僕と猫と時計と・・・徒然なるままに・・・

◆vintage watches of days gone by!◆ チープシックな庶民派のヴィテージ時計趣味。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全63ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


                                                                                         TOPpageへ戻る
 

SEIKO SUS KINETIC 5M42-0F30 (1998年 平成10年製)  
 

  今回は、以前紹介した SEIKO SUS AGS (※1) の色違いといいたいところですが

よーく見たら文字盤のAGSの表記がKINETICに変わっています。

という訳で改めまして SEIKO KINETIC SUS の紹介です。

分解や磨きの写真はありません・・・申し訳ございません。

同じ内容の過去記事がありますのでご興味のある方は、そちらをご覧くださいませ。

最後の方にリンクとURLを貼っておきます。



早速ですが、完成写真からです。


↓ 青文字盤です! KINETIC の表記が見えます!

イメージ 1


↓ 入手時 風防はキズだらけ・・・ケースも使用キズが・・・このまま使うのはチョット気が引けますね。

   ベルトは、社外品が付いていましたが、ストックの中古純正と交換することにします。

イメージ 2


↓ 完成後の写真です。綺麗になりました!!これで普段使いできます。

イメージ 3


↓ 前後しますが、風防は、結構深めのキズがありました。ちょっと面倒です。

イメージ 4


↓ 頑張って磨きました。復活です。 (※2)

イメージ 5


↓ 以前紹介したAGS SUS と並べてみました。 色以外の違いは、AGS か KINETIC かの表記だけです。

イメージ 7


↓ お約束の腕に装着!の写真です。

イメージ 6




(※1) AGS SUS の過去記事  ■ SEIKO SUS AGS 5M42-0E50 (1997年 平成9年製)

                 https://blogs.yahoo.co.jp/m_privatemoon/14950462.html

(※2) ガラス風防磨きの過去記事 ■ ガラス風防再生へ挑戦

                 https://blogs.yahoo.co.jp/m_privatemoon/14926121.html



 また! ごきげんよう!



SEIKO SUS KINETIC 5M42-0F30 (1998年 平成10年製)  

Cal:5M42A AGS(Automatic Generating System)→(Later renamed as Kinetic)

rotor charging generator, quartz controlled stepper motor
sweep second
date:quickset
powerreserve display
6jewels
32768Hz
power reserve :168







See you again! have a nice day and nice life !
 
◆ vintage watches  of days gone by!
 
-------------------------------------------------------------------------------
 
★下記ブログランキングへ参加しています。宜しかったら覗いてみてください。★
 
 
 
ブログ村時計へ参加しています https://fashion.blogmura.com/watch/ranking.html ← 時計好きが、いっぱい!!
 
人気blogランキングへ参加しています https://blog.with2.net/link/?1226056 ← 時計好きが、いっぱい!!

開く コメント(2)


                                                                                         TOPpageへ戻る
 
 
CYMA  CYMAFLEX R459  1950年代  その6

 
  今回は、当ブログでは常連のお馴染みシーマR459のご紹介です。

既に6回目の登場です。前回が、2018年1月の登場ですから約1年ぶりです。※1

齢を重ねると時間経過は加速している感じがしますが、もうあれから1年経ってしまったのかと

また、ときめき感の無い1年(※2を過ごしてしまったのかと反省しきりです。

 ※1  https://blogs.yahoo.co.jp/m_privatemoon/16063358.html 過去記事

 ※2  NHKチコちゃんに叱られるでときめきの少ない大人は、時間経過が早いと言っていました。

さて、話がズレてしまいましたので元に戻しましょう。

早速ですが、完成写真からです。


↓ モノクロで

イメージ 1


↓ OH前の状態と交換予定の同じ文字盤(中古)

イメージ 2


OHを兼ねて文字盤も交換しちゃおうって目論見です。


↓ ケースは、腐食が進んでいますが、ムーブメントに問題は無さそうです。

イメージ 3


↓ 大まかに分解しました。 文字盤は、凄い事になっています。

イメージ 4


↓ 同じデザインの文字盤と交換します。交換する方も中古品で汚れ等あります。

イメージ 5


↓ ムーブメント横の文字盤の足を止めているネジを緩めて文字盤を外します。

イメージ 6


↓ 文字盤は、腐食が進んでいます。

イメージ 7


↓ ムーブメントをホルダーに載せます。

イメージ 8


↓ バラしていきます。

イメージ 9


↓ 地板状になりました。

イメージ 10


↓ 反対側もバラします。

イメージ 11


↓ ドンドンバラします。

イメージ 12


↓ 香箱も開けてみました。 バラして掃除して再利用します。

イメージ 13


↓ シンプル3針なのでパーツ数は、少な目です。

イメージ 14


この後、刷毛洗浄、超音波洗浄を行い、乾燥後に注油しながら組みたてていきます。

組み立ては、分解と同じ写真になりますので割愛です。(端折ってすみません。)


