ここから本文です
まーちゃる雑記帳
合宿は晴れます(思い込み作戦)
こんにちは!
まーちゃるです。

月もぶっとい月齢17の10/8日曜日。
GPVを確認するとどうやら我が家のある千葉県柏市付近が1時くらいまで晴れる予報(° ꈊ °)✧キラーン
関東全域曇りの予報の中、こんな予報を見ては行くしかありません!(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑
という訳で、機材のテストを兼ねて家から車で5分の手賀沼まで撮影に出かけました(^-^)

某メッセンジャーグループに予告したところなんとマルさんも来るとの事!
コレでぼっち回避できました(^-^)

この場所は僕が天体写真を撮り始めた頃、5年くらいベースにしていた撮影ポイントなんですが、とにかく空が明るい(笑)
千葉県柏市は意外と田舎なくせに都心からの距離は結構近いため、天頂付近まで西側は壊滅的な明るさになります。

本日のテストメニューは
「MaxImDLでディザーガイドをしよう!」
ということで。
今まで何度か挑戦しようとしたものの…毎度ディザーしないで動作停止してしまうという…
という訳で、テストしてみることにしました(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

ディザーの設定はAutosaveSetupの中にあるDither枠の中で設定するようで。
通常Offになってますが、ココはVia GuiderとVia Mountが選べるようになってます。

イメージ 1


良く分からなかったので最初はVia Mountを選んだところ…
その時の赤道儀が望遠鏡西向きからイナバウアーで対象を導入していたせいか、いざディザー処理に入ったらまさかの反転!!(๑⊙д⊙๑)‼
しかも反転導入後MaxImDLは赤道儀旋回中のままフリーズ(ノД`)
仕方ないので一旦MaxImDLを強制終了して再起動。
もう1度イナバウアーで対象を導入して、今度はVia Guiderで試してみる。
ディザーはX OnlyとY OnlyとX&YがあるのでX&Yを選択。
Max.Dev.は良く分からないのでとりあえず2くらいに。誰か、ココの数字いくつくらいがいいか知ってますか?(ノД`)

イメージ 2


この設定で撮影開始してみたら…
大成功!!(° ꈊ °)
ちゃんと撮影終了後にディザーしてました(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

折角なので月からは少し離れたNGC7380/Sh2-142 魔法使い星雲(Wizard Nebula)、または鳳凰星雲とも呼ばれていますが…を撮影してディザーの様子を窺う(‧⃘︠˾ͨ̅‧⃘︡˒᷅̈́)

イメージ 3


NGC7380/Sh2-142 魔法使い星雲
9/8千葉県柏市手賀沼 月齢17
鏡筒 FSQ-106ED
架台 EM200TEMMA2Z
カメラ QSI583ws
ガイド鏡 GT-40
ガイドカメラ QHY5L-II-M
Ha 1x1ビニング 600秒x8枚
SII 2x2ビニング 300秒x6枚
OIII 2×2ビニング 300秒x12枚
総露出2時間50分
SAO擬似カラー合成

イメージ 4


こっちはAOO擬似カラー合成。

う〜ん…まあ、拡大禁止レベルにしか仕上がっていませんが、もっと枚数を重ねて月が細い時に撮影すれば手賀沼でもイケる手応えがあります(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑
OIIIなんか明るい西側低空にいる時に撮ったのに…
意外に写るものです✧*。(ˊᗜˋ*)✧*。

ナローなら柏でもいいかも(° ꈊ °)✧キラーン

この記事に

こんにちは!
まーちゃるです。

思えば今年5月6月はタイに出張になり。
2回の新月期を雨季のタイで過ごし。
南十字星を撮ってやるぜー!と意気込んだものの、雨季の前に惨敗し。
雑誌に投稿する作品もへったくれもなく。

あー…今年はもうチャンスがあまり無いのだろうなぁ…なんて思っていましたが。

帰国後冷却CCDをGETして!
月の太さなんか関係無いぜー!とばかりにお出かけを繰り返し。
GPVのわずか数時間の黒を信じて無茶な遠征もして。
初めてチャレンジするナローバンドの画像処理でお師匠さんのぴんたんさんに多大なるご指導をいただき。

やっと出来上がったナロー初作品のNGC6888クレセント星雲!
その時の作品は7月21日 房総遠征でお披露目したわけですが。

この記念すべき初ナロー作品が!
な、なんと!
星ナビ11月号に!!
またまた!!!
掲載されました〜!(° ꈊ °)

イメージ 1


うぉ〜!✧*。(ˊᗜˋ*)✧*。
まさかの初ナロー作品で入選とは!
出来すぎですね(*´ω`*)

しかも今月は皆既日食祭り!
星雲系の作品は5作品!
みんな天気悪くて投稿してない疑惑もありますが、並居る常連さんの中に割って入れたのはとても嬉しいです(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

SAO+AOOの手法もどうやらOKのようですし、色々得るもののある掲載でした(^-^)

コレでマイサンとは3対2で勝ち越し!
このまま逃げ切るぜ!(° ꈊ °)✧キラーン

この記事に

おはようございます!
まーちゃるです。

一生懸命画像処理して。
何日か経って、ふと画像を見る。
「何コレ?(๑⊙д⊙๑)‼」
天体写真あるあるですが。
まあ、最近だと前回のSh2-132がそれでして。
改めて見ると炙りすぎて階調に乏しくなんだか塗り絵みたい…( ᵒ̴̶̷̥́ ^ ᵒ̴̶̷̣̥̀  )
ってなりまして。
まあ、元々追加撮影しよう!
RGBも撮って星もキレイにしよう!
と思っていたのもありまして。
折角の先週に続いてのぴんたんさんとの丘遠征ですが、同じもん撮ってきました(笑)

当日は日没と共に急に雲が湧きまして。
機材展開済なのにまさかの雨!
雨自体は以前マルさんに頂いた巨大ビニール袋のお陰で凌げましたが、21時までは車で待機を余儀なくされました(ノД`)
21時からは急速に晴れ渡り、雨のおかげが透明度の高い空が朝まで続きました(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

なのに、色々トラブルが起きまして( •᷄⌓•᷅ )
まあ、何とかなりましたが、撮影スケジュールは全てをこなすことが出来なかったです。残念!

