ここから本文です
ここも閉じられるとのことです。またどこかでお目にかかりましょう。ありがとうございました。facebooで 図書館とまちづくり

書庫全体表示

イメージ 1

1月16日(火)

行って楽しいエコドーム/ 集めて再生、廃プラスチック

家庭から排出されるごみの約60%(容積比)が「容器」と「包装」


安八郡輪之内町にある「エコドーム」と「岐阜清掃組合リサイクル輪之内工場」に熊谷議員と見学に行ってきました。
「エコドーム」は、以前 このブログでもご紹介しました。
全国から行政関係者・議員、学校の生徒が視察に訪れる、民間委託の有名なリサイクルセンターです
エコドームのHP
クラチのブログ

♪〜いつ行っても楽しいセンターですね〜♪
衣類、本、陶器などリサイクルショップのような雰囲気になりつつあります。欲しいものは、ほんの少しの寄付程度の額でお持ちください・・・なのです。

「NPO法人 エコドーム」の○○さんはいつ行っても、笑顔で迎えてくれる、エコドームのお母さん・・・。
彼女が工場との連絡を取ってくれて工場内の見学の許可が下りました。

http://www.geocities.jp/machihit2004/pula0062nabe.jpg http://www.geocities.jp/machihit2004/pula0052gas.jpg 
女性の視点から、こういう分別がされています。


これは すごい! プラスチック包装容器のマテリアルリサイクルの現場を直撃!

http://www.geocities.jp/machihit2004/pula0102.jpg
各地より搬入されたその他のプラスチック容器包装
http://www.geocities.jp/machihit2004/pula0122rift.jpg
梱包された廃プラスチックを圧縮分別機にかける作業
出してはいけないトレー・紙・ビニールは手作業で分別。作業員はマスクをして台の上ですばやく分別をする。金属類は機械についている強力な磁石に吸引されて除外される。

一口に「廃プラスチックのリサイクル」と言いますが、汚れたり不純物が混入しているため、人手をかけなければなりません。この工程を見ると、いかに、家庭から出すその他のプラスチックの出し方に気をつけないといけないか、痛感します。

http://www.geocities.jp/machihit2004/pula0172gomi.jpg http://www.geocities.jp/machihit2004/pula0182bin.jpg 
プラスチック以外の金属類や紙類、ガラスなどが混入、これらを磁石、手作業などで分類。

http://www.geocities.jp/machihit2004/pula0222wash.jpg

 粉砕された廃プラスチックを洗う工程 
http://www.geocities.jp/machihit2004/pula0272hand.jpg http://www.geocities.jp/machihit2004/pula0282small.jpg 
粉砕した後に、汚れを水で洗った後の、廃プラスチック・・沈む重い種類
http://www.geocities.jp/machihit2004/pula0242doro.jpg http://www.geocities.jp/machihit2004/pula0342karui.jpg
洗った後には、これだけの泥(汚れ)が出ます。
右の写真は、軽いタイプのふわふわしてとても軽い種類のプラスチック破片が
下の袋に落ちてくるところ。

いよいよ 最終の工程へ!
ここから先は、熱を伴う加工に入ります。
http://www.geocities.jp/machihit2004/pula0382yuge.jpg

流動機で粉砕プラスチック破片を溶かして、220度で寒天状に溶かす。カーテンか暖簾のようなものが下がって、ラーメン屋の屋台みたいやね
溶かして冷やして、ついに、ペレットと呼ばれる資源に変わりました
http://www.geocities.jp/machihit2004/pula0372peret.jpg

このペレットを使って隣の工場(同じ室内)で、ドイツ製の機械により製品が次々 出来上がっていきます
http://www.geocities.jp/machihit2004/pula0392bord.jpg
これで一通りの製品化までの 大雑把な流れをご紹介したわけですが、廃プラスチックのリサイクルの雰囲気を味わっていただけましたでしょうか。||

Pマークのついたプラスチックの包装容器を出すときは、綺麗に汚れを取り、製品化へご協力をどうか お願いします。
池田町でも廃プラスチックを燃やさないでリサイクルへと方向転換をすることを4月からモデル地区を決めて試行するとの回答でした(12月の一般質問の回答)

案内をしてくれた若い係長さん、丁寧な説明 ほんとにありがとうございました。
工程の一つ一つをしっかり説明してくれて、おばさんたちは感激してしまいました。
環境問題は将来にわたる切実な問題です。若い人が、この仕事に誇りを持ち、がんばっている姿に触れて こちらの方が刺激をもらい嬉しい日となりました。

http://www.chuokai-gifu.or.jp/giseikyo/ 岐清協リサイクルセンター輪之内工場のHP
ここを ご覧になると事業の内容や詳しい工程がわかります。

  • 明るいおしゃれなエコ取組み、ステキです!

    [ こやなぎ名人 ]

    2007/1/16(火) 午後 8:39

    返信する
  • 顔アイコン

    あ こやなぎさん どうもおいでいただきましてありがとうございます。 今 このページ製作の途中であげてしまって・・・(^^;) 全国から視察がありますよ、一度こちらにいらしたらぜひ寄ってみてくださいね。

    mac*---009

    2007/1/16(火) 午後 8:46

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事