ここから本文です
ここも閉じられるとのことです。またどこかでお目にかかりましょう。faceboo 「図書館とまちづくり」よろしくお願いします。

書庫全体表示

記事検索
検索
1月9日  改正

透き通った阿蘇の湧水

お正月が済んで 子供達もそれぞれ帰り、母もショートスティにでかけたので、3泊4日で単身熊本に行ってきました。 この日はレンタカーを借りて南阿蘇の有名な水源地を見るため、地図を見ながら迷いながらの一人旅。
ご覧のとおり、この時期は阿蘇は緑なく、寒々とした褐色の姿でした。

途中、道がわからなくなり、2箇所の役所の支所で道を聞きながら、南阿蘇の水源地にたどり着きました。カーナビに水源地の名称が入っていなくて心細かったのですが、道路の脇に、水源地の立て看板があったおかげで 何箇所かを訪ね当てることができました。

イメージ 1


池の川水源地

南阿蘇で一番初めに訪ねた「池の川水源地」
湧き出す地下水も尋常ではなく、しかも池の底まで見える透明度の高さに感激


イメージ 2

白川水源地

規模も大きく、広い駐車場を持つ観光名所になっている「白川水源地」。
細い渓流に沿って神社へ続く上り坂を徒歩で10分ほど進むと水源地へ。
受付で「保全協力金」として100円を収めて神社の境内に入る。
水面が湧き出す地下水のために ゆらゆらさざ波のように揺れている。
その透明な水面に、周りの木々が映る。
こういう透明な清い水を見ていると、不思議なことに心が清められるような気分になる。地底から湧き出す水の果てしない営みに時を忘れて立ち尽くす。聞けば、毎分60トンの水が湧き出て白川となって 熊本市内をとおり 有明海へ注いでいるという。
イメージ 4

イメージ 5


白川吉見神社

阿蘇神社の末社として、古くより白川水源の守護神として知られる。
御祭神は、国龍大明神(くにたつだいみょうじん)、罔象女命(みずはめのみこと)とある。
イメージ 3


次回は緑したたる新緑の時期にもう一度、来てみたい。
時間がなくて、阿蘇の温泉にも入れなかったのは残念でした。
この他にも数箇所 水源地を回りました。
記憶が薄れないうちに、残しておかねばと思っています。
こうした自然環境を守るためには官民一体となっての保全活動しかありません。
美しい自然環境を人為的に破壊すれば 二度とそれは戻らなくなるのですから。

1月22日(水)晴れ

「輪中」地域を代表する建築様式の家

お天気が良かったので、まだ訪ねたことがない 大垣市の南の方にある「大橋家住宅」を外から眺めに行ってきました。いやはや、写真で見るよりもはるかにその立派さに驚きました。伊吹おろし(伊吹山から吹いてくる真冬の寒風)が冷たかったのですが、近くにいながら なかなか見ることができずにいました。

ただ立派というだけではなく、昔から水害の多かった低湿地帯のこのあたり、水路が幾本も交差し、「輪中」という独特の水防の仕組みを持つ地域でしたから、水田から1っも高いところに敷地があったという名残を残す建築スタイルです。
いざという時のために、さらに石組みを高くした避難所を兼ねた「水屋」(蔵)を設けています。
イメージ 1イメージ 2        
2014.1.22撮影


景観遺産とは(大垣市のHPより)

 大垣市の近代化を支えた産業・文化等の近代遺産や、宿場町の歴史・文化の蓄積を感じさせる建造物をはじめとする「後世に伝承すべき景観を有する建造物等」で、次の項目に該当する物件については、所有者等の同意を得たうえで、『大垣市景観遺産』として指定します。

景観遺産に該当する物件とは

  • (歴史・文化遺産)
宿場町の風情を醸し出す建造物など、大垣の歴史・文化の蓄積を感じさせる建造物
  • (近代遺産)
明治から昭和初期に建造された建造物で、産業都市大垣を象徴するもの
  • (現代資産)
優れたデザインにより建造物としての価値が高いもの
  • (風景資産)
その他、地域の良好な景観形成に貢献している建造物等


大橋家住宅について
指定番号:17号
指定日:平成22年10月1日
住 所:浅草1丁目659−1
内 容:大橋家住宅 附生活用具<県重要有形民俗文化財>

※一般公開していません。

概要

母屋の北には、高さ3m以上の石垣の上に土蔵や離れが建てられており、輪中集落にある水屋を配した住宅の近世的形態をよく残しています。また長屋門を備え、堀をめぐらした屋敷構え、広い母屋、土蔵などは上層農家の伝統的形態でもあります。建設当初の敷地は周囲の水田より1m程の高さにありましたが、近年道路面が舗装で高くなった為、敷地の高さは確認しにくくなっています。

関連コンテンツ



垣市には興味深い歴史遺産がたくさんあります。
お暇なときに、ぜひお出かけください。
最近、ブログの時間が減って更新滞っています。
回っているところは、たくさんあるのですが、時間を見つけて 近いうちに紹介していきますね。




開くトラックバック(0)

