ここから本文です
マリン・ブルーの釣行記です!(^^)! 無事故、ケガなしは最大の釣果ですよ〜^^

書庫全体表示

どうなの!? 沖の瀬

イメージ 1

 24日土曜 いつものメンバーに深場釣り初挑戦のT.T氏の友を交え5人での釣行
天候は悪い予報に反し、薄雲が広がっているが雨が降る事無く海上は凪ぎでした。
船宿のHPには、予報悪くお客が少ないと。何とも船宿泣かせの天気予報だこと・・・。

 ここの所、沖の瀬の状況が悪いので初めからアコウ狙いでと考えていたようだが
とりあえず様子見で沖の瀬へ。
魚探の反応が少ないのか?いつもより少し長く船を回しての第1投
上潮が早いようだが、底立ちは取りやすかった。
いつもの一投目なら直ぐアタリが来るのだが来ない (>_< やはり状況が悪そうだ

 しばらくすると「来たよ〜」とオレンジ氏。 私は、10M程上げて落とし込みでの誘い中
期待しつつ落とし着底、糸を張り様子を見たら ありゃりゃ何か変 根掛かりしてしまった (>_<
それにしても変、重いながら巻き上がる どうやら落し物に絡んだようだ まいったなぁ〜・・・
周りが「来た!来た!」と言う中、寂しく画撮りをする事に。

イメージ 2

 師匠の竿は、何やら多数付いている様子。 
手繰り上げていくと画像の通り 「小さいなぁ〜」と言いつつ次々上がっていく。
撮り遅れたが、1キロ弱のムツも。 いつもながら、流石の一言

イメージ 3

 「おっ! いいムツだぁ〜(^^♪」とオレンジ氏から。 駆け寄って画撮りをお願いする
「ムツは、かなり相性が悪いんだが釣れたよ〜」と推定1.2〜3キロのムツにニッコリ。
相性が悪いのに釣れる・・・ 海の異変と関係あるのか!? (笑
TVで伊東の海の水温が昨年より2度上昇していて、死滅回遊魚が冬を越し生きていると報道されていた

イメージ 4

 私もムツをと底を狙っていたら「底を狙いすぎ! 錘が底を引きずっているよ」と師匠から指摘
少し上目にしたら、なるほど上潮が早いせいか底立ちの感覚が違っていた。
それでかなり注意深く見ていた事もあり、いきなりの10M程のタナの変化に対応出来た。
皆、根掛りしてしまった中、一人なんとかここで一人勝ちをしたいところだが、なにせ運のみの釣り師
根掛りしなかった事だけの運で、釣れる事は無かった (o_ _)o

 反応があるので粘ってみるものの、いいアタリが来たと思ったら画像の小さいメダイ
今度こそと上げていくとサメ・・・  らちが明かないので諦めてアコウ場へ移動。

イメージ 5

 ここでは、ポツポツとアタリがある。 
最初に釣れたのは師匠 小さいながら綺麗な橙色のホウズキ。
アコウとは別格の美味さがある。どこがどう違うのか聞かれても困るので、私がやっと釣れたアコウと
並べてみました。 左がホウズキ。右アコウ。

 やっと釣れたアコウは、終盤に着底し底立ちを取ったら師匠と同時にアタリ
しかしながアタリが小さく船長に「ホントにアタリがあったのか?」と疑われる。
「ちょっと糸を張ってみぃ〜」と船長 張ってみると「・・・付いてね〜よぉ〜」と・・・
んん・・・ そんな事は無いと糸を送って様子見 竿先がたまに引き込む
「ほらほら! 付いてるよ〜!」と私  
「あぁん・・・ アタリが小せいよぉ〜 ろくなもんじゃねぇ〜」と船長
巻上げが開始され竿が引き込まれて「ほら! この曲がりなら付いてるでしょう!」と私
「上潮が早いから、そう見えるんだよぉ〜」と完全否定
絶対アコウであってくれと願いつつ、先糸を掴み手繰り上げると船長が覗く
「ありゃ〜 何か付いてんなぁ〜 ・・・ アコウだ!・・・」 船長その場から逃げる
こうなったら私の毒舌炸裂! 「三度もよく否定したもんだ! ろくなもんじゃないってっかぁ〜!」
船長は、ボソボソ小さな声で言い訳しつつ逃げ  釣友の爆笑を誘った一コマでした。

いつも私の所に来ては何かしらちょっかいをする船長 これもまた楽しい。

イメージ 6

 さて、初深場釣りのT.T氏の友 シムケンさんはというと、ビギナーズラックそのもの!
師匠の手ほどきもあり、私のやっと釣ったアコウ(私のは、ダイワのクーラー430Dの上での撮影)
より二周りデカイ、ホウズキとアコウを釣り上げ竿頭となった。皆からの祝福に満面の笑みでしたね。

一方、連れてきたT.T先生は撃沈。 師匠が手ほどきしたとはいえ、先生が釣れないとね〜・・・
T.T氏 イニシャルの文字通り (T_T) の状態だなぁ
とは言っても気の毒だよなぁ たぶん、初深場釣りに不安を抱えたシムケンさんに
針数を少なくすれば簡単だし、道具・仕掛けは任して!大丈夫! キンメがゾロゾロだぞ〜って
誘ったに違いない。万が一釣れなくても、自分の釣ったのをあげ魚の美味しさだけでも
味わそうと思っていたろうに。(私も船釣り初心者の時に、頂いた事がある)
しかし結果オーライ! シムケンさんハマってしまったらしく、竿・リールを買って次回に備えたいと。
(T_T)氏 よかったね〜!

 釣果:アコウ1尾・メダイ1尾・小キンメ2尾と、ここ最近にない貧果でした。
今後、沖の瀬はどうなるのだろう? 水温が高いので、もうオッペタンコも回遊してるし・・・
温暖化が、かなり身近に感じる釣行でした。

この記事に

  • 顔アイコン

    美味そうなムツにキンメにアコウですね♪おめでとうございま〜す。遠くに見えるは城ヶ島でしょうか!?

    mejinachan2007

    2007/3/27(火) 午前 11:15

    返信する
  • 顔アイコン

    風景の画像は、城ヶ島です。日の出と撮りたかったのですが、出た時には沖でした(^^ゞ。。。釣りの方は、顔を見られただけでも好かったかな。。 欲を言えば、キンメ・アコウ・ムツと深場御三家を1尾づつだったら食卓も賑やかだったのですけどね。。昨年は、良い型のクロを上げましたね〜。。今年は、そろそろ出陣ですか?。。更新を楽しみにしています。

    マリン・ブルー

    2007/3/27(火) 午後 0:44

    返信する
  • いい釣果ですね。私もこれだけ釣ってみたいです。

    [ PF13 A3 ]

    2007/3/27(火) 午後 7:22

    返信する
  • 顔アイコン

    全て自分で釣ったものなら、いいのですけど・・。余りにも貧果だったので、師匠や釣友のを写して見栄えを良くしただけなんです (^^ゞ

    マリン・ブルー

    2007/3/28(水) 午前 9:05

    返信する
  • 顔アイコン

    コメントありがとうござま〜す 真鯛はこれからがんばりま〜す 削除

    [ okiduridaichan ]

    2007/4/2(月) 午後 5:55

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事