↓ 組み上がりました。

イメージ 15



↓ タイムグラファーにかけて調整します。

イメージ 16




イメージ 17

イメージ 18


↓ 交換用文字盤を使います。

イメージ 19


↓ ムーブメントに文字盤と針を付けました。

イメージ 20


↓ ケースに入れます。

イメージ 21


↓ ケースは、掃除と磨きを行いましたが、腐食が進んでいるのでこれ以上は綺麗になりません。

イメージ 22


↓ 一応の完成です。

イメージ 23


↓ 文字盤を交換したらだいぶ雰囲気が良くなりました。

イメージ 24


↓ 腕にはめてみました。

イメージ 25


↓ アップライトなインデックスとCマークが素敵です。

イメージ 26


↓ 実用に耐えうる感じにはなったと思います。

イメージ 27



今回は、不本意ながらインフルエンザにかかってしまいました。

熱も40度を超え体中の筋肉痛、関節痛、倦怠感、咳、頭痛とひどい目に遭いました。

ですが、ピークを過ぎれば案外元気になります。ですが、外出禁止です。

勿論、出勤もできないのでその間に時計をイジってしまいました。

溜っていた録画も随分見ました。

ある意味、時間を作ってくれた神様、ありがとうございました。って感じです。(笑)

皆様もどうぞお気を付けください。


 また! ごきげんよう!



CYMA  CYMAFLEX R459  1950年代  その5


Cal:CymaR459
 
manual wind
sweep second
Data
17 jewels
f =1800
A/h
power reserve 42h

Detail :
Authentic vintage
:Cyma manual wind  wrist watch.
Movement :
R459 manual wind movement, 17j Ca.1950〜
Case :
brass
Dial : Original dia(exchenge)l,Original hand
Crown : original Crown
Movement Condition & Work : Fully Serviced Movement(Clean & Oiled)
  








See you again! have a nice day and nice life !
 
◆ vintage watches  of days gone by!
 
-------------------------------------------------------------------------------
 
★下記ブログランキングへ参加しています。宜しかったら覗いてみてください。★
 
 
 
ブログ村時計へ参加しています https://fashion.blogmura.com/watch/ranking.html ← 時計好きが、いっぱい!!
 
人気blogランキングへ参加しています https://blog.with2.net/link/?1226056 ← 時計好きが、いっぱい!!

開く コメント(6)


                                                                                         TOPpageへ戻る
 
Vintage Juvenia caliber621 17jewels hand-winding  wrist watch
 

  ごきげんいかがですか、貧乏暇なしの猫仙人の友達です。
 
今回ご紹介するのは、Juvenia Cal:621 手巻きです。

このCal:621について調べたのですが、わかりませんでした・・・。

ピンクページにも無いし・・・。 ETAとかかもしれませんね。

追記 : has*****さま、とんぬらさまのコメントより「FHF72」と判明致しました。
     
      ありがとうございました。



文字盤やケース、ムーブメント構成から察するには、1950年代製の雰囲気です。

しかし裏蓋の裏に40・10・5とスタンプが・・・ OHの印?入管??わかりません。

昭和40年の意味なら、1965年です。1965年製にしては型が古すぎますが、

番号の若いCal:602というのが1960年辺りですから1965年位かもしれません。

ですが、インカブロック等の耐震装置がありません・・・。ルビーだけです。

謎は深まります。 

なにはともあれOHの様子等をリポートしていきましょう。


↓ まずは、完成写真から


イメージ 1


なんだか枯れた感じの味わいがあります。 お爺さんって感じですね。




↓ 整備前

イメージ 2


↓ 大まかにバラしました。 大きな問題は無さそうです。

イメージ 3


↓ 針を外しました。

イメージ 4


↓ 文字盤も外しました。

イメージ 5


↓ ホルダーに載せ、バラしていきます。

イメージ 6


↓ さて、どんどんバラしていきましょう。

イメージ 7


↓ さて、どんどんバラしていきましょう。

イメージ 8


↓ 地板状態になりました。

イメージ 9


↓ ひっくり返してこちら側もバラします。

イメージ 10


↓ 部品点数は少な目です。

イメージ 11



↓ 香箱を開けてみました。 完璧に乾いています。

イメージ 12



この後、ベンジン刷毛掃除と超音波洗浄を行いました。

乾燥後、注油しながら組み立てます。

組み上がったらタイムグラファーで歩度調整を行います。


↓ 組み上がりました! 天輪も元気に回っています。

イメージ 13


↓ ムーブメントに文字盤をつけました。

イメージ 14


↓ 針をつけます。

イメージ 15


↓ ケースに入れます。

イメージ 16


↓ 50年代っぽいフレキシブル(伸び伸び)ベルトを付けてみました。

    USA製 kreisler band

イメージ 17


↓ 当時ものっぽく完成です!

