音楽と建築と日々の生活

こっちが復活しないねと突っ込まれ(アハ)生存確認はプロフィールからw

時々な日記

[ リスト | 詳細 ]

時々な日記をツラツラと書いてます。http://x7.syakuhati.com/bin/ll?090459705
アクセス解析
記事検索
検索

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

皆様、こちらのブログでは大変ご無沙汰しております(大汗)

イメージ 1

(写真と本文は関係無し)

ほぼ2ヶ月近くこの「音楽と建築と日々の生活」の更新が滞ってしまいました。
来月3月6日でこのブログも丸4年目に突入するのですが、これだけの期間更新が空くのはこのブログ始まって以来でしたので私自信驚きデス^^;

今日は特に何をテーマに書く事もなく、思いつくまま書きますが、まずは近況報告ということで・・・元気です^^;

年明け以来、何かと仕事や他の事で今まで以上に時間を取られこちらのブログは手をつけられない状態。。なんとかコメントを返すだけで、ゲスブに至ってはまだ皆様から頂いた”アケオメ年賀状”が放置のまま(^^;;

まあ個人ブログですから「自分のペースでやればよろしい」というのが根底にあるので、いいのかなとも思いつつ、一方ではもう直きこのブログも4歳になろうかとしておりブログとしては中々の長寿。自分の中でもライフワークになっているブログを「更新したい」気持ちもあり葛藤が。

書きたい事は山ほどありますが、昨年年末から年越しに掛けての年末年始旅行記すらもう出しそびれた感が(大汗)

最近は以前よりも増して忙しく、十分に自分のブログを充実していく事が難しいとは思いますが、決して「ブログを止めたい」「離れたい」という気持ちはないので、しばらくこんなスローペースでプチ放置(?(笑))しつつも、完全復活までゆっくりと歩いていこうと思います。

今夜はこの辺で。。。

追記
建築に至っては趣味の建築探訪にもまったく行けず、音楽に至ってはここ何ヶ月も鍵盤を触ってないので、指が化石化しています。(弾いてみるのが怖いくらい^^;)
大好きな音楽もしばらくオアズケになっています。。。
久々の更新です。ブログを放置しているということは忙しいのだと解釈してください^^;

そんな中でついにアレが日本で正規発売をアナウンスしました。で、先ほどポチッとしました(笑)

■ Eye-Fi Share @ Eye-Fi Japan

イメージ 1

・国内発売元:Eye-Fi Japan

正確にはまだ発売(出荷)にはなっておらず、今日現在は予約受付中。
Eye-Fi Japanによると12月下旬から商品入荷次第、順次発送予定で、現在は同社Web siteからアマゾンまたは楽天経由で予約購入が可能となっています。

”予定数を超えた場合は、予約販売を締め切る場合があります”との一文も見えますから気になる方はお早めに・・・



「Eye-Fi Share」は無線LAN機能を内臓したSDカードで、デジカメに装着することにより撮影した画像を無線で設定したコンピュータに飛ばす事ができます。
つまり、今までなら物理的にケーブルでデジカメ<-->コンピュータと接続したり、カードリーダーを使って画像をコンピュータに取り込むといった煩わしい儀式から解放されます。

詳しくは1年程前にアメリカで先行発売された時に書いた過去記事を参照してください。
日本ではアメリカに遅れる事1年でようやく発売となりました。このタイムラグはおそらくは日本での販売法人の確立と国内の電波法絡みの許認可などがあったからだと思われます。

とにもかくにも散々待った私としては迷わず即注文と相成りました^^;

ただ、巷で2GBのノーブランドのSDカードが1,000円以下で買えることを思うと、この「Eye-Fi Share」(価格:9,980円)は高いような(汗)
完全にイノベーターになっている私ですがよしとしましょう(←何が?)

