ここから本文です
線香HANABI
お一人様でパチパチと見せる火花は綺麗だね

ミカンジャム

一人で食べたら確実にカビる程のミカンをもらった。

昨日は仕事中から風邪の気配を感じ、気配のうちに建て直すつもりで体をとにかく暖めた。体温上げて休めば大概は気配のうちになんとかなる。今日は休みだったので朝からずっと料理や場帳を作っていた。

イメージ 1


オタマ回しながら本を片手に煮詰める。

イメージ 2


その間にプリンターをフル稼働で場帳を刷る。

イメージ 3


ミカンジャムでスペアリブを作ろうとしたが、スペアリブがなかったので豚ロースをぶつ切りにし、赤カブと煮込んだ。白ワイン、醤油ベースで作ってみたが赤カブは少しクセが強いなと思う。白カブか大根にすれば良かったかなと次回に活かすことに。あとロースでやると赤みの部分が固くなり、食べると豚臭さが残るので、これもまたなかなかつらいなと思った。人様に出せるレベルではないのでこれからしばらく一人で食べていくしかないが、試しの料理はしくじると全責任を自分で追わされ処理する羽目になるので否が応でも合わない食材の組み合わせに敏感になる気がした。

イメージ 4

この記事に

温泉のいい季節

いきなり気温がグッと寒くなった。寒い日に露天のある温泉にいき、冷えた体を温泉であっためるのが好きで、露天だと外は寒いからずっと入っていられる。急激な体温変化は逆に良くない気もするがこの快感はやめられない。

神奈川にある施設温泉で昨日は温泉と岩盤浴を楽しんだ。

イメージ 1


これ以上寒くなり路面が凍り出すと山の温泉にはバイクではいけなくなるからしばらくは近場の温泉をローテーションで入っていくことになるのだろう。たまに一人で本を数冊持って温泉宿に行き、温泉入ってゴロゴロしながらその宿で本を読んだりして過ごす事をやるのだが、一人泊まりで行くと食事の席で結構同じように一人で来ている人を見るので、多分気楽なんだろうなと思いながら眺めてたりする。そういう人はだいたいビールを2,3本つけるが僕は飲めないのでいつも烏龍茶だ。また春になったらバイクにまたがり、本を持って行きたいものである。

イメージ 2


せっせと通貨の場帳作り。今日はポンド円。

この記事に

明日は久しぶりに温泉

直近のドル円売買

12/6 113.12 1-
12/7 112.72 -1 ○

12/4に利確してから陽線一本目で入り直したらすぐ垂れてしまった。弱いなぁ。

ここ最近、今日もだけど藤原直哉氏の動画をずっと見ている。jinさんよりハマってしまった(笑)
株価や為替の話も面白いのだが、それ以上に海外の情勢とか、ブロックチェーン技術、仕事のやり方なんかの話が面白くて場帳書きながらずっと流している感じ。今年の初めに話してた時事内容がガンガン当たってて凄いなと思った。一本2時間以上ある動画ばかりだが、話し方に独特の節があるから面白くてずっと聞いていられる。やっぱどんないいこと話してても面白くないと聞き続けられないなと思った。

この記事に

ドル円売買

昨日、やっとドル円が動いてくれた。


11/5 113.22 1-
11/7 113.41 1-
11/9 114.02 2-
11/16 113.11 -1
同日 112.86 -3 ○

11/21 112.72 1-
11/22 113.09 2-
11/23 112.89 -3 ○
(早い気がして手仕舞い)


11/27 113.56 1-
11/28 113.76 2-
12/4 112.80 -3 ○

高値114円付近にちょうど本玉が来るように陽線新値で玉を建て、綺麗に取れた。ザラ場はほとんど手を出さないで朝の7時に注文という株の寄り付き売買のようなスタイルにしているので、ピンの高値に玉は建たなくてもちゃんと戻りを売れている感じ。日足ベースの取引ではあるが1000本ノックは続きます。戻ったらしつこく何度も売ろう。

イメージ 1


こみつ という品種のリンゴをお歳暮で頂いた。ひと玉500円と随分なお値段だが食べたら普通のリンゴより全然甘い。蜜が果実内にふんだんに入っているのが特徴みたい。

イメージ 2


シーフードカレーにチーズとタバスコかけてイタリアン風に。味変してまた美味しく頂けた。

猫さん紹介の動画を見て、取引はしないが対円のユーロの動きを見てみたく、またユーロ円の場帳を書くことに。というより色んな通貨の動きをもっと見たくなった。これからユーロがどんな動きするのか気になる。

この記事に

お料理デイ

PKさんにアップルパイの事を聞いて今日は作ってみることにした。パイシートとシナモン、カスタードが無かったのでまずはお買い物。他にも色々買ってきて久々に沢山作った。

イメージ 1


冷凍のパイシートを解凍してフニャフニャし出してから成形する。ちなみにアップルパイとかお菓子系はほとんど作らないので果たしてどうなることか。

イメージ 2


ひとまずパイシートのセンターにカスタードを塗ってその上に先日作ったリンゴのコンフィチュールを乗っけてみる。本当は周りに卵黄液という卵黄を水で溶いたものを塗って上からパイシートを被せて二枚を接合するらしいが、卵が無かったのでバターで代用。まあくっつきゃ何でもいいだろうと適当さが露わに。

イメージ 3


上のパイシートに切れ目を入れてから接合した。実はこの接合は継ぎ目をフォークで押し込むみたいに書いてあったのだが読んだときは意味が分からず、図を見てたら後でわかった。フォークを横にして細かく線を付けるように本当は接合するみたい。

オーブンレンジで焼いてたら指でくっつけたもんだから周りもなんかモコモコ膨らんできてスポンジボブみたいになってたのできっとアップルパイでなく、アップルパイを目指したモノが出来るのだろうなと不安を拭えなかった。

だがしかし

イメージ 4


焼いたら意外となんとかなるもんだね。これはこれでアリじゃないか。

2枚作ったので、1枚は味気ない食事をしているであろうこの前バイク事故で入院した友達に持っていくことにした。手作りのアップルパイを見舞いにもっていくなんて彼女、奥さん以外の何者でもない振る舞いであった。出来たてはサクサクしてて、甘さもコンフィチュールがほどほどの甘さだから甘さでモッタリしてなく美味しいと喜んでもらえた。マックのアップルパイよりイケルって。

骨折だと動けないからヒマだというのは自身もかつて入院した経験からわかっていたのでライトノベルを10冊ほど差し入れ。普段あまり本読まないと話していたので軽く読める化物語をチョイス。というか僕がこれしかライトノベルもってないので選択の余地なし。軽く談笑して帰宅。

そこから

イメージ 5


シーフードピラフ。今日はボイルした紐付きホタテもいれていつもより更に具沢山。これは明日からのお弁当。

イメージ 6


ココナッツカレー。普段のカレーよりわりと時短で出来るので色々詰め込んだ日はこっちにしている。もともとココナッツ鍋からアイデアをもらって作っているのでライスなしでも食べられるけどこれをシーフードピラフにかけて食べると美味しい。

久々に色々作った休日だったなぁ。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事