ここから本文です
ここも閉じられるとのことです。またどこかでお目にかかりましょう。faceboo 「図書館とまちづくり」よろしくお願いします。

書庫全体表示

記事検索
検索

全295ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

4月11日(木)晴れ

地名が伝える災害の歴史


著者:太宰幸子
発行所:彩流社
発行年:2013年3月11日

イメージ 1

岐阜からの帰り道にある「瑞穂市立図書館」で借りた本。
新刊コーナーには、おもしろい本が良く入っている。
これもそのうちの1冊。
旅行先の地名や自分のまわりにも不思議な地名がよくあることで、気になる事は誰しもあると思う。
地形的特徴から名づけられたのだと想像するものの、それ以上、深く立ち入らいで過ごしている。この本は、しっかり地名に向きあってきた人が、3.11以降、地名には、歴史的災害の経験を知らせる重要な意味があると警告している本である。

例えば、こんな具合・・・・・

災害・崩壊・津波・地名解 目次

1 洪水など水による災害を知らせる地名
あくと・あくつ(阿久戸・阿久津・赤生津など)
あらかわ(荒川)
いかり(綻・猪狩・五十嵐・五十里など)
うめ(梅田・梅木・梅の木など)
おおなわば(大縄場など)
おしきり・すなおし・みずおし・みずこし(押切・砂押・水押・水越など)
かけ・かき(欠・欠山・懸・懸向・柿・大柿など)
かぶき(冠木・蕪木・蕪栗など)
かわぞこ(川底など)
かめ(亀田・亀谷地など)
ねずみ(鼠谷地・鼠田など)
のぞき(除など)
びじょ(美女など)
へび・じゃ・ぜにがみ(蛇走・蛇喰・銭神など)
ふくろ(米ヶ袋・二の袋など)
みみとり(耳取りなど)
やながれ(矢流れなど)
りゅうのつく地名(竜ヶ崎などの竜・龍のつく地名)
よな・よね・こめの付く地名(米川・米山・米ヶ袋・米倉など)
ろうまる(四郎丸・五郎丸など)
つる(鶴ヶ埣・鶴巻・鶴見・鶴巣など)

2 崖崩れなどの災害を知らせる地名
(19)
3 3.11東日本大震災の津波に関わる地名(7+10)
4 東日本大震災の津波被災地の地名(14)

(書き込みが大変なので省略しました・・・)


文字面だけを見て、判断したのではなく、著者は、「災害や崩壊の事実の確証を得るために、歩き、地質を知り、どんな小さなことでも地域の人に聞いて回った。」

「地形図や文献資料、聞取りを行い、何度も現地へ足を運んでの調査である」と断り書きがある。これだけの裏付けがあって現地の写真や地図も加えられているので、信頼できる。地名は暮らしに直結しているだけに、身近すぎて、災害の過去の歴史も自分には関係ないと思いがち。

地名が災害への警鐘的役割を持っている事にはなかなか理解が及ばない。


「不寝見」(ねずみ)が「鼠」に!
「不寝見」(ねずみ)は、などの氾濫に備え、寝ずの番をするような場所に多い地名で、「不寝見」(ねずみ)文字が、動物の「鼠」(ネズミ)になった(民族地名語彙辞典)とある。

「美女」は 湿地で 「ビショケ・ビショビショ」
氾濫によって湿地泥地となったビショビショの場所を「美女」と表記された。
「美女川」と言う地名が宮城県美里町にもあるが、やはり土地が低く水が流れ込むことがあったと言う。美女と言う言葉に惑わされてはいけないと作者・・・

崖崩れなどに関する地名
くり・・栗生・栗木・・・・クリ・クル・・・・崩れる・えぐられるの転化したモノ
例:栗生(くりう) 仙台市青葉区 3.11では地すべりが起きた。


猿・・・サル・・・・古語のザレ(礫)の転訛、山が崩れて欠け落ちた所、岩の崩れる事
例:猿田(石巻市北村)・・・土砂崩れ

・・・とまだまだ続きますが、後は本をご覧ください。

東日本大震災の津波に関わる地名
ここでは、「スナ、ウラ、ハマ、シオ、ミナト」の付く地名を紹介している。
最も多かったのが「ハマ」が着く地名だったとある。


開くトラックバック(0)

4月6日(土)曇り/雨

今日は荒れ模様のため、参加者が少なかったサロンでした

かき揚は熱いうちにたべましょう!

