全体表示

[ リスト ]

野球人生の中で何度も何度も挫折しました。
大きく分ければ二つ。
一つはピッチング、もう一つはバッティング・・・。

長くなるのを避けるために(笑)ピッチング編、バッティング編に分けましょうね。
今回はピッチング編から・・・。

イメージ 1ピッチングは元々バッティングピッチャーでしたから、まさか自分が試合で投げるとは全く考えていませんでした。
高校で野球部に入ってずっと球拾いでしたから、6月になって初めてバッティングピッチャーに選ばれた時はそれだけで嬉しかったです(笑)
自分も役に立てる気がしたし、何しろバッティングピッチャーの大変さが良く分かってなかったですから・・・(笑)
                                                          当時 うちにはマシーンがなかったので(笑)フリーバッティング、バント練習、試合形式の練習と毎日毎日200球以上投げていたと思います。
戦力外ですから故障しても構わなかったんでしょうね(笑)

アフターケアもないし大変でしたけど、毎日たくさん投げないといけないからだんだん省エネピッチングを体が
覚えていきましたし、ボールを続けると叱られますから、コントロールも良くなってきました。
しかも毎日投げているからレギュラークラスの皆さんの好きなコース苦手なコースも分かってきます。
フリーバッティングでは優しい先輩には打ちやすいボールを、嫌な先輩には苦手なコースに投げていました(笑)


イメージ 2試合で投げるようになってからはそれこそ挫折挫折の連続でしたよ。
ピッチングがまるで分かっていませんでしたから・・・。
ストライクばかり投げてガンガン打たれましたし、油断して最終回に追いつかれたり・・・。
チームの信頼もないし、投球練習すれば他の野手の方が球は速いし・・・(笑)
ホント 投げたくなかったです。

転機になったのは、打たれちゃいけない・・・から打たせように考え方が変わった事です。

イメージ 3それと真っ直ぐとカーブしかなかった球種に「魔球・パームボール」を覚えた事。
打たせて取るために「組み立て」と言う事をやっと考えるようになりました。
打者を崩すために緩急を使って内外角・高低に投げ分ける事、ボール球を使う事も覚えました。
ここでやっとピッチングが「相対」になりました。
                                                   カーブも 曲がる・落ちる2種類のカーブをさらに速いカーブ、スローカーブと4種類に使い分けていましたし、なによりパームボールは効果的でした。

イメージ 480km/hくらいの遅い球が縫い目を見せながらユラユラ揺れて左右どちらかに
スッと落ちていきます。
当時 高校生で投げる投手はほとんどいませんでしたから、相手ベンチから
「なんだなんだ、魔球だ魔球だ」と歓声があがりましたからね(笑)
前半は決め球に後半はカウント球にと とても有効でした。

イメージ 5元々投手志望ではなかったし、速球投手のプライドもありませんから(笑)
スローカーブやパームボールなどの遅い球で投球を組み立てました。
そこに突然内角高めに真っ直ぐを投げるから、バットをへし折ってましたよ(笑)
当時金属バットではなかったですからね・・・(^o^)
                                                   小さな投手ですから、元々ストレートに角度もないですし(笑)投げ方もスリークォーターからサイドスローに変えました・・・・疲労しないですからね。
ちなみに・・・魔球・パームボールは強豪高と言われるチームほど通用し、
弱いチームにはあまり通用しませんでした(笑)

よく言われる言葉に
心が変われば態度が変わる。 態度が変われば行動が変わる。
行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる。運命が変われば人生が変わる。

と言うのがありますが、まさに自分を知って、他の投手と自分を比べる事をやめて、自分にできる事を探して追求してやっとなんとかなりました。

イメージ 6思えば 投手になって、力もないのに自分を大きく見せたくて、速い球を投げよう、打者をきりきり舞いさせたい、みんなに凄いと思われたい・・・と自分が投げる事の意味も目的も考えてなかったですね。
                                                  そうやって出来もしない方向に自分を追い込んで、出来ないから挫折して嫌になって努力しなくなっていました。
マウンドに立てば みんなから笑われている気がして自信が持てないから思い切った投球も出来なくてただ投げていただけでしたね。
交代させられても悔しくないし、むしろホッとしていたのかも知れません。

