ここから本文です
まーちゃる雑記帳
マイサンロードが消えてしまった…(ノД`)

マイサン神対応

おはようございます!
まーちゃるです。

昨日お昼くらいから。
関東地方は大雪になりまして。
まあ、大雪と言っても雪国の方々からすればちょこっと降ったくらいなのですが…

家に帰るのにいつもは1時間くらいの道のりが、2時間半かかりました(ノД`)

で。
明けて本日ですが。
どうしても出なくてはいけない会議が午前中にありまして。
休めないなぁ…と( ・᷄-・᷅ ).。oஇ

朝、積もった雪の中をザクザク歩いていかなくてはいけないのかと。
そう思っていたら。

雪のため休校になったマイサンが朝5時に起きて僕のために車通りのある道まで道を作ってくれました!!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

肝心のマイサンの写真撮り忘れた(ノД`)
道を作り終えたマイサンは防火水槽に積もった雪で雪遊びしてましたが。

サンキューマイサン!!
近所のお父さん達もみんな喜ぶぞ!

この記事に

こんばんは!
まーちゃるです。

前回の記事で。
その活躍が評価され、特別出演を果たした画伯ですが。
この度長年の努力の甲斐があって、剛柔流空手道で2段の段位を無事ゲットしました!
イメージ 1

おー!
すげー!
2段ってなかなかですよ。

よく頑張りました!
え?
マイサンは?って?
確か黒帯は取ったから…今確か初…うわっ!何をする!?やめ…

この記事に

こんばんは!
まーちゃるです。

え〜…
実に1年4ヶ月にも及ぶ期間。
天文ガイドには縁がなく(ノД`)
あぁ…きっと僕の作風は天文ガイドさんには合わないのではなかろうか?(*꒦ິ⌓꒦ີ)

そんなことを考えつつ。
まあ、どうせ載らないのだろうと天文ガイドへの投稿をしばらくしない時期もありましたが(^^;;

ナローを始めて。
そこそこ思ったような作品を仕上げることができるようになって。
天文ガイドさんへの投稿を再開しまして!

まあ、先月は普通に撃沈したんですが(^^;;
やはりダメなんだろうか?
何かが足りないんだろうか!?
なんて不安になりつつ、投稿し続けまして。

やっと!やっとですよ!
1年4ヶ月ぶりに!!
天文ガイド2月号に!!!
ようやく!!!!
掲載されました〜(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

イメージ 1


今回は作品の評価及び色の指導をしていただいた画伯の功績を認めまして。
久々の画伯登場です(笑)
画伯たっての希望でSNOWでの撮影のため肝心の誌面の色がおかしくなってます(ノД`)

投稿作品はコチラです(^-^)

いやぁ〜良かった(ノД`)
コレで載ることが出来るのは分かったので!
これからも頑張るぞ〜(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

この記事に

こんにちは!
まーちゃるです。

新年になって飛ばしております(^-^)
それもこれも夜間外出禁止令のおかげなのですが、まあ検証が捗ることったらないです(ノД`)

前の記事でふぁーふぁーの呪いについて記載しましたが。
あぷらなーとさん考案のクールピクセル補正法はちょっとだけ手間がかかりまして。

「たすけてドラえも〜ん(ノД`)」

と。こともあろうにFlatAidePro開発者であるぴんたんさんにお話したところ!

てれれれってれー
「バッチ演算に画像の演算を追加したよ!⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝」

と。まさに驚速((((;゚Д゚))))
更に東葛星見隊忘年会でもお話しまして。
なんとかクールピクセル補正法を実装したいなぁと!
そんな話をされていまして、期待していたところ。
年明けてすぐの1/2にまさかの神速で実装されました!!(๑⊙д⊙๑)‼

コレは凄い!凄すぎる!!

というわけで。
早速使ってみました(^-^)

まずはコチラを見ていただこう…

イメージ 1


お分かりいただけただろうか?
コレはディザし忘れて撮ったM78なんですが…
位置合わせなしでスタックするとクールピクセルがあらわになりまして(ノД`)
まあね、僕のASI1600MM PROはクールピクセルと言うよりクールラインって言いたくなるほどクールピクセルの多い行とそうでない行が交互に配置される
「不良品じゃねーのか?(ꐦ°᷄д°᷅)」
って言いたくなるレベルのクールピクセル具合なのですが(ノД`)

こいつを何も考えずに位置合わせしてスタックすると
ででん!