イメージ 18


イメージ 19



 また! ごきげんよう!



Vintage Juvenia caliber621 17jewels hand-winding  wrist watch

Cal:
621

Hand Winding 
17jewels 
18000/h


Detail
Authentic :antique
juvenia hand-winding  wrist watch.
Movement :
manual wind movement, 17j Ca.1950?Ca:1965?
Case : Brass
Dial : Original dial,Original hand ?
Crown :
Original Crown?
Movement Condition & Work : Fully Serviced Movement(Clean & Oiled)
 






See you again! have a nice day and nice life ! 
 
◆ vintage watches  of days gone by!
 
-------------------------------------------------------------------------------
 
★下記ブログランキングへ参加しています。宜しかったら覗いてみてください。★
 
 
 
ブログ村時計へ参加しています https://fashion.blogmura.com/watch/ranking.html ← 時計好きが、いっぱい!!
 
人気blogランキングへ参加しています https://blog.with2.net/link/?1226056 ← 時計好きが、いっぱい!!

開く コメント(4)


▼ 牡蠣のオイル漬け 等を作ってみた


 牡蠣のオイル漬けを作ってみました。

スーパーの缶詰コーナーに牡蠣のオイル漬け等売っています。
これがまた美味しいんですが、結構お高いのです。
ならば!作ってしまおうと思いチャレンジしてみました。


 ↓ これです。

イメージ 1



では、早速レシピなどを 
 
 
<材料> 
 
 (具)
・牡蠣(加熱用でOK)---------適量

(漬汁)

・オイスターソース----大匙1
・ニンニク----1〜2かけorチューブでも可
・ローリエ----1〜2枚
・赤唐辛子---2本or輪切りでも可
・エクストラバージンオリーブオイル---------適量(牡蠣が浸かる量)
 
 
作り方>
 
 
1、牡蠣をよく洗います。特にヒダのところ。
 
2、ペーパータオルで水気をとる。
 
3、フライパンにオリーブオイルをたらし牡蠣を並べて両面とも炒める。(水分を飛ばします。)
 
4、オイスターソースを加えて煮詰める。(焦がさないよう注意。)

5、取り出し粗熱をとる。

6、保存容器に入れてオリーブオイル、ニンニク、ローリエ、赤トウガラシを投入。

  蓋をして冷蔵庫で保存。

  だいたい、2〜3日で食べられます。1週間後くらいが食べごろでしょうか。
 




では、工程を写真で!


 ↓ 使った牡蠣と調味料

イメージ 4


 ↓ 1、牡蠣をよく洗い終わたところです。

イメージ 2


 ↓ 2、ペーパータオルで水気をとる。

イメージ 3



 ↓ 3、フライパンにオリーブオイルをたらし牡蠣を並べて両面とも炒める。(水分を飛ばします。)

イメージ 5


 ↓ 3、フライパンにオリーブオイルをたらし牡蠣を並べて両面とも炒める。(水分を飛ばします。)

イメージ 6


 ↓ 4、オイスターソースを加えて煮詰める。(焦がさないよう注意。)

イメージ 7


 ↓ 4、オイスターソースを加えて煮詰める。(焦がさないよう注意。)

イメージ 8


 ↓ 5、取り出し粗熱をとる。

イメージ 9


 ↓ 6、保存容器に入れてオリーブオイル、ニンニク、ローリエ、赤トウガラシを投入。

イメージ 10



以上です。


蓋をして冷蔵庫で保存。

だいたい、2〜3日で食べられます。1週間後くらいが食べごろでしょうか。


案外簡単です。 

次は、燻製してから浸けてみようかな!




 また! ごきげんよう!


 
 
--------------------------------------------------------------------------------------------
 
★下記ブログランキングへ参加しています。宜しかったら覗いてみてください。★
 
 
 
ブログ村時計へ参加しています https://fashion.blogmura.com/watch/ranking.html ← 時計好きが、いっぱい!!
 
人気blogランキングへ参加しています https://blog.with2.net/link/?1226056 ← 時計好きが、いっぱい!!





Vintage watches  from days gone by!

See you again! have a nice day and nice life ! 
 

開く コメント(4)


                                                                                         TOPpageへ戻る
 
Lanco  wire lug watch 1930年代

 
  新年あけましておめでとうございます。金なし暇なしの猫仙人の友達です! 

