ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

今週の週末は土曜日に母校の文化祭があったので遊びに行ってきました。

卒業して3年近く経つので変わるもの、変わらないもの色々ありましたが、先生方、同期、先輩方等々と再会し学生時代がすごく懐かしく感じました。

そのあと先輩後輩と上野で飲みに行ったらそれはまあ盛り上がりまして、飲めないくせに調子こいて飲みまくったら帰ってから気分が悪くなり二日も経たずに二日酔いになって昨晩は死にかけておりました(笑)

今日は外出もせずゆっくりできたのでぼちぼちバラクーダさんを進めました。

イメージ 1

すっからかんだったコックピットはプラ板自作とエッチングパーツの一部を使用してそれっぽく再現しました。

イメージ 2

航法士席と通信士席の部分もディテールアップです。
胴体のフレーム類は以前、電子工作した際に余った抵抗のすずメッキ線を使ってます。それぞれの間隔等はそれっぽく作ってるだけで特に何の根拠もありません(笑)
あと、どうやら航法士席と通信士席の間にある隔壁(フレーム)が忘れられているみたいなのでプラ板で再現してみました。

後は機内の装備品を再現してやれば内部は終わりそうです。
正直、ここまでやる必要があるかどうかなのですが、恐らく完成してからは殆ど見えないと思います(爆)
ただ、側面窓からチラ見して内部がみえたらなぁ・・というチラリズムを期待しています(笑)

非常にローペースですが、コツコツ進めていきたいと思いますので暖かく見守ってくださいm(__)m

金曜日の出張


先週はプラモお休みです…(^_^;)

引っ越し前準備のプラモ整理が思いのほか大変なことになりまして、足の踏み場がないくらいすごいことになっておりました(汗)

ということで、今日の投稿は金曜日の出張について書きたいと思います。


14日の金曜日、東京ビックサイトで国際航空宇宙展2016が行われ、私の勤める会社も一応航空宇宙関連企業のためもれなく出展していました。
出展ブースのアテンダントは偉い人が立ってくれるので、我々若手社員は他のブースを回って調査する任務を与えられました(笑)

超有名企業から中小企業までい多くの会社が出ていて半分趣味(笑)も入って丸一日巡回です♪

イメージ 1
こちらはエアバスヘリコプターの新機種モックアップ、AS365の後継だそうです。


イメージ 2
こちらはベル社のモデル505,ジェットレンジャーXです。その名の通り、モデル205モデル206でした(凡ミスw)の後継機。飛行できる実機でした。


イメージ 3
なんとF-35まで!!しかもコックピットに座れる!!
・・・さすがに実機ではなくモックアップでしたが(笑)
本物ではないので警備が緩く好き勝手に近づいて触ることが出来ました(^_^;)

イメージ 4
超大手のロッキードマーチンのブースです。海外の軍高官などがよく訪れていてあまり一般人が近づけない雰囲気でした(^_^;)

一応仕事なので色々な企業を巡ってたくさん話をしてきたため、金曜日の晩は足が痛くて大変でした。いろんな企業の技術やものづくりの意気込みを感じることができたため、いい勉強になったと思います。

さて、部屋も片付いてきたので来週はバラクーダさん進めたいと思います!


あまり目に見えるように進んでおりませんが(^_^;)

バラクーダさんの作業ですが、細かいところのすり合わせだったり気に入らない箇所のモールドを削ってみたりしているので進んでいるかと言われると微妙なところです。

とりあえず購入したエッチングパーツが細かい再現がされていてかなり良さげだったのですが、よくよく実機資料と比較してみるとなんだかコレジャナイ感が出てきました。

コックピット内のサイドコンソールは実機では立体的なのに対しエッチングは平面のものを張り付けろという指示、そもそもキットにもサイドコンソールのパーツがないのでそのような指示だと思うのですが、コックピットすぐ脇に脚格納庫があるためそのままではどう頑張っても貼れません。
イメージ 1

