ここから本文です
樹木についてのブログ

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

増井千晶碧井椿
「き」「木」や「tree」というのは古代から用いられてきた呼称・概念である。

現代では、「木」は高木と低木の総称であるとも、木は大きさによって高木(喬木 きょうぼく)と低木(灌木 かんぼく)に区別する、とも。 「木・樹」と言って、たちき(立木)を指していることもある。また「木・樹」と言って、特に高木を指す場合もある。

現代の植物学では(素朴な言葉として用いられている「木」という語を避け、学術的な用語を用いる場合)「木本植物」という用語で呼んでおり、これは「草(草本植物)」と対比する語である。

硬い幹をもち、幾本もの枝があり、地面に根を張り、生長する。幹は木質化し、次第に太く成長する。枝の先には葉と芽を付け、花を咲かせ、主に種子をもって繁殖する。

高さは、高いものではたとえばオーストラリアのユーカリの一種や北米のセコイアオスギのように130mほどに達するものがあり、小さいものではフッキソウやヤブコウジのような例がある。
高木が集まり森林をつくる

高木が集まってできた植物社会が森林であり、地球の陸地のほぼ半分は森林で占められているものの、近年は伐採(森林破壊)が進行中である。

木は古来、人間の生活・文化と密接な関係があり、洋の東西を問わず祭祀に何らかのかかわりを持っている。
増井千晶碧井椿

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事