全体表示

[ リスト ]

とらふぐの給食

イメージ 1

篠島小学校で「郷土料理に学ぶ会」が開かれました。

その郷土料理とは、冬の味覚の王様「とらふぐ(!)」のこと。

篠島小学校の6年生を対象に

子供たちに島の名産を知ってもらおうと

学校、漁協、観光協会が協力して毎年開催されています。



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/c4/94/m_sinoji/folder/755643/img_755643_19647530_255?1353071007


まずは、島の漁師さんによるふぐ漁についての講義から始まります。

今年も会場は「ホテル海原」さん。

講師のかたももう講師歴10年以上。

講義も慣れたものです。

子供たちの質問にも的確に答えて、疑問を解決してくれます。



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/c4/94/m_sinoji/folder/755643/img_755643_19647530_253?1353071007



次は、厨房に移動してとらふぐをさばくところを見学します。

今年のふぐ調理師は「民宿 湧泉」さんのご主人。

さすがの手さばきで、1本○万△千円のとらふぐを

手際良く、食べられる部位と食べてはいけないところに分けていきます。



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/c4/94/m_sinoji/folder/755643/img_755643_19647530_256?1353071007



次は、いよいよ学校の家庭科教室に移動して

とらふぐの調理体験。

あらかじめ観光協会で用意した見本のように「てっさ」「てっちり」が完成するでしょうか。



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/c4/94/m_sinoji/folder/755643/img_755643_19647530_258?1353071007



宿のご主人たちに手ほどきを受けながら

子供たちもとらふぐのお刺身「てっさ」に挑戦。

表情も真剣そのものです。



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/c4/94/m_sinoji/folder/755643/img_755643_19647530_254?1353071007



こちらが、6年生の力作です。

いかがでしょうか?

ある意味、とても贅沢なとらふぐのお刺身が出来上がりました。



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/c4/94/m_sinoji/folder/755643/img_755643_19647530_252?1353071007



次は、お待ちかねの給食の時間です。

給食では生のお刺身は食べられないため

メニューは「からあげ」「てっちり(お鍋)」そして、「とらふぐしゃぶしゃぶ」。

みんな美味しそうにたくさん食べて

いつもの給食よりお腹いっぱいになったようです。



以前、「サンデーモーニング」で紹介された際には

大沢親分から『喝』をもらったこともある「とらふぐの給食」。

いかがでしょう、やはり贅沢すぎるとお感じになるでしょうか?


もし、そうだとしたらお詫びするしかありません。

どうか子供たちの笑顔に免じてお許しください。


子供たちの笑顔には、

とらふぐを食べられるうれしさだけでなく

冬の海に乗り出してとらふぐをたくさん獲ってくる島の漁師さんや

それを鮮やかにさばき、美しく調理する宿のご主人たちを

誇らしく思う気持ちが加わっているに違いありません。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事