ここから本文です
線香HANABI
お一人様でパチパチと見せる火花は綺麗だね

好きな事を好きなだけ

イメージ 1


ユーロドル日足(2周目)
2018/7〜2018/10

平日の朝より少し早めに目覚めてしまい、朝日を浴びながらコーヒー飲んで軽く読書。そこからグラフを今日現在の所までかききり、途中 クリさんとお電話した後に買い物へ。

今日はトマト鍋と週明けの弁当用の牛丼を作るつもりでいたので、買ってきた材料を下ごしらえしたところで睡魔に襲われお昼寝。起きたら16:30過ぎだったのでだいぶスッキリした。

ゴボウをささがき、玉ねぎ切って、牛肉ざく切りストーブポン。テンポよく完成。簡単だけど鍋蓋開けた時のゴボウの香りがファーってなるのがいいんよ。

イメージ 2


トマト鍋は絶品鍋レシピより。アサリと焼いたベーコン、塩麹で下ごしらえした豚バラを使ったので、塩はいれなくても味はしっかりする。

イメージ 3


パルメザンチーズとタバスコかけたらもはや言葉はいらない。明日残りの材料でもう一回作って、締めはご飯いれて、山ほどチーズかけてリゾットにする。書いててまたお腹減るがここで食うと太るから我慢。

昨日の想い人のおじさまの訃報が今日来たらしくかなり落ち込んでいたので電話で寝るまでお話しを聞いてあげた。その人を知らない僕でもその方の人柄をよく話せていたので昔気質の良い人だったんだな。困った人はほっとけないタイプだったと話していた。泣き疲れてそのまま寝てしまったので僕も一安心。

その後、場帳を一年分書きおえて1日を終えた。

好きなことだけしていた。
好きな事を好きなだけ。

この記事に

途切れそうになる前に

イメージ 1


ユロドル日足(2周目)
2018/1〜2018/6

今朝何となく感じた感覚を途切れさせたくなかったので帰宅後ムチ打ってグラフ書き。

久々に8時間くらいバイク乗って腰が痛い。

この記事に

イメージ 1


ユーロドル日足(2周目)
2017/7〜2017/12

久々に太陽がしっかり出た気がします。平日と同じ時間に目が覚めても渋々起きる平日と違い休日の起床はだいぶ主体的。

日課の掃除を終えて、場帳と折れ線、グラフを更新。今日折れ線を見たときに価格が反発する時の角度が目につきました。反転する時の折れ線の角度ってダラダラ上がり続ける時やゆるゆる崩れていく時と違って違和感を感じます。箱足だとあんまり気にならなかったけど折れ線だとわりと角度が顕著にでる。コツンでなく僕の場合はキュッて感じ。これが箱足だと動きがクドクなって流れが素直に感じづらくなるから折れ線の方が素直に流れが見られるということなのかなと。

朝のうちに日足のグラフを書き終えて今日は千葉までバイクでお出かけ。家にあったお金を財布に突っ込んで想い人に蕩尽(贈与?)してきます。自分に使う以上に好きな人や友達とかにお金を使う事って満たされる気がする。

この記事に

あれ、とんきだ。

イメージ 1


ユーロドル日足(2周目)
2017/1〜2017/6

今日はドル円とユロドルのどちらの銘柄を売買続けていこうか考えていました。お昼休みを迎えて駅前まで出て、なんか良いもん食べたいなぁと歩いていたら

イメージ 2



あれ、とんきだ。
今まで全然気づかなかったのですけど、僕の職場の最寄り駅に恐らく目黒のとんきから暖簾分けされた とんきがありました。そのまま吸い込まれるようにお店へ。

イメージ 3


ロースカツ定食1,500円。
女将さんがえらい元気でキャベツ二回もお代わりしてしまった。衣が普通のトンカツっぽくなくて美味しかった。トンカツ食ってたらふとドル円が浮かんだのでドル円で行くことにします。このブログ始める前まで書いていたユーロ円は値動きが嫌ですぐ切れましたけど、ユロドルは少し悩みました。決めたらわりとスッキリした。

グラフも場帳も銘柄が少ない分、飽きるほど何回も同じもの書いていく方針で。今36であと30〜50年くらい生きたとしたらひと月144枚書くと約18年で30,000枚オーバー。寿命が来る前になんとかなる。

今のペースだとひと月でドル円とユロドルをそれぞれ72枚(過去6年分)は書くので18年飽きずにこのペースで書き続けるとKEYさんの在庫を使い切る(笑)50歳くらいには少しはマシにどころかもうお金はイイっす状態になれるならどんなめんどくさい事もやれるな。社会的なめんどくさい事に携わるくらいならどんな面倒な事でもやるという矛盾に満ちた心境です。口だけならなんとでも言えるのでとにかく粛々とやろう。

イメージ 4


これ読んでみたかったので、この後は読書。

この記事に

売買を一旦綺麗に

イメージ 1


ユーロドル日足(2周目)
2016/1〜2016/12

猫さんに頂いた練習譜を自分で書き起こしてみて、グラフと見比べてみた。これ全部利食いじゃん…言葉を失った。
え?こんな風になるの?今まで、本とかで勝率悪くてもドカンと勝てばいいとか、だいたい損切りばかりだよと読んでいたが、目の前の譜は勝率100%である。カルチャアショックとはこのことだ。

手が合うという言葉が脳裏から離れない。昨日からずっと試し玉について考えていた。というより勝手に思考に登場してきた。夢の中にまで出てきたんだからもうずっとそればっかだった。今もグラフ書いてる時も手を合わせていくという事が頭から離れない。

こういう状態に入ると今までの経験上、頭が急激に回り出す。何か新しい事を体得するときはいつもこのカルチャアショックからずっとそれが頭から離れないという段階を経て、実際やって、散々しくじりを繰り返して、気づいたらある時出来ていたみたいなことが多かった。多分1000本ノックをやってるときも最初は手ごたえとかサッパリで、やってたらいつのまにか少しはマシになっていたみたいな状態が…来ればいいなと思っている。

ひとまず余計な玉を一旦落とした。

ドル円
10/4 114.48 1-
10/9 113.16 -1 1-1
10/11 112.27 -1 1-2
10/18 112.68 -1 -2 売玉利食い

ユロドル
9/14 1693 1-
9/21 1777 2- 3-
10/2 1578 -3 3-3
10/4 1484 -1 2-3 利食い
10/9 1493 1- 2-2
10/12 1591 1- 3-2
10/18 1503 -3 売玉利食い
1503 2- 買玉手仕舞い ○

ドル円の2分割の買玉も今週で落として、また試しからちゃんと2分割を。売買譜を見返しても両建てすると何してるのかわからなくなるのがありありと伝わる。結果利食いでも練習になってないのがわかった。営業日ベースで5日でクルクル。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事