で。RGB合成はまだですが。
とりあえず撮り増し&撮り直し&階調優先の再処理で生まれ変わったSh2-132。
コチラです(^-^)

イメージ 1

鏡筒 FSQ-106ED
架台 EM200TEMMA2Z
カメラ QSI583ws
ガイド鏡 GT-40
ガイドカメラ QHY5L-II-M
Ha 1x1ビニング 600秒x20枚
SII 2x2ビニング 300秒x12枚
OIII 1×1ビニング 600秒x9枚
総露出5時間50分
AOO擬似カラー合成

イメージ 2

SAO擬似カラー合成

帰りにいつもの雲海ポイントで。

イメージ 3

いつにもましてキレイな雲海✧*。(ˊᗜˋ*)✧*。
これもいい空だった要因の一つですね(^-^)

この記事に

こんにちは!
まーちゃるです。

さて。
前回の記事で希望ヶ丘でザラザラ天の川サイコー!
(° ꈊ °)✧キラーン
って、撮ってきたSh2-132のAOOを意気揚々とアップしたわけですが。
SII撮ってるのにAOOしか上げていない不思議。

という訳で、なんだか惑いつつ処理したSAO。
一応うちの画伯は
「いいんじゃね?(‧⃘︠˾ͨ̅‧⃘︡˒᷅̈́)」
っ言っていたので…
とりあえずお披露目です(^-^)

イメージ 1


対象 Sh2-132
題名 迷える子羊は海外作例をリファレンスにして惑う
鏡筒 FSQ-106ED
架台 EM200TEMMA2Z
カメラ QSI583ws
ガイド鏡 GT-40
ガイドカメラ QHY5L-II-M
Ha 1x1ビニング 600秒x12枚
SII 2x2ビニング 300秒x9枚
OIII 1×1ビニング 600秒x9枚
総露出4時間15分
SAO擬似カラー合成

う〜ん…まあ、こんなものかなぁ?
よくわかんない(笑)
でも、しばらく置いて後で見て。
おかしかったら差し替えちゃえばいいか(^-^)

前回のAOOも実は差し替えてるしね(ノД`)

※追記
差し替えるとインデックス画像がなくなるので再処理画像を追加します(^-^)

イメージ 2

この記事に

こんばんは!
まーちゃるです。

今年はずっと新月期に晴れなくて。
まあ、僕が雨季のタイに行ってる時には晴れ間もあったようですが(ノД`)

とにかく僕的には今年新月期まともに写真を撮れた記憶が薄くて。
とは言え、新しい仲間のQSI583のお陰で月が太くてもある程度撮れるようにはなったのでまだ助かってますが(^-^)

「でも、やっぱ天体写真は新月期でしょ!」

ってことで。
先週からずっと暇さえあればGPV眺めてまして。
悩んだ末に金曜午前中に
「日曜日夜に賭ける!!!」
と決めて月曜有給取得して日曜日の夜にぴんたんさんと共に福島県塙町まで行ってきました!
前振り長い!!!

まあ、この遠征、ココ最近では珍しく大成功でして。
白鳥からカシオペアにかけての天の川がザラザラに見えるくらい透明度も高く。
いい空に恵まれました(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

まずは前回遠征で月にやられてOIIIが残念になり、文字通りご苦労さんになってしまったIC59/63のOIIIを撮り直し。
その後は本日のメインイベント!
Sh2-132。
本当はデジカメでも撮影してAOO+RGBを目論んでましたが、ちょこちょこトラブルで撮影中断がありナローの分で精一杯でした(ノД`)
まあそれでもまだちょっとHa撮り増ししたいなぁ…ということで。コレから晴れたら怒涛のHa撮り増し態勢です(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

今週末も晴れないかなぁ✧*。(ˊᗜˋ*)✧*。

イメージ 1

対象 IC59/63
題名 生まれ変わったツィー周辺
鏡筒 FSQ-106ED
架台 EM200TEMMA2Z
カメラ QSI583ws
ガイド鏡 GT-40
ガイドカメラ QHY5L-II-M
Ha 1x1ビニング 600秒x15枚
SII 2x2ビニング 300秒x12枚
OIII 2×2ビニング 300秒x12枚←New!
総露出4時間30分
SAO擬似カラー合成

イメージ 2

AOO擬似カラー合成

イメージ 3

対象 Sh2-132
鏡筒 FSQ-106ED
架台 EM200TEMMA2Z
カメラ QSI583ws
ガイド鏡 GT-40
ガイドカメラ QHY5L-II-M
Ha 1x1ビニング 600秒x12枚
SII 2x2ビニング 300秒x9枚
OIII 1×1ビニング 600秒x9枚
総露出4時間15分
AOO擬似カラー合成

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事