1月6日(月)晴れ

源泉温度が105度の小浜温泉

・・・といっても北陸の小浜ではなく、雲仙市小浜温泉のことです。
昨年6月、長崎から 雲仙に行く途中の電車を乗り間違えて、着いた所が初めての地、「小浜温泉」。温泉の湯気がいたるところから吹き出し、温泉風情この上ありません。

イメージ 1

イメージ 2  イメージ 3イメージ 4

日本一長い足湯(105M)、しっかり熱かったです、夏は40度、冬は43度だそうです。
ここから眺める夕日の景色に感動しました。
野菜や海の産物をかごに入れて、吹き出す温泉の湯気で蒸すことができるなんて、遊び心もあって驚くことばかり。ここからバスで雲仙までは山越えで1時間ほど。





【謹賀新年】

2014年1月5日(日)晴れ

イメージ 5

ご無沙汰しています。
半年以上、ブログを更新しないまま、新年を迎えてしまいました。
私の体調というよりも、家庭の都合でパソコンに向かう時間が確保できなくて・・・・言い訳がましいことばかりではいけませんね。今年は、少しづつでも更新していきたいと思います。

暮れに初めて、餅つきをしました。
子供たちに、伝えておきたい伝統行事の一つに「餅つき」を加えたいと一念発起。
夫の実家から臼と杵とセイロを借りてきて、子供達も総動員で共同作業に汗を流しました。感想ですが、事前の準備、当日、後かたつけまでの一連の流れは大変そのもの。人手がなくてはできないので、日頃離れ離れの子供達もこの日ばかりは共同作業、孫たちはお餅をこねたり、丸めたりと普段の遊びとはちょっと違うぞと目を輝かせていました。
なにしろ、彼らにしたら、やったことのないことばかり。右往左往しながら何とかなりました。共同作業もおもしろいものですね。
友達が、春摘の冷凍ヨモギを持ってきてくれて、前日から煮詰めた小豆を入れて、ボタもちが完成。これは予想以上の美味しさで大好評。来年の春にはよもぎの若い葉を摘まなくては。

手がべとついて写真がどれだけも撮れなかったので、完成品を紹介できなくて残念ですが、ちょっと光景だけでも・・・・

イメージ 1イメージ 2

イメージ 3イメージ 4


今年もよろしくお願いします。




開くトラックバック(0)

9月1日(日) 曇り

NPO法人泉京・垂井(せんと・たるい)からのご案内(転送歓迎)

時期が迫ってきましたが、興味のある方がありましたら、どうぞご参加ください。

「揖斐川がつなぐ地域と世界」

岐阜県西部を南北に流れる揖斐川の
上流部での暮らしから学ぶ
NPO法人泉京・垂井(せんと・たるい)
の国際理解宿泊講座です。

★ 地産地消の食事や満点の星空、地域の人の思いや ★
★   暮らす人や自然に育まれた歴史・文化を   ★
★   いっぺんに味わうことができる講座です ! ★

ウェブサイト
http://sento-tarui.blogspot.jp/ 
イベント詳細(ブログ)
http://sento-tarui-blog.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-fcbb.html
フェイスブック
https://www.facebook.com/events/353678811429713/

日常生活では、つい見過ごしてしまうようなことに目を向け、
日本の地域づくりの課題について考えていきます。
この時でないと会えない人、行けない場所で
地域の暮らしや思いを覗いてみませんか?
この講座で見ること、聞くことは、
実は世界の様々な問題とつながっているのです。

○●どんなことをやるの?●○
民俗資料館や地域づくりの現場を見ながら
日本の農山村の移り変わりをたどっていきます。
集落の水路を活かした水力発電、
自然と共に暮らす先人の知恵、
地域づくりの新しい取り組みなど
様々なテーマについて考えていきます。
一日の終わりには、振り返りの時間も設けます。

○●講師はどんなひと?●○
地域の方、地域づくりのリーダーに
お話をしていただきます。
また、泉京・垂井の副代表理事の
神田 浩史がメイン講師を務めます。

【神田浩史のプロフィール】
大学を卒業後、開発コンサルタント企業に勤務し、
タンザニア、ナイジェリア、バングラデシュなどで
ODAの農業開発事業に従事。企業を退職後、
主に東南アジア各地の地域づくりの現場を調査研究し、
日本政府の国際協力・ODA政策策定に関わる。
現在は、全国各地で地域づくり、環境、NPO・NGOなどに
関する講演を行うかたわら、複数のNPOの役員として
垂井町をはじめ揖斐川流域の地域づくり、エコライフの促進、
多文化共生社会の実現などにかかわる。

○●日程表(予定)●○
◇1日目◇
大垣駅北口集合
横山ダム見学
坂内諸家集落見学
ふじはし星の家でふりかえり、宿泊
◇2日目◇
徳山民俗資料収蔵 庫
春日森の文化博物館
茶畑見学と地域づくりのお話し
大垣市内でふりかえり
大垣駅北口解散
※変更する場合があります

○●日時・場所●○
2013年9月7日(土)〜8日(日)
集合:9:30 JR大垣駅北口
解散:17:00(予定)JR大垣駅
宿泊:ふじはし星の家
電話:0585-52-2077
〒501-0802 岐阜県揖斐郡揖斐川町鶴見639


私は予定が入っているので参加できませんが、興味のある方は参考になさってください。

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事