イメージ 7ピッチャーは速球で空振りさせたり三振を取ると気持ち良いんですよね・・・(笑)
その自分の満足を捨てて、当てられたって良いんだ、打たれるんじゃなく打たせる事を
考えられるようになった事で始めて自分を活かす道を考えられるようになれました。
それまでは苦しかったですね・・・。
                                                        考え方を変える事でピッチングの奥深さも知りましたし、面白さも感じるようになりました。
考えて考えて投げますから、打たれると悔しかったですし 打たれた事を次に活かす事も
覚えていきました。
そして何よりピッチングが安定する事で、一試合で4〜5打席も立てるようになりました(笑)
その後の野球人生を考えると 実はこれが一番大きかったのかも知れません(^o^)

考えて工夫して やっと何とかなっていたくらいですから、投手としての素質はあまりなかったんだと思います。
高校卒業の頃に社会人チームの方と一度お会いしたんですけど、「バッティングには見るべきものがある」と褒めていただいたので、調子に乗って 「ピッチャーとしてはどうですか・・・?」とお聞きしたら、即座に「失格」と言われましたからね(笑)

イメージ 8今になって考えると
打たせない   →   打たせる(打ち取る)
人と比べる   →   自分にできる事を(パームボール)
本格派     →   なんちゃって技巧派(疲れないサイドスローに)
たったこれだけの変化ですけど、ここに辿り着くまでが辛かったです。
野球に こうでなければいけない・・・と言う事はないんだと思います・・・・・・・
人生もそうですね。
投手はコントロールが良くて球が速ければそれに越した事はないですけど、そうでなくても自分を知って、考えて工夫すれば、高校野球までは何とかなると思います。

3年の時には肘は曲がったまま、肩も痛かったですけど、僕でも何とか投手らしくなれましたから。
金属バットの今だったらとても通用しないでしょうけどね・・・(笑)

これが参考になるのかどうか分かりませんけど、投手は経験できるものならした方が良いと思っています。
野球を深く知る事が出来ますし、バッティングにも良い影響を与えます。

そして何より 指導者になった時にピッチングを知っていると何かと便利ですよ(笑) 



■次回 バッティング編・・・内角球を打つ もお楽しみに・・・・(^o^)

※確認画面がなおってるんるん気分で投稿できました♪

閉じる コメント(10)

顔アイコン

はじめまして ランダムから着ました。
野球のことは良くわかりませんが、記事とても面白かったです♪
ぽちっ♪

2010/2/11(木) 午後 5:17 [ ライズ ]

顔アイコン

左投手・サイドスロー・パームボール、ほとんど対戦することはないでしょうね。私なら多分ごめんなさいして三振してきそうです。
自分で考えて工夫していくと花開くときが来るのですね。

いつの間にか大きい文字で記事が読めるようになっていました(^o^)

2010/2/11(木) 午後 5:30 kNACK

ライズさん>どうもありがとうございます。
野球野球ですから、野球に興味がないとわかりにくかったでしょう・・・?
その上ぽちまでいただきました。
僕も訪問してみますね(^o^) ついて行けるかなぁ〜・・・(笑)

2010/2/11(木) 午後 6:03 MACH8010

kNackさん>僕もはじめは江夏のような本格派を目指しましたけど、残念ながら それだけの素質も力もありませんでした(笑)
それでもチームのためみんなのために何とかしようと一生懸命考えたのがこの「珍しいモノ尽くしで何とかならんか?」作戦です(笑)
おかげでヤクルトの安田みたいな投手になっていました(笑)

