥を行います。

(それと外装の磨きとかもしておきます。)

乾燥後、注油しながら組み立てます。



↓ 組み上がたムーブメント。 天輪が元気に動いています! 復活しました!

イメージ 21


↓ 磁気抜きをしたら歩度調整です。

イメージ 22



↓ さて いよいよケースに入れていきます。

イメージ 23


↓ ダイアルをムーブメントに取り付け、針も付けます。

イメージ 24


↓ ケースに入れます。(ケーシング)  ダイアルの埃も飛ばしましょう!!

イメージ 25


↓ ところどころケースのメッキが剥げてます。

イメージ 26


↓ 裏蓋をはめます。 裏蓋はスナップ式(パッカンタイプ)のステンレス製です。 

  TECHNOS のロゴがいいですね!

イメージ 27


↓ 完成です!! 

イメージ 28


↓ ベルトを付けて腕に装着! なかなか恰好いいですね!

イメージ 29




 また! ごきげんよう!



Technos Duroflex 17jewels 1950年代後半〜60年代前半?  

Cal:ETA 2390

manual wind
sweep second
17 jewels
18000A/h
power reserve 47h

Detail :
Authentic vintage
Technos Duroflex hand-winding  wrist watch.
Movement :
manual wind movement, 17j Ca.1955〜65?
Case :
Brass
Dial : Original dial,Original hand
Crown : Non original Crown
Movement Condition & Work : Fully Serviced Movement(Clean & Oiled)
 






See you again! have a nice day and nice life ! 
 
◆ vintage watches  of days gone by!
 
-------------------------------------------------------------------------------
 
★下記ブログランキングへ参加しています。宜しかったら覗いてみてください。★
 
 
 
ブログ村時計へ参加しています https://fashion.blogmura.com/watch/ranking.html ← 時計好きが、いっぱい!!
 
人気blogランキングへ参加しています https://blog.with2.net/link/?1226056 ← 時計好きが、いっぱい!!

閉じる コメント(6)

顔アイコン

猫さん、ご無沙汰です
年の瀬に、頑張ってますね!偉い!笑
ジャンクでも、文字盤はきれいなのでイイ感じに復活してます。素敵なアンティークの時計ですね。今のテクノスとは全く無関係と知りながら比較してしまうと、この頃は良かったです。
ETAにしては(?)コハゼがやけに重厚ですね。
私も刺激を受けて分解頑張ります!そのうち、、年末、、いや年始?
ではまた!

2018/12/9(日) 午後 9:24 [ ドラのび太 ] 返信する

顔アイコン

> ドラのび太さま

コメントありがとうございます。

頑張ってみました(笑)

この頃のテクノス(とは言ってもよくわからないのですが)
とっても当時っぽくって(当然ですが)とても素敵です。
最新の時計もいいけどやはり古い時計に惹かれます。

ではでは

2018/12/10(月) 午後 8:03 猫仙人の友達 返信する

顔アイコン

こんばんは

最近、アラビア数字インデックスの腕時計に目がなくて困っています。
それにしても、チラネジ付きのテンプに萌えてしまう私はやっぱりビョーキでしょうか(笑)
(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

2018/12/16(日) 午後 6:18 [ AR7 ] 返信する

顔アイコン

こんばんは。

大変ご無沙汰してしまい恐縮です。<(_ _)>
また宜しくお願い致します。<(_ _)>

テクノスを見直してしまいました。。。笑)
手巻きノンデイトって本当に美しいですよね。。。削ぎ落としの美学と言うか。。。
テクノスのロゴもカッコいいです。( ´∀`)bグッ!

2018/12/16(日) 午後 7:14 [ とんぬら ] 返信する

> AR7さま

コメントありがとうございます。
チラネジテンプに萌えるのは、
この世界では、普通です。ご安心を(笑)

2018/12/18(火) 午前 5:55 猫仙人の友達 返信する

> とんぬらさま

コメントありがとうございます。

ご無沙汰です。お帰りなさいませ!
再復活おめでとうございます。
こちらこそ宜しくお願います。

テクノスもこんな時代が、あったんですね。古い時計は、味がありますね。

2018/12/18(火) 午前 5:59 猫仙人の友達 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事