全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全35ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

御木曳き

イメージ 1


式年遷宮を終えた伊勢神宮より

内宮「東宝殿」であった御用材を譲り受けたのは昨年末。

2月18日、この日までに篠島の大工さん達の手により

美しく削りだされた御用材の「御木曳き」がおこなわれました。



イメージ 2


伊勢からお越しいただいた神宮奉仕会の皆さんの木遣りののち

神明神社と八王子社を目指して御木曳きが始まりました。



イメージ 3


遷宮は今回が初めての経験の子供たちから、もう何度目かのお年寄りまで

神宮奉仕会の皆さんの掛け声にあわせ

綱を引き、島の中を練り歩きます。



イメージ 4


突然の「清めの雨」を受けながら到着した

神明神社付近で木遣りの奉納がおこなわれ、

八王子社に曲がる最後の角では

引き込み専用の木遣りも披露されました。



イメージ 5



「これが終われば、次は20年後。悔いなく引き込みますよ。」と

最後まで元気づけてもらいながら

御用材は無事八王子社に到着。


神宮奉仕会の皆さん、ありがとうございました。

伊勢の方々の神宮に対する思いにも

触れることができたように感じました。



この記事に

開く コメント(2)

伊勢神宮「東宝殿」

イメージ 1


伊勢神宮の「東宝殿」と言えば

内宮の中心「御正殿」の隣に建つ建物。

御垣内の最内にあって、

ごく一握りの人しか目にする事すらできません。

イメージ 2



では、今年春までに行われた

式年遷宮で解体された「東宝殿」はどこに行くのか、

皆さんご存知でしょうか?

答えは、ここ篠島。

島の神明神社として生まれかわるのです。

イメージ 3



今日、篠島にかつて「東宝殿」であったご神材がやってきました。

いよいよ20年に一度の神事の始まりです。

この記事に

開く コメント(1)

松島に沈む夕日

イメージ 1


久しぶりに篠島の南西端

歌碑公園や鯨浜に。

展望台や砂浜から見える

松島に沈む夕日は、さすが「日本の夕日百選」。


この写真で

少しでもお伝えできると良いのですが。

この記事に

開く コメント(0)

ウミガメの産卵

イメージ 1



篠島海水浴場に3年ぶりに

アカウミガメが産卵にやって来ました。


イメージ 2



産卵場所には

「仔ガメの誕生まで皆さんで見守ってあげてください」

と書かれた紙と柵が設置されています。


知多半島と渥美半島に囲まれた内湾に

ウミガメが産卵に来るのは

とても珍しいことだそうです。


でも、何年かに一度

「このきれいな海と砂浜を大切にしよう」と

皆に思い出させてくれるように、

島の浜辺を大切にしながら

ウミガメを待ち続けられたらと思います。



この記事に

開く コメント(3)

海開き

イメージ 1


今日は、篠島海水浴場「サンサンビーチ」の海開き。


「飛び込み台(画像中央の小さな浮島)」の設置も例年どおり。


伊勢神宮遷宮の古材での建て替え直前の

篠島「神明神社」神主さんの

安全祈願も無事に終わりました。


あとは、梅雨明けを待つばかりです。

この記事に

開く コメント(0)

全35ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事