ここから本文です
ここも閉じられるとのことです。またどこかでお目にかかりましょう。faceboo 「図書館とまちづくり」よろしくお願いします。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

【2年前の旅の思い出】

10月22日(土)
鳥取地震で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
最近、関東地方で地震が頻発していたので子供達には、注意するようにと言ったばかりでした。まさか、鳥取地方で大地震があるとは!いまだに余震があるとのことです。
朝夕の冷え込みも激しい時期で避難生活、大変だと思います。
いつ、自分もこういう目に遭うかもしれません。
報道で聞く地名が、2年前の旅で立ち寄った町が多いのでこの記事を書くことにしました。

 2年前の10月15日(日)、「鳥取県立図書館」「鳥取県立公文書館」「毛高町立図書館」「湯梨浜町立図書館」を訪問。
翌16日(月)、「出雲市立図書館」「倉吉市立図書館」「米子市立図書館」、ひょっとして開いていないかと淡い期待を抱くも、すべて休館日。全国の公立図書館のほとんどは月曜休みなので、事前に確かめてから行った方がいいですが、中には月曜以外を休みにしているところもあります。例えば、岐阜県大垣市は、火曜日休みです。月曜日は、そのまちを歩くに限ります。

「湯梨浜(ゆなしはま)町立図書館」は、外観が楕円の形をしており、館内の天井は球状になっていました。建築様式が珍しく、しばし、中を見学させてもらいました。確か、梨のイメージを屋根にしたのではないかというような話だったと思いますが・・・・。
夕刻で、外観の写真はほとんど影となってよく見えないために、外観写真を引用させてもらいます。事前予約がしてなかったので、担当の方との面談はありません。撮影の許可をいただき、本がどこにあるか、その案内の仕方や本の見せ方などについて、自分なりの観点から見てきました。
イメージ 1イメージ 3
    (本人撮影)            (湯梨花町のHPより引用)                     
テーマに沿った本が、見出しと共に展示されていました。
イメージ 2
                         (本人撮影)
現在の図書館の開館状況を調べたら、今日、22日は「地震のために館内を整理するために臨時休業します」というお知らせがありました。たぶん、大きな被害がでていることと思われます。
復興を記念いたします。



開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事