イメージ 1


今日はお昼近くに、横殴りの雨がやってきて参加者がいつもより少なめでした。
サロンによく来てくれた方が亡くなられ、今日は葬儀でした。
家族葬のため、親しい人も葬儀参列を遠慮されていました。
友達だった人たちが、「また さみしくなったねぇ〜」と言葉少なでした。

春は何と言ってもチラシ寿司、たっぷり具を入れたので食べごたえがありましたよ。

ぬた(ネギの味噌和え)、、きんぴらごぼう、ほうれん草の胡麻和え、きゅうりの塩こぶ和え、どれもこれも、会員の畑で採れた野菜を使って作りました。
1人で食べると食欲がないが、みんなで話しながら食べるとおいしくたくさん食べられると皆さんが言われます。そうはいっても老化は避けられない、だんだんサロンに来られる人も高齢になり、やがて亡くなっていくのをずっと15年ちかく見てきたわけですが、母もかつてはサロンの常連で、「今度は、サロンに何を着て行こうか」といつも旅行に行くような気分で大勢の人に交じって参加していました。
その頃の仲間で、続いているのはお一人だけ。
ほとんどの方が逝かれました。
自分も一緒にをとってきたのですが、これも生きているからこそなんですね
また次回も来て下さいね。


イメージ 2   イメージ 3




開くトラックバック(0)

4月4日(木) 晴れ

大津谷の桜

春休みで子供たちが、谷の浅い瀬で遊んでいる。

土日だと車を停める事もできないほどだが、平日はそれほどでもない。 
午前中、母を定期検診に連れて行き、薬局に処方箋を届ける。
帰宅して、すぐお弁当を作り、花見に出かけた。

母:「また でかけるのかね?」 (外出したから家で横になりたいんだけど)

私:「今度は お花見にいくの」 (今日 行かないと行くときがなくなるから、見たかったのにと後できっというから


昨日の雨で散っていると思っていたが、しっかり花をつけていた。

ここから西へ開けた眺めが気持ちよい。


イメージ 1

イメージ 2

山を背に谷にせりだしてソメイヨシノや江戸彼岸など満開

イメージ 3

疲れた母は、敷物に横たわって仮眠
         イメージ 4   イメージ 5    イメージ 6

霞ヶ渓(かまがたに)の桜
イメージ 7

山岳道路から町を眺める

イメージ 8


開くトラックバック(0)

4月2日(火) 曇り

池田山麓クラフト展のHPからごらんいただけます

まだまだ先のことと思っていたら、もう今月に迫ったユニークなクラフト展

たくさんのイベントの中で異彩を放つこの企画は、クラフト展と銘打つとおり、ものづくりを手掛ける人たちの集まるイベント。飲食部門より、工芸関係が圧倒的に多い。
合計133店舗の出店の他に、古墳群で知られる一帯での美術展やギャラリーでの彫金展も同時開催、他には民族楽器の演奏会他、芸術的香りが一杯できっと気に入って頂けるのでは・・・・。

昨年は、申し込みが遅れて不参加。
今年こそはと気を付けてめでたく、申請に間に合った。
私達のグループは飲食部門で「五平餅」の参加。

もっと簡単なもので、「山菜おこわ」や「チラシ寿司」なども手掛けられるのだが、新緑の季節は何と言っても屋外で香ばしい香りを放つ炭焼きの「五平餅」が最高!

ただ、準備がものすごく大変で、年々高齢化しつつあるメンバーにとっては至って今年は、気力の充実に自信がないような気がする。
クルミ割に始まり、タレづくりも時間がかかる。
ご飯は、当日の炊き立てしか使わないので冷凍保存はしない。
そのため、夜明け前からご飯を炊いて、五平餅の型をとる。
体力・気力が伴わないとこれを数百本作り、炭火で焼くのはなかなか大変。

と言うのも、メンバーの中にはここ2年ほどの間に、炭焼きや運搬で我々を助けてくれた仲間でもあった
旦那さんをなくした人が複数ある。人生の大きな転機が訪れる年齢なのだ。参加への迷いもあったが、思い切って勇気をだして参加してみようとなった。

どんなに骨の折れる作業でも、桜の季節が終わり、葉桜の緑が揺れて、新緑の木々をわたる風が爽やかな環境に身を置いていると、疲れも忘れ、出会った人たちとの短い会話になごむ時がある。多分、このイベントは自然環境に助けられている面が大きいのかもしれない。(もちろんじ主催者の実行委員会の人達のご苦労はいかほどかとお察しています)

イメージ 1

     お近くにこられましたら、ぜひお立ち寄りください。

ふるさとの味 アミーゴの五平餅を味わってくださいませ




開くトラックバック(0)

4月2日(火)

森住卓さんのブログに飯館村の牧場で相次ぐ仔馬の死亡が報告されている

福島原発事故から2年、復興支援の話の陰で、本当は何が起きているのか、離れているからわからないのか、だんだんわからなくなってきているような感じを持っていたところ、報道写真家、森住さんの報告を読んだ。
2年後、仔馬たちに起きている異変は放射能汚染の被害そのものではないかと、寒気がした。自ら、被曝の危険冒して世界各地の被曝地帯の真実を報道してきた森住さん、その報道姿勢は一貫して揺るがず、今も森住さんの講演や写真展で被爆の恐ろしさに目覚める人たちも多い。
今朝は、花冷えにふさわしい寒さでお花見の意欲がわかない
母が、朝食の時、「さくらがきれいだろうねぇ〜」と言ったのは、
「花見に行きたい」ということなんだろう。
もっと暖かい時間になったら 連れて行ってあげるから。
物憂い一日の始まり・・・・・



開くトラックバック(0)

全295ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事