全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
PT1301とFP6291を測ってみました、電圧は5%抵抗を使用しているのでちょっと低めで調整は必要ですが、結果はPT1301は500mA程度で結構電圧うねりが出ています、規格的にも300mAですので、まあいい所を行っていると思います、残念ながらEXTの出力が出てこなかったので外部FETの実験はしていません、ブロックダイヤグラムはそのまま出力が出てくるようになっているのだが、出す方法が良く分からない。PT1301の動作開始電圧は実測は1.2Vでした。

FP6291は予想通り、2Aは無理ですが、リミッターがかかり始めていますが1.5A程度までは出せる様です。
リミット用抵抗は20Kにしました。仕様書は19K〜96Kですが、アプリケーションが10Kになっている。
5V昇圧時の無負荷時の電流は250μA位です、このくらいであれば常に流していても問題はありません。
FP6291はの動作開始電圧は規格2.6Vですが実測は2.2Vでした。2.2Vから動作しますのでモバイルバッテリー用では問題ありませんね。
モバイルバッテリ用の昇圧は1Aは余裕でFP6291を2回路で進めることで、一旦実力検証は終了です。これでモビールバッテリーの昇圧回路はFP6291で決まりです。チョークコイルは前回巻線した2.2μHものを使用しました

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事