イメージ 2


出た!!ふぁーふぁーの呪い!!
いやぁ、困りますね、マジで。

それならば!と、FlatAidePro立ち上げて。
プロセスからバッチ演算を選択しまして

イメージ 3


そうすると別ウィンドウが立ち上がる訳ですが、そこで呪われたファイルたちを「演算対象画像ファイル」にブラウズからでもドラッグ&ドロップからでも放り込みまして。

イメージ 4


クールピクセル補正のラジオボタンをON、保存先フォルダーを選択して実行するだけ!!

しばらくすると「終わったよ〜(^-^)」って教えてくれます。

イメージ 5


この処理前と処理後を1枚画像で比較してみると

イメージ 6


おおお!?
クールピクセルが補正されてるのが1枚画像でも分かる!!

こうしてディスペルされたファイルを位置合わせしてスタックすると…
でで(ry

イメージ 7


おおおお!!
見事解呪されてる!!!
ディスペル成功!!(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

ちなみに手作業でクールピクセル補正法を実施した場合とFlatAideProで補正した場合と何もしない場合を比べると

イメージ 8


こんな感じで。
いやぁ、コレ完璧ですね✧*。(ˊᗜˋ*)✧*。

クールピクセル痕はディザしてても残るので、この処理は必須です。
特にクールピクセルが異様に多いASI1600MMに関しては。

って言うか、結構ASI1600MM COOL売れてるはずなんだけど、みんな大丈夫なのかなぁ?

この記事に

新年明けましておめでとうございますm(_ _)m
まーちゃるです。

新年と来ればお休み!
お休みと言えば遠征!
といきたいところですが、満月期&夜間外出禁止令のダブルパンチで家で悶々としています(ノД`)

まあ、ただ悶々としていても仕方が無いので。
新兵器のASI1600MM PROのちょうど良さげな設定を探ってみようかと。
そんなことを考えまして。

まず、Gain?
今までのデジカメだとISOって感じなのでGainなんて言われてもなんだかよくわかりません。
デフォルトだとGain139のオフセット21くらいがいいらしいのですが…

というわけで、じゃあGain139ってISOで言うとどれくらいなのよ?ってことになるんですが。
まあ、色々ググってみて、計算式見つけたので計算してみるとこんな感じで。

イメージ 1

Gain139はISO495くらいでした。(Gain0がISO100相当だとして)
これだと淡いところのS/N上げるにはホントに多数枚撮らないとなかなか厳しそうだなぁということで。
Gain200〜250くらい、ISOで言うと1000〜1800くらいで撮りたいなぁと思いまして。
そうすると、じゃあその時のオフセットはどれくらいがいいのよ?ってことになるんですが。

オフセットについてまた色々ググってみると、どうやらダークを撮った時にダークのヒストグラムの左側(シャドー側)が0を潜らないようにギリギリ設定すると一番DRが広く取れると。
つまり、設定オフセットで一番ノイズが少ない(ヒストグラムが一番左に寄る)時にヒストグラムの裾が0を潜らなければいいのかな?と思って、色々設定変えて撮ってみました(^-^)

通常露光ではASI1600MM PROは一番短くて180秒設定で撮る予定なので、180秒を一番冷やした条件(-30℃)でダークを撮ってみて0を潜らなければいいのかな?ってことでギリギリ選手権でオフセットを決めました(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

まずGain200の場合、オフセットはGain139と同じ21でも-30℃180秒で問題なさそう(^-^)

イメージ 2

次にGain250の場合、オフセットは40で-30℃180秒でどうやらギリギリ。

イメージ 3

まあ、この設定だと両方とも露光10秒だと0を潜りますが、露光10秒は飽和復元合成でしか使わないのでそこは割り切って、Gain200 Offset21、Gain250 Offset40に仮決めしてダークを撮影。
各Gainで比較してみると…

冬想定 冷却温度 -30℃ 300秒

イメージ 4

うん。まあ-30℃まで冷やせばヒストグラムのハイライト側を3000まで切り詰めてもほとんど差がないです。Gain250は問題なさそう。

夏想定 冷却温度 -15℃ 300秒

イメージ 5

う〜ん…Gain250ではちょっとホットピクセルが目立ってきてます。
でもまあ、ハイライト側を切り詰めなければ見えないレベルなので使おうと思えば使える感じです。

熱帯夜想定 冷却温度 -10℃ 300秒

イメージ 6

おっと…ホットピクセル以外にもなんだかモヤモヤしてきました。-10℃くらいで撮る時はGainは200くらいにしといた方がいいのかなぁ?

まあ、いずれにしてもフルレンジではキレイなものなんですけどね…
通常Gain250で運用して、-10℃くらいまでしか冷やせない時はGain200で。低感度が欲しい時はGain139くらいで撮影する感じがいいのかなぁ?

とりあえず、この3つの設定で状況によって使い分けてみよう!そうしよう!(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事