本年もよろしくお願い申し上げます。


さて、今回は、年末年始で少しまとまった休みが取れましたので早速、時計をいくつかいじりました。

今回ご紹介するのは、その中の一つで久々の1930年代物になります!

ものは、ランコ(ランゲンドルフ)のラグワイヤーシルバーケースです。

丁度、懐中時計から腕時計へ移行する時期のものです。

いわゆる、トレンチウォッチです。

トレンチウォッチとは、塹壕時計、すなわち第1次大戦時に塹壕で使用した時計。

懐中時計を改造して腕に巻き付けたのが始まりです。 

因みに塹壕で着たコートは、トレンチコートです。

さて、早速OHの様子をリポートします。


↓ 完成写真から。

イメージ 1



↓ 女性用バンドの付いた左の本体を再生します。 右は、部品取り用のムーブメント。

イメージ 2


↓ 本体は、ゼンマイが切れている様でリューズを回しても手ごたえが無いです。 ドナーから移植します。

イメージ 3


↓ ドナーから香箱(ゼンマイの入った歯車の付いたケース)を取り出します。

イメージ 4


↓ 乾いてますが、切れていませんのでこれを掃除して使います。

イメージ 5


↓ こちらは、OHする本体。 ケースからムーブメントを取り外します。

イメージ 6


↓ 針とダイアルを外したらホルダーに載せ、バラしていきます。

イメージ 7


↓ 香箱を取り出し開けてみました。やはりゼンマイは切れていました。

イメージ 8


↓ ドナーから取り出したゼンマイ。

イメージ 9


↓ 掃除して移植しました。

イメージ 10


↓ さて、どんどんバラしていきましょう。

イメージ 11


↓ 地板になりました。

イメージ 12


↓ ひっくり返してこちら側もバラします。 おや?何だか変だぞー。

イメージ 13


↓ 赤〇 これは、移植交換します。

イメージ 24


↓ オシドリが何だか変です。 昔、修理した跡ですが、ヘンテコな修理です。 ドナーから移植しましょう。

イメージ 14


↓ こちら側も地板状になりました。

イメージ 15


↓ 部品点数は少な目です。

イメージ 16


この後、ベンジン刷毛掃除と超音波洗浄を行いました。

乾燥後、注油しながら組み立てます。


↓ 組み上がりました! 天輪も元気に回っています。 

イメージ 17


この後、タイムグラファーにかけて歩度調整を行います。

ちょっと面倒でした!!

そして、磨いておいたケースと青焼きし直した針を付けます。

青焼き方法は、過去記事 https://blogs.yahoo.co.jp/m_privatemoon/11231509.html ご参照下さい。

イメージ 18


↓ ケースに入れて完成です。

イメージ 19


↓ 緩急針が振り切ってます・・。 これでギリ調整です・・・。

イメージ 20


↓ 風防は、ガラスからプラに変更しました。

イメージ 21


↓ 30年後のランコと並べてみました。

イメージ 22


↓ ケース幅は、だいたい31〜32mm位です。 1960年代のランコは約34mm位です。(どちらもリューズ除く)

イメージ 23


↓ 装着してみました。 

イメージ 25


今回は、1930年代の時計を再生しました。

再生にあたってドナーがあってこそ出来た案件でした。

天真折れこそありませんでしたが、ドナーから移植したのは、

・ゼンマイ ・オシドリ ・テンプ伏せ石(地板側)のプレートとネジ になります。

どれも無いと完成しませんでした。

こういった古い時計は、ドナーを確保するにも時間かかります。

長ーい目で修理しないとです・・・。

勿論、自作って方法もありますけど・・・ハードル高いです。





 また! ごきげんよう!



Lanco  wire lug watch 1930年代

Cal:
Langendorf 2-10.5''' 多分?

manual wind
sub second
Data
10.5''', Dm= 23.3mm
6/15 jewels
f = 18000 A/h

Detail :
Authentic :antique
Lanco hand-winding  wrist watch.
Movement :
manual wind movement, 6/15j Ca.1930?
Case : Silver

Dial : Original dial,Original hand ?
Crown :
Original Crown?
Movement Condition & Work : Fully Serviced Movement(Clean & Oiled)
 






See you again! have a nice day and nice life ! 
 
◆ vintage watches  of days gone by!
 
-------------------------------------------------------------------------------
 
★下記ブログランキングへ参加しています。宜しかったら覗いてみてください。★
 
 
 
ブログ村時計へ参加しています https://fashion.blogmura.com/watch/ranking.html ← 時計好きが、いっぱい!!
 
人気blogランキングへ参加しています https://blog.with2.net/link/?1226056 ← 時計好きが、いっぱい!!

開く コメント(4)

全63ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事