文字だらけの長い文章ですから大きい文字で読めるようになってよかったです。

2010/2/11(木) 午後 6:07 MACH8010

顔アイコン

息子もたった3回だけど、投げた経験は無駄ではないかも
しれませんね(笑)しかしソフトボールはもう出来なくなりました。
一昨日、左手首を骨折><ソフトの練習中ならまだしも学校のクラブ活動中に。来週は楽しい試合が企画されてたのにがっかりです。
全治6週間。長いですーーorz

2010/2/12(金) 午後 0:27 [ moko ]

mokoさん>3度のピッチングで何を感じたか・・・です。
投手ー捕手と打者は全く反対の目的を持っている訳ですから、経験は必ず打席で活かせると思います。

中学も今は入学の日から入部とはいかないようですから、今の時期でよかったですよ。
まだ寒いし・・・(笑)
怪我をしたときに大切な事は、まずしっかり治す事。
いつも言いますが まだまだ先の長い野球人生です。
6週間 頭と心で練習してください。

2010/2/12(金) 午後 3:55 MACH8010

顔アイコン

野村ノートの一節に、こういう話もありましたよね。
配球で、‥蠎蠱羶瓦料箸瀘て、打者中心の組み立て
たとえば内角高めに速いストレートで意識付けして、外角にボールになるいいカーブを、といように自分のピッチング、自分のベストボールをいかに生かすか、これが,療蠎蠱羶
△梁納埣羶瓦箸いΔ里蓮▲丱奪拭爾瞭整佞淵魁璽垢箋綣錣鮓極め、バッターがどんなことを考えボックスに立っているかを見抜き、それを避けながら配球を考えるというもの
△蓮避けるというのがネガティブに聞こえますが
野球は、ミスが前提のスポーツですから、大怪我をしないように、「避けながら」投球するというのは原則なのかもしれませんね。
力でねじ伏せることができれば、もとより工夫する必要もないですから、MACHさんにとって、工夫することで克服したピッチングは、野球人生というか、自分の野球理論に厚みを持たせることになったひとつの経験なのでしょうね。

2010/2/12(金) 午後 10:59 pot**hi95

アバター

ストレートのみの学童野球から、より技術も複雑になっていきますから、きっと挫折やスランプ、迷いもでてくるでしょうね。

怪我(故障)しないで続ける、のが長男の信条ですが、
通じるところがあり、興味深く読ませていただきました。

2010/2/13(土) 午前 1:03 みぞれ

さわせコーチ>基本的には,砲覆襪里任靴腓Δ、リーグ戦や試合の後半になると相手の事も分かってきますから△鮖箸┐襪茲Δ砲覆襪任靴腓Δ諭
打者が打ち気の時にはストライクからボールになる球で一球でし止めたりね・・・(笑)
投球で大切な事は、安打されない・・・されてもシングルで・・・と傷を小さく小さくする事です。
それが失点しても最小失点にとどめる事につながるでしょう・・・。
そのために一番いけないのが四死球と失策ですから、僕がその二つにうるさい訳です(笑)
僕の場合は力でねじ伏せようとしてねじ伏せられましたから(笑)仕方なくかわすピッチングを考えました。
力がなければ頭を使うしかないですからね・・・(笑)
諦めない事です。
ピッチングを知る事は野球を知る事につながりましたし、自分のバッティングにも大きな影響があったと思います。
ここで苦労したおかげで指導者にもなれました(笑)

2010/2/13(土) 午前 9:52 MACH8010

みぞれさん>今までのが「はさみ将棋」なら、これからのは「本将棋」くらい違ってくると思いますよ。
あっ・・・僕将棋は指せませんでした(笑)
戸惑う事や理解するのに時間がかかる事もあると思いますけど、それが野球ですからじっくりと腰を据えて挑戦して欲しいです。
基本の大切さは、怪我の防止にもつながります。
これから先 長く野球が出来るよう、避けられる怪我は避けないといけませんね。
僕 これからの長男君が楽しみで期待しているんですよ(^o^)
勝手にこれからも応援します(笑)

2010/2/13(土) 午前 9:59 MACH8010


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事