ということで、エッチングパーツは後で細切れにして機器類のパネルだけ使うことにしました。
現在はサイドコンソールをプラ板でこさえてだいたい形状が出来たところです。


後部座席もフロアパネルから隔壁等エッチングがついてたものの幅が広すぎてキットに入らず・・・結局キットのプラパーツ使用です(;´Д`)

イメージ 2

後部座席の空間を確保できたので、これからエッチングパーツと自作のパーツでディテールを追加していきます。
結局、なんでもエッチングが使えるとは思ってはいけない、というのが今回の教訓です(>_<)

さて、話は変わりますが今年の年末に急遽引っ越すことになりまして、現在の神奈川県にある会社の寮から脱出します(笑)

まだ時間があり余裕があるのですが、積んでるプラモは今からでも整理しようと思って段ボールに詰めたりしてます。
ただ、あまりにも量が多くて詰みかけてるんですが・・(^_^;)

イメージ 3

大きい段ボール6つ入れても減る気配なし、どうしましょ( ゚Д゚)

おそらく衣類等の生活品よりプラモの量が多いのでこれは大変なことになりそうです(笑)


今週は仕事で岐阜まで出張したりなんだかんだで忙しかったですがぼちぼちと…

そしてニューアイテムをゲットです(>_<)

イメージ 1

注文していたエアウェーブのバラクーダ用エッチングパーツが到着!

このメーカーのエッチングは国内でほとんど販売してないのでイギリスから輸入しました。

早速開封し組立開始です♪

イメージ 2

とりあえず座席から…左がキットのものなのですが、明らかに違いすぎて笑ってしまいましたw

イメージ 3

そして操縦席…なかなかいい感じです♪

これから後部座席の機内を組み立てる予定です。ただ、このエッチングパーツも完璧ではなくて、再現が細かいものの考証に?がつく個所がいくつかありました。


それから、スペシャルホビーから出た新金型のバラクーダさんも到着です!

イメージ 4

箱絵がいい感じです♪ちなみにキットは大戦中に最も使われたMk.2を再現しています。

イメージ 5

コックピット内に加え脚格納庫と細々したところのディテールが追加されていてウレシイ(*´ω`*)

イメージ 6

旧キットと胴体内を比べてみました。パッと見て余り変わらないように見えますが、細かい所が改良されています。
やはりベースは旧キットを基に作っているようで、新旧キットで胴体を合わせたらピッタリ合いました!

しかし、この新金型のバラクーダさん、出たばっかりなのにもうネットで品薄なんですけど…(^_^;)

今後バリエーションにも期待です♪



あんまり進んでおりません( ゚Д゚)

バラクーダさんの翼内構造を少しずつ・・・

イメージ 1

とりあえず、胴体側翼内構造の前縁部リブをプラ板で製作しました。

ひっくり返さいと見えない所ですが、脚格納庫内の溝と軽減孔もキチンと再現します♪

その後しばらく実機写真を見ていたのですが、どうもキットの翼の再現が間違っているらしいこと判明。

イメージ 2

主翼は胴体と一体になっている個所とあとから取り付ける部分(写真の白プラ部)があり、最初は胴体側の部分が主翼と胴体のフィレットだと思ったのですが、実機をみるとそうではなく、主翼は一直線に胴体へと繋がっています。

つまり、写真の赤線と緑線が一直線になるようにしなければならないという事です(^_^;)

イメージ 3

更に、翼の折りたたみ機構を入れるに際し胴体と一体となっている主翼の後縁部を残していたのですが、この部分は全て主翼側に付くため折りたたんだ際は胴体がそのまま見える構造となっています。
よって後縁部分はすべてカットです(^_^)/

資料を見れば見るほどキットの粗が見えてきて、まだまだ修正するところが沢山ヽ(^o^)丿
これからバラクーダを組みたいと思う人はスペシャルホビーから新金型で出た方をお勧めします(汗)

う〜ん・・なかなか進まないなぁ(´・ω・`)


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事