ここから本文です
ここも閉じられるとのことです。またどこかでお目にかかりましょう。faceboo 「図書館とまちづくり」よろしくお願いします。

書庫全体表示

記事検索
検索

茂山千五郎襲名披露公演

10月15日
今日は名古屋城の側の名古屋能楽堂で狂言を観てきました。
着物仲間と能楽堂の隣の「大森」で食事をして、観劇。
茂山千五郎襲名披露公演ということで、開演前には客席が埋まりました。


イメージ 1
イメージ 2


4つの演目の中でも際立つのは、やはり有名な『釣狐』。

「猿に始まり、狐に終わる」と言うほど、ハイレベルの芸と聞きますが、襲名披露にふさわしいものでした。

狐の演技は、声から、動作、足さばきなど、観ていて体が固まるほど素晴らしかった。
狐が乗り移ったのでは?と唸るような迫力と魔界の世界がありました。


開くトラックバック(0)

まちづくりに女性の力を!

9月12日
イメージ 1

安八郡神戸(ごうど)町役場の女性スタッフを中心に、ファシリテーターも参加者も顧問の先生も女性ばかりで行われた「神女会議」。
男女共同参画時代に女性ばかりでは、異論あるかも知れませんが、
参加者からは大好評でした。私は他の3名のファシリテータ―と共に、
ワークショップのお手伝いをしました。

町長さんは発表後の座談会でも、女性の着眼点と意欲を高く評価されました。地方ではまだまだ女性が声を出すことに対して理解が十分でないところもあって、女性が活躍しにくい環境がありますが、都会からUターンしてきた若い女性たちが原動力となるかもしれない期待のこもった会議でした。頑張ってほしいです。

交通の便の良さや野菜などの生産量が多い事など、住みやすい町の評価の一方、若者が住
みたくなるような魅力をどうやって作り出すか、神戸町だけではない課題に対して女性たちへの期待が高まります。

開くトラックバック(0)

「はざ」を組み立てるのがこんなに大変とは‼

前の記事で、「さあ、これから はざかけです」と言ったものの、組立が、半端ではなかっです。岐阜市の福祉施設「いぶき」からマイクロバスで棚田にたくさんの方が来てくださってからは、作業に弾みが付きました。
刈り取った稲を運ぶこと、支柱を立てたり、紐で竹を固定することも共同作業でしかできません。


森さんの他に、お二人の棚田のベテラン農家さんが、支柱の立て方から完成まで指導して
下さったお陰で遂に、「はざ」が完成しました。

これに、刈り取った稲の束をかけて乾燥させます。
機械をつかわず、全部手作業。

助け合わないとできない大がかりな作業。
日も暮れかかろうとする時間にやっと完成。
イメージ 1

イメージ 2

天候がぐずつき、雨がふると田んぼがぐちゃぐちゃで中に入れません。来週、晴れた暁には、家族連れが田んぼに入って稲を干す場所が出来たので安心。

台風が来ても、絶対に倒れないよと仰ってました。
帰りは「もりもり温泉」に浸かり、汗を流してきました。
慣れないことばかりでしたが、面白い経験させてもらいました。
それにしても、春日の森さん、本当に何から何まで良く皆さんの面倒を見てご苦労様です
。あまり、無理されませんように、いつも、ありがとうございます。

【貝原棚田の稲刈り】

棚田で美味しいお米をつくる

9月17日

今にも降りだしそうな空模様のなか、稲刈りのお手伝いに孫も一緒にきました。
孫はこの棚田がすきで、来たがります。
田んぼにも入れなかった子でしたが、すっかり田んぼファン。

この道を上っていくと、目的の棚田に至ります。
私たちとは別の地元の人の稲がはざにかけてありました。
これは、機械で乾燥するのではなく、自然乾燥を目的とした古来からの干し方です。
イメージ 1



イメージ 2

稲刈りが終わり、束ねて、これから、はざかけの準備。
稲刈りも子どもの頃にやった記憶がかすかにあるくらいで自分でしっかりやったのは初めて。
5、6株を束ねて濡れたワラで束ねるのも力が要りますね。

孫は森さんに縛りかたを習ってから自分でも縛れるようになり、喜んでいます。
夏の草取り・・・・・雑草(稗ひえ)が稲に交じってぐんぐん伸びているので根っこから引き抜く作業を子供も一緒になってやっているところ

イメージ 3



開くトラックバック(0)

そうだったのか、栗きんとん!

10月17日

栗きんとんの作り方を習っています。
場所は、岐阜市東鶉の「ひだまりフェスタ」。
大垣の和菓子屋さん、「槌谷」の職人さんによる栗きんとん作りの講習会。
茹栗1.5キロから、中身が800グラムほどの栗をスプーンで取り出す。
火にかけて砂糖と裏ごしした栗を練った後は、冷凍庫で暫く冷やします。「なるほど-------合点出来ましたか?」の世界。

イメージ 1


イメージ 2イメージ 3イメージ 5イメージ 4

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事