去年のアメリカ本国での発売価格が$99.99だった事と、今の円高を考えれば「こんなものか?」と合点が行きそうですが、恐る恐るUSアマゾンを見てみると$64.99とか言う物も^^;;;

見なかった事で(爆)


大分間延びしたネタですが、この間東京に行った時のある一夜のダイジェスト版です。

日中は私は建築絡みで都内を動いているので、流石に全く無関係の人たちを連れ回すわけに行かず(^^;夜からの集合となりました。
待ち合わせは1軒目の店の関係から清澄白河駅。

■ どぜう 伊せ喜@清澄白河・浜焼 魚松@門前仲町

イメージ 1

まずはどじょうを食べに「どぜう 伊せ喜」へ。(写真上2枚)
看板メニューの「どぜう丸なべ」から始まり、「うなぎ蒲焼」、「うなぎ白焼」と続きその後数品をビール片手にサクッといただき。

創業明治20年の味と伝統は確かなもの。
どじょうの丸鍋は薄めの鉄板に割下を満たしてネギをのせていただきます。
骨までクタクタに煮込まれていて美味♪

それから連れが以前行って美味しかったということで「浜焼 魚松 門前仲町本店」へ。(写真下2枚)
新鮮魚介をテーブルの炭火で焼いていただき。

味の美味さは別として、店のテーブル全てに七輪があるのでとにかく熱い(笑)
冬は快適ですが、終止火と距離をおきながら食べてました(笑)

■ 参拝〜カラオケ〜ビリヤード〜居酒屋@門前仲町〜新宿

イメージ 2

店を出てから何故か一人が「お参りがしたい」ということで富岡八幡宮へ。(写真左上)
そして飲み屋のハシゴではなく、神社のハシゴ深川不動堂にも。(写真右上)
まぁ酔っぱらいの行動ですな(笑)

そして、軽く休憩がてらにカラオケ2時間コース。(写真左下)

その後、このメンバーで一番よく遊んでいる場所ということで新宿へ移動。
そしてビリヤードをやりコマ劇裏の「アシベビリヤード」へ。(写真右下の上)
このビリヤード場は恐らく穴場。この立地にして破格のプレイ代金。機会ある度に足蹴も無く通ってる場所です。

この時点で午前3時過ぎ。
始発待ちと飲み直しを兼ねてラスト一軒。(写真右下の下)
どこだったか忘れましたがチェーン店系居酒屋です^^;



清澄白河で集合したのが17時で新宿解散が早朝5時前(?)
私は昼間も動いていたので結構クタクタ・・・と思いきやこの日は何故か眠気にも襲われず終止元気でした^^;

今では一日何回お世話になっているか判らない程お世話になっているGoogle。

そのGoogleが提供するサービスは、ご存知の通りweb検索に留まらずメール、ニュース、ノート、写真、カレンダー、・・・と上げれば切りがないほど。

その中でもグーグルが提供する「Maps」は軽快な操作性、地図と航空写真を組み合わせたリアリティなど、ケースバイケースで他の地図サービスも使うものの、Google Mapsは私自身最も利用している地図サービスです。

そのGoogle Mapsに航空写真が組み込まれた時も驚きましたが、今回はそれと同じ位の驚きがありました。
google MapsにStreet View(ストリートビュー)機能が追加されました。

アメリカでは既に2007年からサービスインしていましたが、この8月からいよいよ日本でも(まだ一部地域のみ)使えるようになりました。

■ ストリートビュー @ Google Maps

イメージ 1


ストリートビューは、道路越しに景色を360度パノラマで見る事ができるというもの。
航空写真が”鳥の視点”だとすれば、ストリートビューは”人の視点”と言ったところでしょうか。

Googleではストリートビューがどんなものかについて説明した動画も用意しているので詳しい説明はそちらをご覧ください。



元データの取得方法はというとこればかりは人海戦術、車に搭載したパノラマ用カメラ(こんなの)で一定間隔に写真を撮りデータ化しています(笑)
日本でもこのストリートビューの撮影カメラ(車)は目撃されています。

