音楽と建築と日々の生活

こっちが復活しないねと突っ込まれ(アハ)生存確認はプロフィールからw

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ここ最近の私の買い物で多い”買って放置プレイ”シリーズをもう一つ(苦笑)

フォトショップを一般ユーザ向けに機能限定した廉価版「Photoshop Elements」を買いました。(買っていました)

■ Photoshop Elements 6 for Macintosh @ Adobe

イメージ 1


今まで画像のレタッチ・変換には「GraphicConverter」を初代Macの頃から使っていました。
前々からPhotoshopは欲しかったのですが、無ければ無いで不便ではあったものの何とかなっていたという現状もあり今日まで至っていました。

何事も理由や後押しとなるきっかけがあって次のステップ(購買活動)にいくわけで、今回私の場合は今まで使っていた画像の歪曲収差を修正するのに使っていたあるソフトが今のMacBook ProつまりはIntel Macの上では動かなくなったというのが決め手でした。
(以前のPowerBook G4ではそのソフトはクラシック環境で使っていたので、今回のIntel Macで完全に印籠を渡されたという訳です)



Photoshop導入にあたり、私の使用用途(必要機能)からしても本元(?)のPhotoshopまでは不要だったため、その廉価版(とは言っても十分な機能)「Photoshop Elements」を買いました。

Mac版としては初めてのPhotoshopでしたので、完全な新規パッケージ版を・・と思ってたところPhotoshop Elementsには「乗換え・アップグレード版」というのがあり、その対象商品リストには
Photoshop・Album・AAdobe Photoshop Elements、Photoshop LE、 Adobe・PhotoDeluxe・APaint Shop・シリーズ、CorelDraw / Painter Microsoft Digital Image Products、Paintgraphic・APhotoImpact・A ACDSee、蔵衛門シリーズ、デジカメ de!! シリーズ、デジカメの達人、iPhoto、その他デジタル画像編集ソフト
との記述が・・・要は何でもOKというとです^^;

リストの中にはMacプリインストールのiPhotoも入っていたので、私の条件としても全く問題ありませんでした。

エレメンツというPhotoshopの廉価版であっても通常版は1万強はするのですが、結果Amazonで¥ 8,316 (税込)で購入しました。

”乗り換え”扱いとは言うものの、足かせとしたiPhotoはライブラリ管理として今も使い続けていますが^^;



Photoshop自体は以前から少しバージョンは古いものを会社で(Win版)使っていましたが、以前のGraphicConverter、それから会社でのPhotoshopと比べても、流石はIntel Core 2 Duo、画像処理の速度が格段に速い!(お満悦)

気に入らないところとしてはドックなどに表示されるアプリのアイコンが”青丸の中にカメラ”(ここのリンク先ページ中段にあるアイコンと同一)というのがちょっと小ざっぱりしすぎている事(苦笑)

Photoshop Elementsを使い始めてしばらく経ちますが、多少UIが違っている部分もあるので少し戸惑う部分もありますが概ね満足。

・・・もっと早く買っとけば良かった^^;

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事