おかんのごめんあそばせ

いらっしゃいませ!ありがとうございますあなた様のご訪問をお待ちしておりました。

タンポポの明かり

家の前の石垣の端にタンポポが、灯りを灯したように咲いている。
イメージ 1

名前の響きといい、まんまるな花卉といい、可愛いの一言だ、
玄関までのアプローチに、道しるべの足元灯明のように、植え付けたこともあったが、根付かなかった
人間の思い通りにならないのが、日頃,雑草扱いされているタンポポの気概か?
去年の秋植えた白いタンポポもやっと蕾が顔を見せてくれた。
楽しみだ
しかし、去年植えた種や苗,
どれが雑草か、どれが植えたものか、何を植えたのか、さっぱり覚えていない。
だから危うく引き抜きそうになった。
まったく植物に関してど素人の私である。

この記事に

開く コメント(0)

そぼ降る雨の中…

先日、そぼ降る雨の中、堺市の南宗寺へでかけてきた。
塔頭の大黒菴といえば、大黒庵一閑こと武野紹鴎ゆかりの菩提寺でもある。
そこで、利休の一番弟子でもあった、山上宗二の命日で、法要があった。
驚いたことに、宗二の法要は、やっと、ここ10年前から施行されたというのである。 
当時、一番の権力者であった秀吉の勘気を被って惨殺されたため、その災禍を恐れて、誰もきちんと弔うことを憚られたのだろう。
真っ向勝負で、秀吉に楯突いた宗二の気概と生き方の不器用さが、結果、自身の命を縮めてしまったのだろう。
しかし、本人は、不本意であっても信念を曲げなかったことは、満足しているだろう。
逆に、信念を曲げ、秀吉におもねって生きるほうが、死よりも苦しいことだったろう。
この日の雨は、無念の思いとともに信念を貫き通した清々しさも伝わる思いがした。


講演の後の呈茶席では、日頃くじ運の弱い私が、次客の席を当て、数茶碗ではなく、主茶碗で、お茶をいただいた。
堺名物の小島屋の芥子もちを夫へのお土産に購入し、帰途についた。
お茶の勉強から遠ざかっていたが、また、勉強するきっかけにもなった。
                  一生勉強❗

この記事に

開く コメント(0)

咲いた咲いた


去年の秋に植えた有楽椿、咲いた 
 お茶席では、椿の花で生けれるのは、限られている。
原則として大輪の花は活けない。蕾か、小輪の椿だ。
確かに侘助や、玉椿は可愛い❤💕
それで去年の秋有楽椿の苗を見つけて植えたのだが、早くから、蕾を持っていたが、なかなか咲かず、心待ちにしていた。
毎日、お米のとぎ汁もせっせか上げて待ちに待った。
椿は、四月いっぱいまでのはず、蕾のまま散るのかと、あれこれ夫とともに心配していた。
ともに園芸はど素人…
それが今朝、咲いてくれました。可愛いラッパ型である。
イメージ 1
 

この記事に

開く コメント(0)

お疲れ様

今年は厳しい寒さが続く中、春をよびこんでくれたお内裏様
寒々とした和室を一気に華やかにしてくれたひと月前…
今年は、金沢から実家の母がひと月滞在してくれた。
そんな中、着付けのお稽古に来てくれてる若いお嬢さん方と、母手作りのぜんざいで、ひとときを楽しんだ。

旧暦のお雛祭りも終わり、今日、いいお日和なので、雛飾りを片付け
イメージ 1
最後の日は、お二人向き合って語り合いくださいませ
イメージ 2
イメージ 3

どう?ふくよかなお顔でしょ〜
それでは来年までゆっくりお休みくださいませ


この記事に

開く コメント(0)

涙の最終回

今日は、韓流ドラマ『お願いママ』の最終回
いつもは、録画しておいて、夫と一緒にみるのだが、今日は待ちきれず、カーブス行く予定も放映時間と重なるのでやめて、リアルタイムで観た。
もちろん夫が帰ってからもまた、録画を見るつもりで…そして最終回だけは永久保存に…

復讐ドラマがほとんどの現代劇の中で、珍しくハートウオーミングな家族ドラマだった。
最初から見ていたわけでないのだが、私の好きなキム.ガプスさんが出ているのを発見してから、観始めた
キム・ガプスさんは、『太祖世宗』 など史劇で重厚な両班を演じたかとおもえば、『名家』では、よく深い悪役を、また、『まるごとマイラブ❤』では、コミカルな役を、彼自身が楽しんで演じられていた。
                    幅広い芸域だ。
今回は、ダメオヤジながら、妻と子供達を心から愛する役だった。
歩き方から、背を丸めがちにヒョコヒョコと、いかにも頼りにならない風情で演じていた。
妻のサオクとのやりとりは、夫婦漫才のようで微笑ましかった。
番組後半からのその最愛の妻の病がわかり、亡くなるまでのやりとりが泣けるのである。
最終回の今日は、いよいよ亡くなるのだが、しかし、実に幸せな亡くなり方
リモーショナルウエデイングをしてやり、子供達から祝福されて…
イメージ 2

イメージ 1

そして夫役のキム・がプスの演技、セリフには、涙を誘われた。
6時に夫が帰り、夕食を食べながら、録画スイッチを押す。
                      えっ入ってない、別のチャンネルの番組が入ってる!今日に限って⁉
『うっひゃー、はいってない』
『うっひゃーは、こっちのセリフや』
夫は、夕食を食べてすぐふて寝しました。
                                 チャンチャン

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事