現在のところ、日本の対応エリアはまだ東京・大阪・札幌・仙台など日本の主要12都市に限定されていますが、今後の拡大に期待大です。
ちなみに我が県、新潟は・・・まだです^^;



線情報の地図から航空写真、そして路上写真(?)とマクロからミクロな情報に進化し続けるGoogle Maps。プライバシーについてはストリートビューの画像は最低限の通行人の顔や車のナンバーなどに配慮し情報を修正(顔の修正は自動顔認識システムを導入しているようです)してありますが、ストリートビューを完成させるための素材収集から編集に至までの作業量たるや想像を絶します(汗)

もしも近い将来日本全国をこのストリートビューが網羅する時が来たとすれば、出張、旅行、遊びの行き先など事前に自宅に居ながらにしてバーチャルな現地調査ができるという凄いサービスになる訳です。


・・・希望として・・・今は車で回っていますが、Googleスタッフがヘルメットの上にカメラを付けてもらってもう少し細い道、公開されている敷地に入ってもらえれば・・・私も建築探訪に出かけなくていいかも(笑)冗談ですが^^;;;

ここ最近の私の買い物で多い”買って放置プレイ”シリーズをもう一つ(苦笑)

フォトショップを一般ユーザ向けに機能限定した廉価版「Photoshop Elements」を買いました。(買っていました)

■ Photoshop Elements 6 for Macintosh @ Adobe

イメージ 1


今まで画像のレタッチ・変換には「GraphicConverter」を初代Macの頃から使っていました。
前々からPhotoshopは欲しかったのですが、無ければ無いで不便ではあったものの何とかなっていたという現状もあり今日まで至っていました。

何事も理由や後押しとなるきっかけがあって次のステップ(購買活動)にいくわけで、今回私の場合は今まで使っていた画像の歪曲収差を修正するのに使っていたあるソフトが今のMacBook ProつまりはIntel Macの上では動かなくなったというのが決め手でした。
(以前のPowerBook G4ではそのソフトはクラシック環境で使っていたので、今回のIntel Macで完全に印籠を渡されたという訳です)



Photoshop導入にあたり、私の使用用途(必要機能)からしても本元(?)のPhotoshopまでは不要だったため、その廉価版(とは言っても十分な機能)「Photoshop Elements」を買いました。

Mac版としては初めてのPhotoshopでしたので、完全な新規パッケージ版を・・と思ってたところPhotoshop Elementsには「乗換え・アップグレード版」というのがあり、その対象商品リストには
Photoshop・Album・AAdobe Photoshop Elements、Photoshop LE、 Adobe・PhotoDeluxe・APaint Shop・シリーズ、CorelDraw / Painter Microsoft Digital Image Products、Paintgraphic・APhotoImpact・A ACDSee、蔵衛門シリーズ、デジカメ de!! シリーズ、デジカメの達人、iPhoto、その他デジタル画像編集ソフト
との記述が・・・要は何でもOKというとです^^;

リストの中にはMacプリインストールのiPhotoも入っていたので、私の条件としても全く問題ありませんでした。

エレメンツというPhotoshopの廉価版であっても通常版は1万強はするのですが、結果Amazonで¥ 8,316 (税込)で購入しました。

”乗り換え”扱いとは言うものの、足かせとしたiPhotoはライブラリ管理として今も使い続けていますが^^;



Photoshop自体は以前から少しバージョンは古いものを会社で(Win版)使っていましたが、以前のGraphicConverter、それから会社でのPhotoshopと比べても、流石はIntel Core 2 Duo、画像処理の速度が格段に速い!(お満悦)

気に入らないところとしてはドックなどに表示されるアプリのアイコンが”青丸の中にカメラ”(ここのリンク先ページ中段にあるアイコンと同一)というのがちょっと小ざっぱりしすぎている事(苦笑)

Photoshop Elementsを使い始めてしばらく経ちますが、多少UIが違っている部分もあるので少し戸惑う部分もありますが概ね満足。

・・・もっと早く買っとけば良かった^^;

開く トラックバック(1)

全19ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事